ハゼ釣りの特エサ「冷凍生ホタテ」でアタリ連発!

海の公園でSUPフィッシングをして、マゴチを狙って撃沈、、、。

本命らしきバイトがあったものの、まさかの合わせ切れでPEラインが途中からぶっち切れたので、意気消沈して納竿しました。

しかし、この時間で釣りを終了することは、ある意味もともと想定内でした。

というのも、、、。

実は第2部を予定してたんです。

マゴチが釣れても釣れなくても、SUPフィッシングは長くても午前中で切り上げる予定でした。

なので、このまま続けて第2部釣行へと向かいます。

そのターゲットは…。

“ハゼ”。

やっぱり『ハゼマゴチ』が楽しくて、またあの快感を味わいたいんです。

なので、後半は活きエサとして使うハゼを釣りに行きます。

SUPでホゲても、ハゼが釣れればオールOK!

終わり良ければ全て良しってやつですな!

スポンサーリンク

上げ潮の高潮位で狙うハゼ

もともとそういう予定だったので、潮位計算もバッチリ!

ハゼは上げ潮の潮位が高い時間帯に岸際に寄ってくるので、その時間は計算に入れておきました。

ちょうど良い頃合いにポイントに到着する予定です。

この上げ潮の高潮位でハゼを狙うと、ちょい投げだけでなく、のべ竿で届く距離、ポイントによっては足元にまで近寄ってくるので、非常に手返しが良いのです。

短時間で数を稼ぎたい時には持ってこいのタイミングですね。

アジングロッドのミャク釣りでハゼを釣る!

今回は敢えてアジングロッド×1本しか持ってきませんでした。

アジングロッドは基本的に先調子なので、とても感度が良く、掛けにいく釣りには最適です。

そんなアジングロッドを、僕はハゼやキスのちょい投げに使っていますが、釣具屋さんに置いてあるような所謂ちょい投げセット竿みたいのと比べると、圧倒的に釣果を出せています。

そのアジングロッドを今回はミャク釣りで使いたいと思います。

これまでハゼ釣りに来て、のべ竿のミャク釣りをするとどうも掛かりが悪いことが多いので、敢えてこの先調子のアジングロッドでミャク釣りをしてみようと思います。

ハゼ釣りの特餌は冷凍生ホタテ!

さらに今回は、ハゼ釣りのエサとして『冷凍生ホタテ』を使用したいと思います。

定番のアオイソメやジャリメと言ったイソメ類は買ってきていません。

あくまで『冷凍生ホタテ』のみでハゼを釣ります。

実はハゼ釣りにおいて、イソメ類の代用特エサとして生ホタテをエサにするというのは、有名な話です。

前々から使ってみたかったんですが、コンビニで手軽に購入できるようなものではないので、手を出さないでいたんです。

が、以前、深夜までやってるスーパーに問い合わせたら置いてあるってんで買っておきました。

で、実際に現場で針を通してみると、、、。

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!
冷凍ホタテでハゼを釣る

やっぱりこれ、エサ付けはし難いですね。。。

どうしても柔らかいので、強く引っ張ってしまうと針がすり抜けてしまいます。

なので多少丸めるように、練り餌みたいな感覚で、、、とりあえず何とか付けるみたいな(笑)。

この冷凍生ホタテをエサにして釣りをするのって、始める前はアタリがあったらすぐ取れてしまいそうな…といったイメージですが、、、。

とりあえずやってみたいと思います。

冷凍生ホタテでハゼは釣れる!

さて、噂のホタテ餌の効果は如何に…。

アジングロッドを使ったミャク釣りで、足元近くを攻めていきます。

そして餌が底に付いたなーって状態から、ちょっとずつ横に横にふわふわさせていると…。

コンコンッ!

と明確なアタリにすぐさま即合わせ!!!

直後に伝わる小さな重量感。

これはバッチリ掛かりました~!!!

なんかこれ、ちょっとアジングみたいですが(笑)。

ちなみにこの時、掛かりが甘いと抜き上げ時にオートリリースしてしまうので注意です。

上がってきたのは…。

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!
ホタテ餌でハゼは釣れる!

本命のハゼ!

やっぱりホタテ餌でもハゼは釣れるんですね!!!

1投目ですよ!1投目!

これはもしかして、、、ヤバイんじゃないの???

冷凍生ホタテでハゼのアタリ連発!

釣れるとわかったら、あとは数を増やすのみ。

どんどんホタテ餌を使用して狙っていくと、、、。

アタリは連発!

フッキングミスやエサだけ取られることも多いけど、とりあえず冷凍生ホタテがハゼに通用すること、いや、通用するどころじゃなくて、特エサとしてバッチリ!

ガンガン釣れてきてくれます!!!

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!
ハゼのアタリ連発!

以前と比べて一回り、二回り大きくなった印象です。

ただ、天ぷらにはまだもう少し足りないかな!

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!
良型のハゼ!

こちらは天ぷらいけるかもですね!

コツを掴んでどんどん釣っていきます!

