お昼の釣りは「ちょい投げ」ハゼ釣り!

寝坊した。

本当は青物がハイシーズンの磯へ行きたかったんですが、普通に寝坊しました…。

うわ!

っと飛び起きたのがまさに朝マズメ(笑)。

時計をみてもう行く気がなくなりました。。。

やっぱり青物と言ったら“朝マズメ”。

実際にはそれを過ぎた時間帯に釣れることも大いにあるんだけど、個人的にはその時間帯から釣りがスタートできないとなると、あまりやる気がなくなってしまうんですよね。

なので青物は諦めてふて寝した(笑)。

そして昼過ぎにまた起きて思った。

ヒマだから何か釣りにしに行こうかなと…。

スポンサーリンク

寝坊したお昼はのんびりハゼ釣り!

昼からちょい投げハゼ釣り!
のんびりハゼ釣り開始

そうなると、こんな時間から釣れる魚で思いつくのは、もう“アレ”しかない。

そう。

ちょい投げの『ハゼ釣り』です!

もう適当にふらーっと行って、適当なところで、適当にぴょっと投げて、簡単に釣れる「ハゼ」。

秋の真昼間といったらやっぱりハゼ釣りでしょ!

基本的に魚釣りって「朝」と「夕方」の、所謂“マズメ時”と言われる時間帯が一番良く釣れて、真昼間って活性はそんなに高くなくて、全然釣れないってことも普通。

だけどハゼは真昼間でもバクバク釣れる。

だから今回はハゼ釣りに決めた!

ハゼは真昼間でも釣れる!

昼からちょい投げハゼ釣り!
ハゼが釣れる高潮位

ハゼは潮の干満で大きく移動をする魚。

潮が引けば深場へ、潮が満ちて来れば浅場へ寄ってくる。

なので陸っぱりからハゼ釣りをするなら潮が満ちてくる“上げ潮”の時間帯の高潮位がおすすめです。

この時間帯にハゼを狙うと、沖から浅場へ来たばかりのフレッシュなハゼを狙えるので、釣れやすいというメリットもあります。

だから一般的に魚釣りにおすすめとされる「早朝」や「夕方」といった“マズメ時”に拘らずに、真昼間でもハゼは釣りが楽しめるんです。

朝が苦手な人はゆっくりまったり、ちょろっと釣りができちゃうハゼ釣り。

最高ですね!

ちょい投げでハゼ釣り開始!

てことで、横浜の適当な岸壁からちょい投げを開始。

ちょっとその辺に、10mぐらいでも飛ばせば十分。

後はなるべく感度が良い竿で。

僕はちょい投げ釣りはアジングロッドを使っているので、小さなアタリでもしっかり感知します。

そして瞬時の合わせを決めれば…。

昼からちょい投げハゼ釣り!
本命のマハゼ

いますね!

本命のマハゼが釣れました!

真昼間なのに投げれば毎投アタリはあります。

あとはそこでうまく掛けれるかどうかなんですが、感度が弱かったり、食い込みが悪いちょっと固めの竿を使っちゃうとなかなか釣れないですね。

特にサイズが小さめのハゼになると。

短時間釣行なら代用エサの生ホタテがおすすめ!

昼からちょい投げハゼ釣り!
冷凍生ホタテでハゼ釣り

今回のハゼ釣りのエサは『生ホタテ』。

先日のちょい投げハゼ釣り釣行では、その威力を発揮してくれた生ホタテですが、冷凍庫にまだ何個か残っていたんです。

短時間の時は使い切れないイソメ餌を買うのはもったいないですからね。

そういう時は、釣れる代用エサ、いや、本命エサと言っても過言ではない「生ホタテ」餌がおすすめです。

反応はすごくいいですよ!

ちょっとエサ持ちが悪いというデメリットはありますが、、、。

で、即合わせがバッチリ決まってすぐ釣れたり、合わせが決まらずエサだけ持って行かれたりと、ハゼ釣りを堪能。

本当はもっと釣りしたかったんですが、そもそも短時間の釣行予定だったし、生ホタテも一切れしか持ってきてなかったので、あっという間に釣り終了となってしまいました。

釣果

ハゼ×8匹。

やっぱりハゼマゴチ釣り?

ハゼ釣りの釣り自体はめちゃくちゃ楽しかった。

そんでそれをどうするのか…?

天ぷらにするにはアベレージがまだ小さいし、、、。

いつもならハゼマゴチ釣り用の活きエサにしてたんですが、もうマゴチの釣果が落ちてきたので、今シーズンはやめたつもりだったんです、、、。

でもですね。

釣れたハゼを自然とブクブクに入れてたんですよ。

ってことは、考えとは裏腹に?体が勝手に活きエサ用にキープしてたんですかね(笑)?

