春のサワラ釣りルアー船!Jacksonピンテール最高!

ここ数年、僕が冬~春シーズンに乗船しているルアー船があります。

それはルアー「鰆(サワラ)」船です。

今年は2月の始めか中旬ぐらいに釣れ始めたと思いましたが、そのタイミングに緊急事態宣言が出ていたこともあり、釣行のタイミングを逃してしまったんですよね。

サワラ釣りは何と言っても“タイミング”が難しく、釣れている時に行かないと確率が一気に低くなるので、今年はもう終わったかと思ったんですが、なんとかギリギリ、シーズン終了間際に釣りに行くことができました。

食べたことがある人は知っていると思いますが…。

脂のノッたサワラのお刺身って、、、、超絶美味いんですよ!

あの口の中にまとわりつくようなネットリ感と、甘味広がるふんわり感が堪らない…。

もちろん釣り味も強烈は引きで最高なんですが、、、。

控えめに言って、釣りたい気持ちが3割、食べたい気持ちが7割ぐらいで、やっぱり食べるために釣りに行く!

そんな気持ちのサワラ釣りです(笑)。

スポンサーリンク

サワラ釣りのポイントは相模湾

某船宿に到着し、準備を済ませたら出船。

船が向かっているポイントは相模湾。

実は今まで東京湾でしかサワラを釣ったことがなく、相模湾でサワラを狙うのは初めてなので、釣れるのかどうか不安でした。

でも船長を信じるしかない。

船長、サワラがいるところに連れて行ってください!

サワラ釣りはキャスティング&ジギングで狙う

ルアーで狙うサワラ釣りですが、釣り方は二通り。

キャスティングで狙うかジギングで狙うか。

その時のサワラ次第で、トップで”跳ね”が見られる時はキャスティングで狙い撃ちをしますが、サワラが沈んでいる時はジギングで誘っていきます。

サワラキャスティグ

キャスティングの場合はキハダのボイルと同じで、近づくとすぐに沈んでしまうことが多いので、そんな時は、船が猛ダッシュで近づいていき、船の惰性が始まる前ぐらいにキャストしないと間に合わないです。

運が良ければ近づいても跳ねが残っていることもあるので、その進行方向を予想して投げるとチャンスがあります。

サワラジギング

ジギングの場合は、あまり激しく振るような動きにしてしまうと、サワラの歯でラインを切られてしまうことが多いので、ワンピッチジャークで比較的早めに“縦”の動きを強めにイメージしてやると良いと思います。

サワラ釣りに最高の天気は「曇り」

当日の天気は曇り。

サワラ釣りに「曇り」は最高です。

これまでの経験上、晴天より曇りの方が圧倒的に実績があり、“サワラと言ったら曇り”だと思っているので、これだけが救いですかね。

ちょっと風が強くて波があるので、もうちょっとこれが弱ければ最高だったんですが…。

サワラの“跳ね”発見!?

しばらく群れを探しながら走っていると、突然船がスピードアップ!

これは船長が何かを見つけた合図です。

近づいていくと鳥が何羽か集まっているのが見える!

あの辺りか!?

もういつでも投げられる準備をして待ち構えます。

船がさらに接近していき、投げ入れる場所となる“跳ね”をさがしている間に、船がスピードダウン。

すると船長から「早く投げないとダメだよ~」とアナウンス。

どうやら船長には見えていた“跳ね”が僕には見えていなかったようだ…。

ついに本命サワラがHIT!

その後、再び鳥を目安にサワラを探していきます。

船が再び急スピードで走りだしたので、今度こそ、と進行方向に目を凝らしていると、、、。

見えた!

今度は数ヵ所で跳ねが見えました!

そして船が惰性に入る瞬間ぐらいにキャストして、ルアーを高速タダ巻き…。

ドンッ!

と一撃ヒット!!!

おおおっ!

久しぶりのサワラの強烈なファイト!

