冬なのに入れ喰い!根岸湾のアジングで“アジの巣”発見!/横浜ボートアジング

ずっと調子が悪い横浜アジング。

陸っぱりもそうですが、沖も良い時に比べれば全然ダメ。

しばらくそんな状態が続いていたんですが、、、つ・い・に!?

冬なのに爆釣のアジの溜まり場、“アジの巣””を発見してしまいました。

久々に爆釣!

今回はお土産もたっぷりお持ち帰りすることができた、横浜ボートアジングのお話です。

スポンサーリンク

冬の根岸湾

秋の勢いはどこへやら、、、。

水温が下がった冬のアジングはとにかく厳しい。

基本的な考えはやはり、“沖へ行った”と考えるのが妥当ですが、他船の情報を見るとまだまだ浅場でも結構釣れてたりするので、おそらく狙っているポイントが違うんでしょうね。

こちらは経験値が浅いので、アジの溜まり場を探しながらの釣りになります。

冬の根岸湾はなかなか手強い…。

ポイントは根岸湾

基本的にはここ、東京湾、横浜根岸湾をメインステージにしています。

自分もそうですが、船長も昨年末から始めたばかりの横浜ボートアジング。

とにかく徹底して探し回り、まずは“ホームグラウンドを知る”ことから始めています。

出だし好調!横浜ボートアジング

出船は23:00。

風もなく釣りやすいベストコンディションです!

今回の作戦も、アジ探し。

反応がなければ粘らずにドンドン移動する作戦です。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
横浜ボートアジング開始!

アジングを開始して、最初のポイントでは反応なし。

でもアジのいるポイントを探して移動、移動を繰り返していきます。

すると、アジらしい「コンッ!」というアタリから…

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
本命のアジGET!

本命のアジを発見!

今回は比較的早めにアジを見つけることができました。

根岸湾の定番ゲストも勢ぞろい

反応が続かなければ早めに移動。

とにかく良いポイントを探すことが優先です。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
ポイント探しで移動を繰り返します

横浜ボートアジングをしていると、色々な外道も楽しませてくれます。

必ずと言っていいほど釣れるのがメバル。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
定番ゲストのメバルちゃん

ちょっとチャイチーですねー。

ボートで出ればデカイのばっかりかと思いきや、意外とそうでもないんですよね。

リリースです。

さらには…。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
カサゴ君

ボトムを狙っていると、どうしても釣れてしまうのがカサゴ君。

今回も安定して釣れてくれます。

これまた小さいですね。。。

リリースです。

なかなか魚っ気あるね。

ってことで探ってみると…。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
アジ発見!

はいっ!

いました!

ちょっとこれまた小ぶりですが、本命のアジです。

いるねー、いるねーと思ってると、HITの瞬間ドラグが…。

ジーーーーーーッ!

やっぱり“アレ”もいますか。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
デカイのが!?

はいはいー。

ランカーのアジ。。。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
シーバス君

いうのはウソで、こちらもアジの溜まり場によくいる、シーバス君です。

引きは楽しいんですけどね。

ま、、、ね、、、、、、、、、アレです。

リリーーース!!!(笑)

アジが入れ喰い!“アジの巣”発見!

でもココ、、、もしかして、、、。

と丁寧に探ってみると…。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
再びアジ!

いるじゃん、いるじゃん!

アジいるよー!

やっぱりね。

『常夜灯周り』で『変化のあるところ』というのはいつもと変わりない。

だけど、それに「プラスアルファ」の要素が加わってさらにパワーアップしている気がする。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
連チャン!

確実に溜まっている。

1キャスト1ヒット!

入れ食いモード突入です!!!

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
着水カウントダウン中にも!

キャストして、アタリのレンジまでカウントダウンしている間にもHIT!

高活性!?

というより、単純にアジがたくさんいる!

ガンガン当たる!

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
連チャン連チャン!

やるじゃん、、、いるじゃん、、、根岸湾。。。

もう入れ食いです(笑)。

なので、こういった時に色々とワームをチェンジしながら試していきます。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
入れ食いアジング!

そして釣れます。

でもですね。

釣れないワーム、弾いてしまうワーム、、、ありました。

あの状況でダメとなると、もう使う気になりませんね(笑)。

サイズがデカイ!

釣れてくるアジはサイズもデカくて言うことなし!

一瞬シーバスと間違えるほどの引きを見せるアジも(笑)。

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!

時折小さめも混じるけど、アベレージは24~25cmぐらいとイイ感じ!

最大は27cmで体高のある超美味しそうなアジも数匹混じりました!

釣果

お持ち帰りはアジのみ。

全部でアジ×43匹と大漁!

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
クーラーにいっぱいのアジ

いやー、釣れました!

大満足!

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
冬なのにアジ大漁!

入れ食いを堪能!

最後の場所、ラスト1時間で20匹以上のハイペースでした!

