ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!

釣りに行って釣ってきた魚は、食べるのもひとつの楽しみです。

特に新鮮な魚のお刺身は、スーパーのものとはまた違う美味しさがありますからね。

そんな気持ちで釣ってきたワラサやブリ。

丸々太って大きい個体は、見た目的にも美味そうに見えないはずがないでしょう。

しかし、もしかしたら、釣りで釣ってきたワラサやブリほど、危険なものはないかもしれません…。

危険なもの、、、?

そうです。

魚にいる危険なものと言えば、、、寄生虫の存在です。

魚の寄生虫と言えばアニサキスが有名ですが、実はワラサやブリにも特有の寄生虫が存在するのです。

それが『ブリ糸状虫』

今回はそんなブリ糸状虫について詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブリ糸状虫とは?

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
ブリ糸状虫発見!

ブリ糸状虫とは、ブリ系青物によく見られる寄生虫のこと。

その名のとおり、体型は細長くミミズのように糸状になっています。

体長は20cmぐらいから、長いものは50cmぐらいのもまでいるようです…。

そんなのが魚の身の中から出てくるなんて、、、。

想像するだけで恐ろしいですよね…。

そんなブリ糸状虫は、またの名をブリ線虫とも呼ばれ、そしてニックネームはブリ虫(ぶりむし)とも呼ばれます。

色んな人から色んな呼び方を聞きますが、同じ寄生虫のことを指しています。

釣り人じゃない人とか、魚をあまり捌かない人とか、寄生虫慣れしていない人が見たら、かなりビビる見た目です。

TAROU
太郎
寄生虫は聞いただけでも嫌だワンね

釣ったワラサの身には高確率で宿るブリ糸状虫

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
ワラサの3枚おろし

釣りに行って釣れるワラサを捌くと、よく出てくるブリ糸状虫。

中でもサイズが60cm以上のワラサ、そして80cm以上のブリには高確率で宿っています。

逆に言うと30cmぐらいのワカシや、40cmぐらいのイナダにはあまり見られません。

実際に僕もワカシやイナダは散々釣ってきましたが、一度も入っていたことはありません。

そして三浦半島の砂浜でラグビーボールみたいに弾けそうなパンパンなブリを釣った時、これは絶対入ってるだろうと思っていたのですが、実際は宿っていた跡みたいな、ちょっと身が溶けているホールみたいなのはあったものの、完全なる糸状ブリ虫は存在していませんでした。

これは奇跡でしたね(笑)。

そして今年の初夏に三浦半島の地磯で釣れた75cmのワラサ。

これには期待していたのですが、、、。

はい。

いましたよ。

待望のブリ糸状虫が。

やっぱりね、ワラサ以上には高確率で入っていますね。

TAK
TAK
いい材料が手に入りました(笑)

同時期に友達が釣ったワラサにもやっぱり入っていたみたいだし。

剣崎沖のワラサ船も同様で、船釣りの知り合いに聞くとまあ普通に入ってると言うし、虫入ってるからワラサ船は乗らないって人もいるぐらいです。

ブリ糸状虫は秋冬は少ない?

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
穴っぽくなってるところは痕跡

そんなブリ糸状虫ですが、実は季節によって入っている確率が高い低いといった差があるようです。

実は、ブリ糸状虫の寄生について、春先に釣れるワラサは確率が高く、秋冬に釣れるワラサは確率が低いという説があるのです。

言われてみれば、今回ブリ糸状虫が入っていたワラサは初夏に釣れたもの。

そして思い返せばサーフブリが釣れたのは秋でした。

まさに“説”そのもの。

虫がどうしても嫌だったら春夏は避け、秋冬に狙うしかないですね(笑)。

TAROU
太郎
こればっかりはしょうがないワンね

寄生虫の中でも見た目危険度は高い!

そんなこんなのブリ糸状虫。

数ある寄生虫の中でも、見た目の危険度はトップクラス!