ずっとライトゲームばかりやってたので、この重量感がメチャクチャ楽しい(笑)。

最後のランディングは船長に掬ってもらって無事にネットイン。

とりあえず1匹目のサワラ確保しました!
でも興奮していてすぐにクーラーに入れてしまったので写真撮り忘れました(笑)

HITルアーはピンテールサワラチューン120mm!

2発目のサワラがHIT!

同船者もこのタイミングで釣れました。

群れはすぐ去ってしまうので、それに応じて船もすぐさま次を探しに行きます。

すると1本目から30分後ぐらいに、再びバッチリなタイミングでルアーを投げ入れることに成功!

これはもらっただろー!

という雄たけびとともに、自信満々でルアーを巻いてくる。

が、すぐにバイトが来ないので「あれ…?」と思った時に、ジャークを入れたら一発でした。

ゴンッ!

と完璧なバイト。

これほど気持ちのいいバイトはない。

そのまま後はラインテンションを緩めないように落ち着いて寄せてきて、無事ランディング成功!

サワラ釣りルアー船
春のサワラGET!

今度は2本目なので写真も忘れませんでした(笑)。

いやーデカイ。

とっても美味しそうです(笑)。

もう、これが堪んないですよね!

サワラ最高!

曇りのおかげでサワラを追加!

その後、時間が経過すると群れが沈んでしまい、段々と渋くなってくるのがサワラキャスティング。

途中でジギングも数回やってみたものの、誰もヒットさせることができません。

そんな中でも、やはりこの曇りが良かったのか、時々鳥山が出てくれます。

そのタイミングでキャスティングに切り替え、群れを追い続けて、最後の最後、終了間際にもう1本追加することができました。

釣果

釣果はサワラ×3匹で終了でした。

サワラ釣りルアー船
春のサワラ×3匹

ただ、前に大漁に釣れた東京湾のサゴシに比べると、しっかりサワラサイズなので美味しそう!

食べるのが楽しみです!

まとめ

結局、4バイト3ヒット3GET。

サワラのキャスティングはどうしても数少ないバイトになりがちですが、フッキングさえ決まればそこまでバレることはあまりないです。

なので、いかに“跳ね”に遭遇して、そしてそれに向かってどれだけバッチリなタイミングでルアーを投げ込めるか、というところが勝負になります。

よく「飛距離が第一」と言われますが、メタルジグだとあまり食わないのがまた悩ましいところで、、、。

今回も色々なルアーを持ち込みましたが、まーやっぱりオフショアでも陸っぱりでも「青物全般に効く」ピンテールは最高でした。

サワラ釣りルアー船

1年に1回か2回ぐらいしか行けないサワラ釣り。

また機会があったら行ってきます。

SPECIAL★TACKLE

今回使用したタックルやオススメのタックルをご紹介します。

ROD ≪メジャークラフト≫3代目クロステージキャスティングCRXC-70L

メジャークラフトのリーズナブルなオフショアロッド。近海のキャスティングゲームにオススメなモデルです。ターゲットは、シイラやカツオ、サワラ、ワラサといった小~中型回遊魚がメインとなるでしょう。ショートレングスならではの操作性は、乗り合い船でのアンダーキャストでもしっかりと飛距離が稼げます。

ROD ≪ジャクソン≫オーシャンゲートJOG-702L-K OC

年々人気が高まるキャスティングゲームにおいて必要とされる要素を全て取り入れロープライスで完成させたOGオフショアキャンスティングシリーズ。ブランクスは、大型青物に対応すべく低弾性カーボンを採用し粘りとトルクを最大限に引き出しました。ガイドはFuji社製Kガイドフレームを採用し、遠投性と操作性を向上させました。グリップ形状にも拘り、キャストのしやすさやファイト中のホールド力を上げるデザインとなっています。

