タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り

簡単お手軽!

近年大人気のタコ釣り。

今年2022年もタコ釣りは大ブームです。

天然のマダコがこんなに簡単に釣れていいの?ってぐらい釣れるから本当に楽しいですよね。

食べるのも最高に楽しみなタコ。

そんなタコを釣りに、この夏、2回目の挑戦をしてきました。

夏のタコ釣りシーズン

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り

夏はタコ釣りシーズン。

良い年、悪い年があるけど、今年はなかなかの当たり年。

小さいのも多いけど、去年一昨年みたいに、小さいのばっかりってわけでもなく、良型も比較的釣れているのが良いですよね。

船釣りだけでなく、陸っぱり釣りでも調子が良く、海釣り施設でも高確率で釣れているとなれば、タコ釣り大好き人間としては行かずにはいられません。

ということで、今シーズン2回目の陸っぱりタコ釣りに行ってきました。

タコエギで釣るタコ釣り

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
タコエギ

タコの釣り方と言えば、「テンヤ釣り」と「タコエギ釣り」と、二通りの釣り方があります。

僕はどちらもやるのですが、最近はほとんどタコエギでやっています。

理由は手軽だから。

テンヤでやるとしたら、どうせならやっぱり疑似餌じゃなくて、本物のエサを付けたいじゃないですか。

でもそうなるとやっぱり面倒なんですよね。

タコエギだとそのままでいいから手軽。

普通に釣れるし。

タコ釣りがブームになったのも、タコエギがあったおかげですよね。

テンヤしかなかったらここまで流行ってないと思う。

でも、思うけど、最近はなんかそういうのに拘ることがなくなってきたなー。

昔は結構、何でも手作りでやるのが楽しかったんだけど、もうしばらくそういったこともやんないし。

何をするにも面倒面倒って、つまんない大人になったなー(笑)。

ま、おじいちゃんになって、釣具買うお金もなくなって、ヒマな時間があったらやればいいや。

陸っぱりタコ釣り釣行

ということで、そんな大好きなタコ釣りに行きました。

今シーズン2回目です。

1回目はちょっと小さいのも合わせて2杯でした。

タコ焼きにして美味しかったー!

そろそろ大きくなってるだろうと、そしてkgアップの大ダコも期待しての釣行です。

海は茶色い激濁り…

タコ釣りはマズメ時とかに拘らなくても釣れるのが素敵ですよね。

なので青物釣行のように早起きしないで、たっぷり睡眠をとってから出発しました。

ポイントに到着して海を見ると、、、。

なんじゃこりゃ、、。

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
茶色い海

激濁りやないかい。

まっ茶っ茶です。

海水浴シーズンだけど、こんな海で泳ぎたくない(笑)。

てゆーか、この濁りでタコは釣れるのか?

こうなったら“アレ”しかない。

幸先よく本命のタコGET!

釣りスタート。

とにかくこの濁りなので、タコにエギを見つけてもらうことを意識していきます。

開始から30分ほど。

シェイクシェイクしている竿先が、ビンビンッという感触からクックッ…に変わり、そのままシェイクし続けているとクンクンッという感触に変わってくる。

これは間違いなく、、、。

と思ったらひと呼吸おいてからの、鬼合わせ!

グッ!

からの、ヌ~ン…!

と重いのが浮上!

はい、来ましたー。

これは確実にタコですね。

あとはテンションを緩めないで巻いてくればOK。

そして最後は水面からブチ抜きです。

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
タコ釣れたー!

よし!

とりあえず1杯目。

お土産GETだー--!!!

これでタコ焼き1回分はできる!

サイズアップのタコを連チャンGET!

とりあえずお土産が確保できたので、続けてサイズアップに期待して狙っていきます。

幸先よく1杯目が釣れたので、2杯目も比較的早めに来るだろうと思っていたのですが、、、。

これが続かないんだな。

なんと1杯目の後、2時間やってもダメでした。。。

これはもうダメだ。

ってことで別場所までポイント移動することにしました。

移動先でももちろん潮色は一緒。

やっぱり濁りでエギを見つけにくいのかなー。

なんて思いながら根があるポイント周りを狙っていきます。

もうどこにどんな感じで根が入っているか、地形は把握しているので、根掛かりゾーンの擦れ擦れ隣みたいなコースを通してきます。

するとやっぱり…。

このビヨンビヨンしている竿先が、クックッ!ってなる瞬間と、そこから根かタコか判別するムッムッ!がわかった時が堪らない。

タコだと確信して鬼合わせを入れた後、そのままなんなくキャッチ!

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
タコ2杯目GET!

2杯目のタコGETです。

よしよし、これでから揚げ分GET!

この調子でもう1杯!

そして続けて2投目。

さきほどタコが釣れてきたところとほとんど同じところを通して来たらまたアタリ。

やっぱり根の擦れ擦れは最高です。

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
サイズアップタコGET!

サイズアップのタコさんです!

嬉しいーーー!!!

3杯釣れればもう満足。

陸っぱりでちょちょっと釣りに来ただけなんだから十分でしょ。

ちょうどお昼前。

熱中症になる前に帰って下ごしらえしよう。

ってことでお手軽陸っぱりタコ釣りはここで終了。

いやー楽しかった!

激濁りにラトルタコエギが効く!

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
ラトル音入りタコエギ

今回意識したのは激濁りに対応すべくラトル入りタコエギを使用したこと。

タコさんも、さすがにど茶濁りの中では遠くから見えてないでしょ。

だからなるべく遠くからでもエギを見つけてもらえるように、色よりも音を意識しました。

このラトル音入りのタコエギの効果は、船タコ釣りも実感していて、周りのエギ師が使ってないラトルで連発させたり、さらには3.6kgの超ビッグサイズのタコを釣ったのもこれです。

なので、タコ釣りには絶対に持って行くエギなんです。

針は5本針でフッキングも良いし、本当におすすめのエギですね。

釣果

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
マダコさん

タコ×3匹。

まとめ

ということで今回は、2022年夏、タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り釣行記をお届けしました。

今年も猛暑が続きますので、いくらタコ釣りシーズンと言えど、1日釣りするのはかなりしんどいです…。

そういった意味では、お昼前には上がってしまうつもりでも、十分釣果が得られるタコ釣りはちょうど良いですね。

皆さんも、熱中症には十分注意をして釣行にお出かけくださいね!

関連記事

夏の釣りと言えば、近年ブームになっている「タコ釣り」が楽しい。 あのスーパーで買ってるタコが自分で釣れる。 しかも、適当に投げて、適当に誘っていても釣れちゃう時もあるぐらい簡単に…。 タックルもシンプルだ[…]

夏の陸っぱりタコ釣り!タコエギでかんたん連続ヒット!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

タコエギで釣る“夏”の陸っぱりタコ釣り
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!
error: Content is protected !!