ちょい投げキスでお土産確保!in三浦半島

前回の釣行記では三浦半島の磯へワラサ狙いのショアジギングをしに行ったところまで書きましたが、、、。

優しいアングラーさんからのいただきものでお土産は1つキープしたものの、釣果自体は華麗にもボウズを食らってしまう結果に。。。

でもこれでは自力でのお土産なし。

それはなんかやっぱりつまらない!

ということで、第2ラウンドで“ちょい投げ”釣りに行ってきました。

ターゲットはもちろん『キス』です。

今時期はちょい投げアングラーにとってはベストシーズン!

手軽にサクッと楽しめますからね!

結果はいかに…!?

スポンサーリンク

ポイントは三浦半島

↑↑↑ ※あくまで三浦半島の地図で釣り場がここだとは言っていません(笑)

ポイントは三浦半島で青物を狙った磯からちょい移動してきたサーフ。

少し前の釣行で、ちょい投げ釣り場の開拓で訪れたポイントです。

小磯もあってどちらからでも攻めれるし、何より穴場なので人が少なくて好き!

1投目からビビビッ!

ポイントに到着すると、やっぱり誰もいない(笑)。

なので、のんびり支度していきます。

準備ができたらとりあえず小磯から様子見。

サーフ側に比べると、多少小石感というかコツコツ感が多めというか、そういった感じの地形になっているんですが、じっくりサビきつつ、そのコツコツの所で止めてやるとアタリがくるんですよね。

ちょっとした石とか岩とか、広い砂浜の中にあるちょっとした変化のある場所に魚が着く。

ルアーフィッシングと一緒ですね。

今回はどうかな?

と思ったら1投目で、、、!!!

ビビビッ!

と竿先が大きく引き込まれるアタリ!

これは良型のキス!?

という予感をさせつつ、上がってきたのは…。

三浦半島でちょい投げキス釣り
ヒイラギ君

定番ゲストのヒイラギ君でした…。

あー、やっぱりちょっと引きが強いなーと思いました。

1投目から釣れてくれたのは嬉しいですが、ヒイラギじゃあね、、、。

本命のシロギス発見!

残念ながら1投目は外道でした。

やっぱりちょっと根周りっぽいところを攻めるとヒイラギが来てしまうイメージですね。

逆に言えば完全サーフ地形のほうがシロギス率は高いです。

とは言え、まだ1投目。

もうちょっと探っていきます。

すると…。

つ、つ、つ、、、釣れねぇ!

1投目から魚の反応が見れたのに、その後が全然続かない。。。

ちょっと今日はコッチには今いないのかな。

ということでサーフ側を攻めてみることに。

すると早速きましたよ。

ビビッ!

と良いアタリが来たと思ったら、少し待って食い込みを待ちます。

何も反応なければ、ほんのわずかに手前に寄せるようにサビいてみると、、、。

クククククッ!

と、竿先が引き込まれ、ここでスイープに竿を起こして合わせを入れてあげます。

どうやら合わせは成功!

あとはラインを緩めないように、巻いてくるだけです。

本命のシロギス1匹目

やりましたー!

とりあえず本命のシロギス1匹目です!!!

やっぱりキスのアタリは堪らんすなー!!!

カギはブレイクライン

とりあえず本命をキャッチできたのは良かった!

あとは10匹ぐらいを目標に頑張っていきます。

キスは固まって群れていることが多いので、先ほどアタリがあった周辺を狙っていきます。

するとやっぱりすぐアタリ!

ビビビッ!

もうこのアタリがやめられません(笑)。

引きは大してありませんけどね。

連チャン!

イイ感じです。

投げているとわかってきましたが、どうやらブレイクラインに魚が着いているようです。

他のコースよりもそのライン上を通してくるとアタリが多い。

キス釣りはそういった感じで、溜まっている箇所を探しながらやるとまた楽しみがあっていいですよ。

その後もちょっとずつ追加していきます。

厄介な強風の中でちょい投げ

せっかく良い感じで釣りができてきたのですが、風が段々と強くなってきてしまいました。

こうなるとちょい投げアングラーにとってはかなり厳しい条件になってきます。

仕掛けは軽いから飛ばないし、柔らか穂先が暴れまくりでアタリがめっちゃ取りにくい。。。

そんな中、なんとか風が弱まる一瞬で投げて、小さいアタリを取っていくと、奇跡的にフッキングしてくれる。

天ぷらサイズ!

厳しい条件の中、釣れてくれた本命。

けど、かなりきついですね。。。

エサは消費するので魚はいるんですよ。

でもアタリが取れないし、風でラインがフケちゃうので、フッキングもしにくい。

そんなこんなでエサ切れまで頑張りましたが、それと比較すると釣果は少なかったですね…。

釣果

キス天行き!

釣果はキス×9匹!

短時間ながら、まずまずでしょう!

まとめ

今回はショアジギングの帰りのちょい寄りのちょい投げ釣り。

なんとかお土産確保の釣りで楽しむことができました!