REEL ≪ダイワ≫ブラストLT5000D-CXH

ソルトアングラー待望!衝撃の軽さで圧倒する高剛性SWスピニング「BLAST」。近海域でのライトジギングやキャスティングゲーム、ショアからのショアジギゲーム、スーパーライトジギングなど幅広く対応。SWシーンで活躍する高剛性LTスピニング。パワフルに!そして快適に。(アルミマシンカットタフデジギア)搭載。パワーライトノブを標準装備。ショア・オフショアでの使用感にこだわったハンドルセッティング。

REEL ≪ダイワ≫レグザLT4000D-CXH

過酷なフィッシングシーンを想定し、開発されたタフさに優れる軽量小型スピニングリールがレグザ。アルミニウムを採用した堅牢ボディがタフデジギアをしっかり支え、マグシールドがその滑らかな回転を海水による塩ガミや異物の混入から守る。アングラーのタフな相棒として生まれた、シーバスや大型トラウト、ショアジギング、ロックフィッシュゲーム等にベストマッチなシリーズ。

SPECIAL★TOOL

今回使用したアイテムやおすすめのアイテムをご紹介します。

LINE ≪YGKよつあみ≫XブレイドスーパージグマンX4/2号

フルスペック技術を惜しげもなく投入した、コストパフォーマンスの高いHigh Power PE ラインです。 圧倒的安定強力を約束する独自技術WX組工法を用い、ハイテンション高密度ピッチで製紐しHST加工を施すことにより、耐磨耗性・直線性・感度・強力を進化。 あらゆる近海スタイルに高次元で対応します。 XBRAIDブランドを纏った最新式スーパージグマン、テイストが違う。

LINE ≪DUEL≫ハードコアパワーリーダーCN/40lb

フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン®」を採用。ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度と耐久性。遠くのアタリもしっかり感知し、フッキングさせるフロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備えたハイブリッドショックリーダー。扱いやすく、巻きぐせもつきにくく、ノットシステムも組みやすいしなやかな特性。

SPECIAL★LURE

今回使用したルアーやおすすめのルアーをご紹介します。

LURE ≪ジャクソン≫ピンテールチューン貫通/40g

定番ルアー「アスリート」をヘビーウエイトミノーにチューニングした「ピンテールチューン」。「捕食しているベイトが小さく、大きなルアーに反応しない。その上メタルジグの動きにも反応してくれない」といった、誰もが経験したことのある苦い状況を打破するために、この「ピンテールチューン」は開発された。高い基本性能を持つアスリートミノーをベースに、ウエイトの位置や重量、そしてラインアイをチューン。「ファーストリトリーブ専用」と割り切り、緻密に計算されたチューニングにより、大幅なウエイトアップを実現した。ウエイトアップにより飛距離向上、その上でミノーの持つウォブリングアクションを維持。こうして「メタルジグのように飛ぶミノー」が誕生した。

LURE ≪ジャクソン≫ピンテールサワラチューン/120mm42g

熱いオフショアアングラー達からの要望を受け、対サワラ用にリチューンしたのがこの「ピンテールサワラチューン」である。サイズは105mm/35g 120mm/42gの1タイプを追加ラインナップ。単なるサイズアップではなく、サゴシチューン譲りのオートマチックな平打ちアクションを自発するよう、一から設計し、ベストなセッティングを施してリリースに至った。ピンテールサワラチューンはオフショアだけでなく、ショアからのサゴシ狙いでもサゴシチューンとの使い分けが可能で、活性の高い群れの中から大型個体を狙って獲ることもできる。ぜひピンテールサワラチューンを使ってビッグフィッシュゲームを体感してほしい。

タックルデータ

■ロッド:≪ダイコー≫ヘミングウェイHWC-610ML
■リール:≪ダイワ≫10ソルティガ4000H
■ライン:≪YGKよつあみ≫XブレイドスーパージグマンX4/2号
■リーダー:≪DUEL≫ハードコアパワーリーダーCN/40lb
■ルアー:≪ジャクソン≫ピンテールチューン貫通/40g
■ルアー:≪ジャクソン≫ピンテールサワラチューン/42g

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

サワラ釣りルアー船
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!