三浦半島サーフヒラメ狙いでついにメモリアル座布団が出た!

いつも当ブログ『ACTION』を読んでいただいている方は、大方予想がついていたかもしれませんが、前回の夜の磯マル釣行、あの後です。

▼関連記事:三浦半島の磯マルリベンジ!

関連記事

行くべきかやめようか迷っていました。 なぜなら行きたいポイントが強風真正面で釣りにならないから。 でも磯マルを狙うタイミングとしてはバッチリで、僕の中ではもう今シーズンラストチャンスだっため、釣れる釣れないというより、何かを確[…]

三浦半島の磯マルリベンジ

やっぱりあの後、2回戦目に行ってたんです(笑)。

大体、夜磯の後は行ってますからね。

はい。

いつものパターンで、磯の後はサーフです。

スポンサーリンク

ポイントは三浦半島東部

ポイントは三浦半島東部エリア。

所謂この金田湾エリアの沿岸には、広大なサーフが続いています。

代表的なポイントは「三浦海岸」で、一番アクセスも良く人気のポイントです。

でも、三浦海岸に限らず、このエリア全体がヒラメのポイントとなっているので、どこにもチャンスはあるでしょう。

今回も、この東部エリアでの釣行でした。

夜ヒラメの可能性

磯を早めに見切ったので、ポイントに入った時はまだ暗い時間帯でした。

正直、暗い時間帯のヒラメはあまり得意ではないのですが、先日の釣行ではかなりイイ反応を見せてくれたので、意外と夜も期待していました。

▼関連記事:超表層デカヒラメ!冬のサーフは夜が熱い!?

関連記事

今回は冬のサーフ釣行の後編です。 前編では、夜磯から移動してサーフで釣りを始めて間もなく、シーバスが釣れるまでの記事を公開しました。 ▼関連記事:冬のシーバス釣りは意外な場所でエラ洗い! [sitecard subtitl[…]

2020年は三浦半島のサーフでデカヒラメ好調!

あの時はまさかの超表層でのHITでビックリしたのを覚えています。

なので夜はどこでくるかわかりません。

だからしっかり足元まで。

着水スタートしてから最後まで集中してリトリーブして、いつ来てもいいバイトに反応できるようにしていました。

朝マズメのサーフヒラメ狙い

しかしそうは簡単にはいかないのがサーフヒラメ。

全然反応がないまま、あっという間に朝マズメの時間帯に突入していきました。

とは言え、本来、ヒラメ狙いでは一番アツいド本命タイムがこの“朝マズメ”。

水平線にまだ陽が出てきてはいないけど、薄明るくなってきた頃。

そんな朝マズメには、ヒラメだけでなく、シーバスも大いに可能性があります。

なので引き続き集中力を保ったまま、サーフをランガンしていきました。

ベイトの群れ発見!

そして、暗いうちに攻めていたポイントに戻ってくると、水面をザワつかせるベイトの群れを発見!

これは大チャンス到来か!?

ベイトがいる場所は、少し遠目なので何なのかは見えませんが、あまり高速で移動する感じではなく、比較的ゆっくり泳いでいます。

これは狙うしかないでしょ!

と、ベイトの周辺を狙っていくことにしました。

ブレイク際で強烈バイト!

早速ベイトの群れの向こうへキャストし、下を通ってくるようなコースでリトリーブ。

1投目で反応がないので、3歩歩いて立ち位置を少し変え、角度を変えて同じように群れの下を通すようなコースで巻いてきました。

すると…。

ズドンッ!

と強烈なバイト!

そしてズシりとした重量感からシーバスを確信!

アタった場所はベイトの群れの下というより、それをとうに通り越して、すぐ手前のブレイクで、あと少しで回収みたいな位置でした。

時折、頭を振って抵抗するような強い引き…。

これはデカそうだ…。

絶対にバラしたくない!

バレるなよ!!!

>>>次ページは:メモリアルな座布団ヒラメ出た!

三浦半島サーフヒラメ座布団!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!