この夏、ちょい投げが楽しいシーズンです。

是非みなさんもちょこっと遊ぶつもりで楽しんでみてはいかがでしょうか?

SPECIAL★TACKLE

今回使用したタックルをご紹介します。
※廃盤の場合等はおすすめをピックアップ!

ROD ≪メジャークラフト≫ファーストキャストFCS-S682AJI

喰い込み抜群のソリッドティップを採用したアジングモデルです。1~2gのジグヘッド単体でのタダ巻きや、キャロといった5gまでのオモリを追加して深場を狙う釣りにもオススメです。もちろん、ジグヘッドやマイクロジグで底を狙う根魚釣りや、中層を巻いて狙うカマス釣りにも使えるのが特徴です。

REEL ≪ダイワ≫18フリームスLT1000S

新素材ZAIOVの採用により、軽さと剛性に磨きを掛けたNEWフリームス。トラウト・アジング・メバルゲームなどのライトゲーム対応モデル。180gの軽さは、ライトルアーを使用した繊細な釣りにおいて大きなメリット。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪バークレイ≫スーパーファイヤーライン/0.5号

PEを超えるスーパーファイヤーライン。圧倒的な低伸度、驚異の耐久性、驚異の強さ。コーティングの改良により、毛羽立ちの防止、今までにないスムーズさを実現。

LINE ≪クレハ≫シーガーフロロショックリーダー/12lb

しなやかなライン特性により、PEラインとのスムーズな結節を実現。かさ張らず、携行に便利な薄型連結スプール。ラインのスムーズな引き出しを可能にするスプールバンド付。

天秤 ≪ささめ針≫ハゼ天秤/5号

仕掛けが絡みにくく針掛かりが良いので天秤式はおすすめです。

HOOK ≪ささめ針≫ハゼ針夜光糸付き/5号

オーソドックスな糸付き針。ハゼ釣りの時は5号ぐらいがちょうど良いです。

タックルデータ

■ロッド:≪メジャークラフト≫ファーストキャストFCS-S682AJI
■リール:≪ダイワ≫18フリームスLT1000S
■ライン:≪バークレイ≫スーパーファイヤーライン/0.5号
■リーダー:≪クレハ≫シーガーフロロショックリーダー12lb
■天秤:≪ささめ針≫ハゼ天秤/5号
■HOOK:≪ささめ針≫ハゼ針夜光糸付き/5号

▶関連記事:ちょい投げ釣り最高!キスが連発!

関連記事

今年もそんな季節がやってきましたね。 いつもルアーフィッシングが中心の僕ですが、実はサビキ釣りもちょい投げ釣りも大好きなんです。 基本的にその時期、その時によく釣れる、釣れやすいターゲットを狙って釣りに行くことが多いので、ルア[…]

ちょい投げ釣りが楽しい!

▶関連記事:“ちょい投げ釣り竿”はアジングロッド

関連記事

今回は僕が実際に使用しているおすすめ“ちょい投げ釣り竿”についてお話していきます。ちょい投げ釣りをしていると、その連発の様子に「何でそんなに釣れるの?」「よく釣ってるね」と声を掛けられることが多く、でもその割にはタックルの違いに気づいてい[…]

ちょい投げ釣り竿にアジングロッドメバリングロッド

▶関連記事:横浜で癒しのちょい投げキス釣り

関連記事

青物に相手にされない。 そもそもルアーフィッシングなんてそんなもん。うん、そうそう。ボウズが当たり前とはよく言ったもんです。むしろ釣ってる人がどうかしてるんだ。と、ちょっと気が狂ってきた時はやっぱりエサ釣りでリフレッシュに限ります([…]

横浜ちょい投げでシロギス

▶関連記事:横浜陸っぱりちょい投げ釣りの獲物で泳がせ釣り

関連記事

前回の横浜陸っぱりちょい投げ釣りでは、なぜかベラが沸いていて、本命のシロギスがイマイチだったので、ベラ狙いに専念した釣行となってしまいました。 ▼関連記事:夜はベラ天で乾杯!横浜陸っぱりのちょい投げキス [sitecard su[…]

横浜泳がせでマダコ

▶関連記事:横浜陸っぱりのファミリーフィッシング!

関連記事

ファミリーフィッシングと言えば「サビキ釣り」か「ちょい投げ」か。どちらもメチャクチャ楽しい釣りですよね。 何年もルアーフィッシングに明け暮れている人でも、たまに手を出すとしばらくハマってしまう人もいると思いますが、その理由は何と言っ[…]

横浜陸っぱりちょい投げでキス

▶関連記事:キスの天ぷらの捌き方!釣りたては最高!

関連記事

投げ釣りやボート釣りのターゲットとして定番のキス(=シロギス)。 釣りを始める初心者の方からベテランの方まで夢中になってしまうキスですが、それは小気味良いアタリの釣り味もさることながら、その食味もやみつきになってしまう理由。 […]

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!