ハゼ釣りの特エサ「冷凍生ホタテ」の弱点と使い方のコツ

そんな感じでなんだかんだありながらも、そこそこ調子よく数を増やしていけてました。

しかし、やっぱりバラシというか、フッキングせずにエサだけ取られてしまうことが多いので、そこは克服したいところです。

そこで、その他実際に「冷凍生ホタテ」をエサにしてハゼ釣りをしてみてわかった弱点、そして「冷凍生ホタテ」をエサにしてハゼを釣る時のコツを伝えたいと思います。

溶かしすぎると針に付けにくい

まずは「冷凍生ホタテ」の解凍について。

これ、解凍しすぎると細かくし難いしネットリしてきちゃうので、針に付けにくいです。

敢えてそれが良いという人もいそうですが、僕は半分凍っているような感じのほうが付けやすい印象を受けました。

エサ持ちが悪い

そしてやっぱりエサが柔らかいので、エサ持ちが悪いです。

バクッ!と大きく食ってくれれば良いのですが、つまむような小さいアタリが続いてしまうと食い逃げされることが多いです。

アタリに即合わせがコツ

このつまむようなアタリになってしまう原因は、「活性の問題」「針の大きさ」が関係していると思います。

これに対応するためには、まず小さなアタリを感じるための、伸びのない感度抜群のPEラインは必須です。

そして次にロッド。

ここで、今回も使っていたアジングロッドのような感度が良くて掛けにいくのが得意な竿が必要です。

このタックル改善にて、即合わせによるフッキング率を向上させるというのは一つのコツです。

そして次に針の大きさ。

針が大きすぎると掛かりは悪くなるし、太軸になれば刺さりは悪くなります。

そう思ったら針は小さく細軸のタイプを選ぶのが良いでしょう。

こういったところで改善できる点があれば、さらに釣果を伸ばしていけるはずです。

僕は今度「針」を変えてやってみたいと思います。

秋に向けて大きく育つハゼ

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!
秋は良型のハゼが釣れる

ハゼは秋が深まるにつれて、どんどんサイズがアップしていきます。

10月頃になると天ぷらサイズでも食べれるようになっていると思います!

キスよりも比較的簡単に釣れるし、食べても美味しい!

是非ファミリーフィッシングで挑戦してみてはいかがでしょうか?

釣果

釣果は16匹。

まとめ

やろうと思えばまだまだ釣れましたが、15匹超えたし、時間の都合があるので納竿。

16匹なので、『ハゼマゴチ』釣りをする分のエサの量として、1時間に5匹使用したとしても3時間は勝負できる量。

OKです。

準備は整った!

ハゼを泳がせて、マゴチを釣るぞーーー!!!

SPECIAL★TACKLE

今回使用したタックルをご紹介します。
※廃盤の場合等はおすすめをピックアップ!

ROD ≪メジャークラフト≫ファーストキャストFCS-S682AJI

喰い込み抜群のソリッドティップを採用したアジングモデルです。1~2gのジグヘッド単体でのタダ巻きや、キャロといった5gまでのオモリを追加して深場を狙う釣りにもオススメです。もちろん、ジグヘッドやマイクロジグで底を狙う根魚釣りや、中層を巻いて狙うカマス釣りにも使えるのが特徴です。

REEL ≪ダイワ≫18フリームスLT1000S

新素材ZAIOVの採用により、軽さと剛性に磨きを掛けたNEWフリームス。トラウト・アジング・メバルゲームなどのライトゲーム対応モデル。180gの軽さは、ライトルアーを使用した繊細な釣りにおいて大きなメリット。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪バークレイ≫スーパーファイヤーライン/0.5号

PEを超えるスーパーファイヤーライン。圧倒的な低伸度、驚異の耐久性、驚異の強さ。コーティングの改良により、毛羽立ちの防止、今までにないスムーズさを実現。

LINE ≪クレハ≫シーガーフロロショックリーダー/12lb

しなやかなライン特性により、PEラインとのスムーズな結節を実現。かさ張らず、携行に便利な薄型連結スプール。ラインのスムーズな引き出しを可能にするスプールバンド付。

HOOK ≪ささめ針≫ハゼ針夜光糸付き/5号

オーソドックスな糸付き針。ハゼ釣りの時は5号ぐらいがちょうど良いです。

タックルデータ

■ロッド:≪メジャークラフト≫ファーストキャストFCS-S682AJI
■リール:≪ダイワ≫18フリームスLT1000S
■ライン:≪バークレイ≫スーパーファイヤーライン/0.5号
■リーダー:≪クレハ≫シーガーフロロショックリーダー12lb
■HOOK:≪ささめ針≫ハゼ針夜光糸付き/5号

▶関連記事:ハゼマゴチをやる時に必要なハゼの量

関連記事

陸っぱりでハゼの泳がせでマゴチを狙う際、活き餌のハゼの量ってどのくらい必要なのか? これは初めてやる方にとっては気になるところですが、、、。 ちょっと2,3時間遊ぶなら、、、1日遊ぶなら、、、と大体でも必要な量を知っておきたい[…]

ハゼの泳がせ釣りでマゴチ捕獲!運河筋

▶関連記事:ハゼの泳がせ釣り!運河でマゴチ捕獲!

関連記事

いよいよ勝負の時。 ハゼを泳がせてマゴチを釣る=ハゼマゴチ。 今度は東扇島西公園でもなく、大黒海釣り施設でも磯子海釣り施設でもありません。 横浜の陸っぱりからマゴチを狙っていきます!!! 果たして…。 ちょい[…]

ハゼの泳がせ釣りでマゴチ捕獲!運河筋

▶関連記事:磯子海釣り施設!ハゼの泳がせでマゴチ釣り!

関連記事

季節は夏休み。 今、夢中になっている釣りはマゴチ釣り。 しかもルアーで釣るのではなく、活きエサを使った泳がせ釣りが面白い! と言っても、まだ人生一度しか活きエサでマゴチを釣ったことがなく、それも6~7年前だったかな? […]

磯子海釣り施設でハゼの泳がせでマゴチ釣り!

▶関連記事:ハゼとザリガニの泳がせでマゴチ釣り!

関連記事

夏時期の楽しみな釣りの一つ、マゴチ釣り。 “照りゴチ”と言われ、浅場で活発にエサを追うためアタリも出やすく、マゴチを釣るには絶好のシーズンですよね! 早い船は5月から船を出しますが、陸っぱりは6月ぐらいからが本番。 今年[…]

ハゼとザリガニの泳がせでマゴチ釣り

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!