釣りをしない人とか、寄生虫慣れしていない人が突然見てしまったら、ぶっ倒れるレベルです(笑)。

どんな感じがキモイかと言うと、、、。

※ここからしばらくは閲覧注意警報

TAK
TAK
マジでヤバいのでご注意ください!

はい。

説明しますよ。

このさ、怪しい箇所あるでしょ。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
なんか溶けてるような身になってるところ

これを引っ張るとさ。

こんな感じでビヨーーーン!と引っ張れるのよ。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
なんじゃこりゃあああ!

これは本体のネストっぽい膜みたいなやつだと思う。

たぶん。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
これで終わりか…と思ったら…

そんでもって、こーゆーところは中にもいるわけよ。

この周辺のお肉をね、ちょっと押してみちゃったりすると、、、。

すると、こうよ!

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
出てきたぁあああ!!!

プニュッ!と飛び出てきます、、、。

うわぁ~…。

これよ、これ。

ニュルッ!とかブリュッ!っと顔を出すわけさ、本当に。

んでもって、引っ張り出すと固い奴とか柔らかい奴がいてさ。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
伸びる、伸びる!

柔らかい奴はビヨーーーン!と伸びまくるわけさ。

ゆっくり全部抜いて見るとこうなる。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
なげーー-よ!!

出てくる出てくるって、どんだけ置くまで入り込んでたのさって感じだよね。

ブリ糸状虫は身の中どこにでも隠れている!

ブリ糸状虫は、まずワラサを3枚おろしをした時点ですぐに何匹か発見できるでしょう。

その時点で出てきちゃった個体は、その後も出てくる可能性は大いにある。

だからそこから身をサクにした時に、そこでも何匹が発見することができるでしょう。

それを避ければもう大丈夫かと思えば、さらにその後も、、、。

サクを準備して、後はカットすればお刺身にできるんだけど、ここでもまだ油断は禁物。

一切れ、一口分カットしたらこんなんなってるわけです。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
切り身に怪しい箇所が…

ちょっと変色している部分がありますね。

いやいや、、、怪し過ぎる。

そんな怪しい部分を引っ張り出せば、、、。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
出てきたぁ~…

ビヨーーン!!!

やっぱり、、、。

で、これはよく見ればわかるけど、実は1箇所だけじゃないの。

コッチからも出てくるの。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
びよー--ん!

うげぇえええ、、、。

TAROU
太郎
これはやばいワン…

やばいでしょ。

どんだけいるねん!!!

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
こっちまで続いてたのね

これね。

サクの状態では、目視でもブラックライトでも発見は無理ですよ。

身の奥の奥ですからね。

どういうことかわかりますね。

とにかく注意してください(笑)。

ブリ糸状虫は人間に寄生したらどうなる?

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
怪しいところはどこでしょう?

見た目が激ヤバな寄生虫、ブリ糸状虫。

これ、人間に寄生したらどうなるんでしょうか?

最強の寄生虫、アニサキスのように急な嘔吐や強烈な痛みに襲われてしまうのか?

と思ったら、ブリ糸状虫は人間に寄生せず、食べても問題ないとのことです。

それならいっか!

いや、よくない(笑)。

いくら大丈夫と言っても、こんなのが入ってる身を、みなさんは食べれますか?