せっかくブクブクにハゼが入っているので、、、。

次回は「再びのハゼマゴチ釣り」釣行に決定です(笑)。

まとめ

ということで安定のハゼ釣り。

秋はやっぱりお手軽ハゼ釣りが楽しいですね!

今回、本当は青物狙いで磯に行きたかったんですが、、、。

寝坊した時は、いっそのこと思い切って二度寝して、昼からゆっくりハゼ釣りっていうコースも良いですね!

釣るのも簡単で楽しい!

いいサイズが釣れれば、天ぷらにすればとっても美味しいハゼ。

おすすめです。

SPECIAL★TACKLE

今回使用したタックルをご紹介します。
※廃盤の場合等はおすすめをピックアップ!

ROD ≪メジャークラフト≫ファーストキャストFCS-S682AJI

喰い込み抜群のソリッドティップを採用したアジングモデルです。1~2gのジグヘッド単体でのタダ巻きや、キャロといった5gまでのオモリを追加して深場を狙う釣りにもオススメです。もちろん、ジグヘッドやマイクロジグで底を狙う根魚釣りや、中層を巻いて狙うカマス釣りにも使えるのが特徴です。

REEL ≪ダイワ≫18フリームスLT1000S

新素材ZAIOVの採用により、軽さと剛性に磨きを掛けたNEWフリームス。トラウト・アジング・メバルゲームなどのライトゲーム対応モデル。180gの軽さは、ライトルアーを使用した繊細な釣りにおいて大きなメリット。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪バークレイ≫スーパーファイヤーライン/0.5号

PEを超えるスーパーファイヤーライン。圧倒的な低伸度、驚異の耐久性、驚異の強さ。コーティングの改良により、毛羽立ちの防止、今までにないスムーズさを実現。

LINE ≪クレハ≫シーガーフロロショックリーダー/12lb

しなやかなライン特性により、PEラインとのスムーズな結節を実現。かさ張らず、携行に便利な薄型連結スプール。ラインのスムーズな引き出しを可能にするスプールバンド付。

HOOK ≪ささめ針≫ハゼ針夜光糸付き/5号

オーソドックスな糸付き針。ハゼ釣りの時は5号ぐらいがちょうど良いです。

タックルデータ

■ロッド:≪メジャークラフト≫ファーストキャストFCS-S682AJI
■リール:≪ダイワ≫18フリームスLT1000S
■ライン:≪バークレイ≫スーパーファイヤーライン/0.5号
■リーダー:≪クレハ≫シーガーフロロショックリーダー12lb
■HOOK:≪ささめ針≫ハゼ針夜光糸付き/5号

▶関連記事:ハゼ釣りの特エサ「冷凍生ホタテ」でアタリ連発!

関連記事

海の公園でSUPフィッシングをして、マゴチを狙って撃沈、、、。 本命らしきバイトがあったものの、まさかの合わせ切れでPEラインが途中からぶっち切れたので、意気消沈して納竿しました。 しかし、この時間で釣りを終了すること[…]

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!

▶関連記事:ハゼ釣りのエサを100円ローソン食品で代用

関連記事

夏~秋のお手軽な釣りと言えば“ハゼ釣り”。 手軽にサクッ!と釣りができるのが魅力ですよね。 ちょっと時間ができたので、どのくらい育っているか調査も兼ねて行ってきました。 ですが、今回は本当に30分ぐらいしか釣りを[…]

ハゼを代用エサで釣る!

▶関連記事:マハゼ釣り爆釣!岸壁でちょい投げ

関連記事

前回の記事の続きです。 前回は、横浜の岸壁でジャンボギスが釣れる模様をレポートしました。 ハゼ狙いだったんですけどハゼがイマイチで、その代わりにジャンボギスを始め、キスが連発してくれたんですね。 それはそれで楽しかったし[…]

マハゼ釣りで爆釣!横浜の岸壁からちょい投げで大漁GET!

▶関連記事:ハゼ釣りの外道でジャンボギスも出た!

関連記事

マゴチを泳がせ釣りで釣る際の活きエサとして、先日ザリガニを釣りに行ったら、大きめのロブスターザリガニしか釣れないという結果に終わった。 ザリガニが大きい分アピールは強いから、たぶんデカマゴチ狙いで使えないことはないんだろうけど、ザリ[…]

マゴチを泳がせ釣る!エサのハゼ釣りでジャンボギスも出た!

▶関連記事:ハゼマゴチをやる時に必要なハゼの量

関連記事

陸っぱりでハゼの泳がせでマゴチを狙う際、活き餌のハゼの量ってどのくらい必要なのか? これは初めてやる方にとっては気になるところですが、、、。 ちょっと2,3時間遊ぶなら、、、1日遊ぶなら、、、と大体でも必要な量を知っておきたい[…]

ハゼの泳がせ釣りでマゴチ捕獲!運河筋

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

昼からちょい投げハゼ釣り!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!