まとめ

いくらボートと言えど、これまで散々アチコチ探し回って厳しい冬を痛感してきていたので、久しぶりにあれだけの連発を味わうことができて本当に楽しかったです。

もうあそこは…『アジの巣』認定です!

あるんですねー、パラダイスが。

色々な条件を考えると『アジが溜まる場所』の要素がたっぷりなので、間違いないとは思いますが、でもまだ1回だけじゃわからない。

もしかしたら明日きたら釣れないかもしれない。

そういった意味では今後も調査が必要ですね。

さらには、同じようなポイントを探せばまた新たな“溜まり場”を見つけることができるかもしれない。

次が楽しみです。

SPECIAL★TACKLE

今回使用したオススメのタックルをご紹介します。

ROD ≪34≫アドバンスメント55 FPR-55 F-tuned

このロッドの魅力は何と言っても、F-tunedソリッドティップ(穂先)。豆アジの微細なアタリも、食い上げによるテンション抜けのアタリも、僅かな潮の変化もティップに違和感として現れます。掛かればとんでもない急角度で曲がるティップですが、バットは強い。アジングはロッドを上位機種にすると確実に釣果が上がります。

REEL ≪ダイワ≫16イプリミ1003

こちらは管理釣り場トラウト向けのリールですが、もともとそのようなドラグを出しながらやり取りする釣り向けに作られているリールなので、アジングに対してもすんなり使えてしまうリールです。ATD搭載でのドラグ性能、上位機種にも使用しているIシェイプZAIONノブでのスムーズなリトリーブ、そして自重210gという軽さに惹かれて使用しています。求めればもっと上位機種を使用したいですが、リーズナブルで良いものを求める方にはおすすめです。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪YGKよつあみ≫チェルム アンバーコード SG D-PET/0.3号

アジングには絶対のエステルライン。その極細のラインだからこそアジの小さなアタリを捉えられます。ですが、弱いラインだとブチブチ切れてしまいます。その点、このアンバーコードは強度も兼ね備えているため、アジンガーの中でも評価が非常に高いです。
※ちなみに色付きより透明の方が同じ細さでも強度が高いです。

LINE ≪TICT≫ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド/3.5lb

新しく採用したフロロカーボンショックリーダー。メーカー独自の染色技術により光の乱反射を極力抑え、魚に警戒心を与えにくく、メインラインと色が違うのでラインの結束がしやすいです。これはイイ!

JIGHEAD ≪土肥冨≫レンジクロスヘッド/1.5g~2g

豆アジのかすかなバイトも高確率でフッキングする、超シャープな針先。その細く鋭く強いフックで、横浜アジンガーの間では断トツの支持率です。“掛けていく”アジングにおいて、針は『命』。信頼できるフックをメインに置きましょう。

JIGHEAD ≪34≫ストリームヘッド/1.5g~1.8g

テンションを張るだけで勝手にフッキングしてしまう、禁断のジグヘッド。
それが、ストリームヘッド。
吸い込みやすく吐き出しにくい一口サイズで口が小さく吸い込みの弱い豆アジも、捕獲率UP。
一見そのフックが大きすぎて心配に見えるけど、使ってみると普通にフッキングしてきます。

スナップ ≪アクティブ≫アジスナップ/SS

スナップは接続がかんたんな8の字形状のスナップを使用。クイック系のように開いたり閉じたりの必要はなく、瞬時に取外しができます。大容量でお得なのもGOODです。

SPECIAL★LURE

今回使用したオススメのルアーをご紹介します。

LURE ≪reins≫アジリンガー

陸っぱりアジンガーに人気のアジリンガー。一口サイズのワームで、リングボディと逆テーパー形状ピンテールの波動でアジを誘います。僕は陸っぱりではサイズ感と横の動きを意識する時に使っていますが、船でも小型シルエットを意識した時に使用してみて、安定したバイトを得ることができました。

LURE ≪一誠≫スパテラ/2.5inch

何と言っても柔らかさ。思わず吸い込んでしまいたくなるほど柔らかいのが特徴です。超小型パドルテールが水に絡み、アクションへの反応が敏感で、プロップアクションやイレギュラーアクションで魚を誘います。

タックルデータ

■ロッド:≪34≫アドバンスメント55 FPR-55 F-tuned
■リール:≪ダイワ≫16イプリミ1003
■ライン:≪YGKよつあみ≫チェルム アンバーコード SG D-PET/0.3号
■リーダー:≪TICT≫ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド/3.5lb
■ジグヘッド:≪土肥冨≫レンジクロスヘッド/1.5g~2g
■ジグヘッド≪34≫ストリームヘッド/1.5g~1.8g
■スナップ:≪アクティブ≫アジスナップ/SS
■ルアー:≪reins≫アジリンガー
■ルアー:≪一誠≫スパテラ/2.5inch

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!