TAK
TAK
焼けば食えるとか僕にはちょっと…

僕はせっかく釣ってきた魚なので、出てきた周辺をカットして、刺身の場合は光が薄っすら透けるぐらいに薄身に切ったものを、目視で確認してから食べています。

逆に、数匹出てきてしまった身は、刺身でしか食べません。

だって煮つけとか塩焼きとかにする場合、ある程度の厚みが必要じゃないですか。

そうすると中にブリ糸状虫が隠れている可能性がありますよね。

で、ブリ糸状虫が入っている身が煮つけや塩焼きになって出てきた場合、箸で身をほぐしている時に、感触の違うミミズ状のものが出てきてしまうと思うんですよ。

もうしそうなったらそれも怖いし、気づかないで口の中でミミズを感じたくないし…。

だから、この個体は絶対いねぇ!って感じるやつじゃないと、煮つけや塩焼きにもできないかな…。

寄生虫は天然の証拠

地磯で釣れたグッドサイズのワラサ。

釣り味は最高だったけど、食べるのには少し残念でしたね…。

でもこれがリアル。

天然で釣れる魚には寄生虫は付き物ですから。

本当に、、、。

奥の奥に入り込んでるからね、、、。
※今一度閲覧注意

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!c
断面に出てくるとキモイ…

こうやって普通に身の真ん中に入ってる。

サクだけどーんって置かれてもわかんないから。

ブリ糸状虫は釣ったワラサの身に宿る恐怖の寄生虫!ブリ線虫!
ブリ糸状虫の姿

これが怖かったら、寄生虫が怖かったら、養殖の魚を買うしかありません。

養殖であれば寄生虫がいる可能性はかなり低くなりますからね。

ぶっちゃけ、養殖のほうが美味い可能性は非常に高い(笑)。

TAROU
太郎
天然が美味しいとは限らないんだワン

ワラサにはアニサキスはいない?

ちなみに、ワラサにはブリ糸状虫の他にアニサキスはいないのか?

実はこれは確率は低いそうです。

TAK
TAK
ブリ系では一度も見たことないね

良かったですね。

ダブルで入っていたさすがに怖くて食べれないかも…。

とは言え、100%ではないので、特に腹周りはよく確認したほうが良いでしょう。

まとめ

ということで今回は、ワラサやブリに寄生するブリ糸状虫についてまとめてみました。

ワラサやブリを釣りに行く時は、まず季節を確認しておき、春夏の場合は高確率でブリ糸状虫が入っていると思っておきましょう。

場合によってはリリースもありですね。

それでも春夏のワラサやブリをお持ち帰りするという場合は、刺身の薄造りがおすすめです。

それでは皆さん、お気をつけて(笑)。

関連記事

青物ファンの季節がやってきた。 夏がやってくると青物が釣りたくなりますよね。 青物というと、釣れればお持ち帰りして食べるのも楽しみなんですが、何と言ってもあの“強烈な引き”は一度味わったら離れられない。 それに青[…]

三浦半島ショアジギング!地磯でワラサが乱舞する夏
関連記事

前回の釣行でなんとかワラサは釣ることができた。 しかし、何かこう釈然としない。 これはやっぱり、今シーズン最初に味わったとんでもない引きが忘れられないからです。 そう。 メーター近い巨大なブリのバラ[…]

三浦半島ショアジギングでブリのリベンジ!水面を飛び出した正体は!?
関連記事

諦めきれない三浦半島の地磯からのブリ&ワラサ。 タコやらマゴチやらも熱い時期に、もうやめようかと思ったんですが、やっぱり気になっちゃうのでね。 ワラサは釣れたけど、どうしてもあの大ブリのバラシが忘れられなくて、、、。 […]

関連記事

外洋の青物狙い、大物狙いのルアーフィッシング、ショアジギングが“今”熱い。 釣り人気が高まっている中で、このジャンルの人気ぶりは特に高く安定していると言えます。 年によって回遊が多かったり少なかったりするものはあります[…]

青物ルアーの結び方!意外と簡単ショアジギング定番イモムシノット!
関連記事

三浦半島に訪れた空前のショアブリ祭り。 ショア、、、。 そうです、陸っぱりからのブリフィーバーです。 思い返せば“あの時”はサーフで自身も90cmのラグビーボール型ブリも釣り上げ、周りではオフショアでしか見ないよ[…]

三浦半島の磯で巨大青物ブリとの超バトル!突き付けられた大物との壁

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!