春が来た!ジグ単ボートアジングで大漁!

季節はすっかり暖かい春となり、陸っぱりのアジングでも多少数が上がるようになってきた横浜。

沖の状況はどうかと聞いてみると、前日の調査で好調の兆しが見られたということで、楽しみなボートアジングに行ってきました。

スポンサーリンク

強風の中出船

あいにく、春らしいの強風が吹いており、出船できるのか不安でしたが、出てしまえば多少弱まる傾向の予報だったので、強引に出船!

出船直後はかなりダッポンダッポン言っていましたが、なんとかデンジャラスポイントを抜けて、アジ釣り場へ向けてボートを走らせることができました。

ポイントは根岸湾

今回も釣り場はいつもの東京湾、横浜根岸湾です。

ファーストヒットはジグ単で黒鯛!

まずは前日絶好調だったというポイントへ到着し、魚探の反応をチェック。

ですが…。

いねぇ、、、。

船長に聞いてみるも、前日あったバリバリ反応とは全然違い、アジの反応が消えているとのこと。

こればっかりは仕方ありませんが、ただ、魚探に映らなくてもいないことはないので、とりあえずやってみます。

すると…!?

なんと、船長のロッドが大きく弧を描いています!

船長かーい(笑)!

と、ランディングネットを持って構えていると、上がってきたのは…。

春のジグ単ボートアジング
45cmの黒鯛HIT!

見事な黒鯛でした!

いやーさすが黒鯛師!

ジグ単で黒鯛とは…(笑)。

やっぱり春の乗っ込みですかねー!

と、船中ファーストヒットは船長の黒鯛からスタートでした。

本命のアジが表層でHIT!

船長の黒鯛にはビックリでしたが、いきなりイイもん見れたので、とりあえず楽しい釣りになりそう!

今度はオレにも!

と、気合いを入れ直してみたのですが、なかなかアタリがこない、、。

これはマズイな、、、。

とここで魚探を一旦意識しないようにして、レンジを意外な表層にして、タダ巻きしてみると…。

ビビッ!

ときたアタリにしっかり合わせがキマって、その後のダッシュを見ると、アジを確信。

上がってきたのは…。

春のジグ単ボートアジング
本命のアジGET!

いました(笑)。

とりあえず僕もボウズ逃れです。

アジ、いましたね!

なーんだ、表層にいのか!

と、レンジがわかったので、その後は連発か!?

相変わらずのメバルちゃん

と、思えばそう簡単にはいかないのが釣りです。

何でかなー。

やっぱりリトリーブすると、コッチになりがちなんですよね。

春のジグ単ボートアジング
いつでも遊んでくれるメバルちゃん

相変わらずのメバルちゃんです。

ま、何も釣れないよりは良いんですが、アジを狙っている時のメバルはなぜかあまり嬉しくない…(笑)。

でも来てくれてありがとう。

やさしくリリースです。

狙えば釣れるカサゴちゃん

前日の絶好調ポイントが今日はダメ。

どこかへ群れが移動したのか?

ってことで次のポイントへ向かう。

今度は完全に風裏。

非常にやり易いけど、アジの姿は???

と、初めて見るも、アタリ全然ない。。。

その内、なんかモゾモゾするなーと上げてみると…。

春のジグ単ボートアジング
ち、ち、ち、、ちっちぇえ!

可愛い(笑)!

小っちぇーミニマムカサゴちゃんです。

食欲旺盛だなぁ~。

カサゴも定番外道だけど、ここまで小さいのは…。

アジング天国の“アジの巣”

期待していた前日絶好調のアジングポイントですが、その後チェックしてみても“釣りあるある”な感じで、「昨日は良かったんだけど状態」になっているので、移動を決断。

久しぶりに“アジの巣”へ向かうことにしました。

“アジの巣”は真冬でもアジが爆釣できるスペシャルポイント。

▶関連記事:冬なのに入れ喰い!アジの巣!

関連記事

ずっと調子が悪い横浜アジング。 陸っぱりもそうですが、沖も良い時に比べれば全然ダメ。 しばらくそんな状態が続いていたんですが、、、つ・い・に!? 冬なのに爆釣のアジの溜まり場、“アジの巣””を発見してしまいました。 […]

横浜ボートアジングでアジの巣発見!爆釣入れ食い!

水温が上がってきたらどうなるのか?

より居心地が良いところへ移動してしまっているのか、様子を見に行くことにしました。

ゴッツンバイブでアジ!

移動中、なんか良いワームないかなーとタックルを探っていると、、、。

あるじゃないですか。

鉄板バイブ。

前に同行者が鉄板バイブで良型のアジを連発させていたのを思い出し、試しに装着。

“アジの巣”へ到着し、早速投げ入れてみると、、、。

コンッ!

春のジグ単ボートアジング
コッツンバイブでアジ!

きました!!!

やったー!

コッツンバイブでもアジ釣れたー!

春のジグ単ボートアジング
食いにきてます!

リフト&フォールのフォール中にコツッ!

ときたアタリでうまい具体にフッキングしてくれました。

でも、その後も2回ほどアタリがあったんですが、これ、フッキングがイマイチですね。

アタリがあっても掛からなかったり、寄せてる間に抜けてしまい、キャッチできませんでした。

そして、スレてしまったのか、その後のアタリが続かない。

やっぱり春になるとココじゃなくてもいいってことなのかな…。

“アジの巣”のポテンシャルをあまり感じられずに移動することにしました。

ジグ単で大漁アジング!

最後は相性の良い桟橋へ向かう。

すると、ここで“春爆”が!!!

投げ入れたフォールでカウントを取っていると、そのまま一気にラインが走る!

これは…!?

とベールを返すとやっぱり掛かってる(笑)。

そしてそのまま上げてみると…。

春のジグ単ボートアジング
アジ君いたーーー!!!

いやー、この感じでアタリがくると高活性を感じざるを得ません。

期待して今度はボトムを狙ってみると連発!

連チャン!連チャン!

“春爆”キターーーーー!!!

春のジグ単ボートアジング
デカアジーーー!!!

ガンガン当たるし、デカいのも来た!

やばいーーー!!!

イイ感じです!!!

ジグ単ボートアジング本領発揮!

基本はフォールで狙っていきますが、ふと反応が薄くなった時に、ボトムのゆっくりリトリーブにするとこれがまた連発しちゃう!

しかもボトムはやっぱり良型が多い印象です。

春のジグ単ボートアジング
良型26cmのアジ!

なんでかなー。

いっつも最後の後半に連発する傾向。

だから時間が足りないんですよね。

こればっかりはタイミングというか時合いだからしょうがないかな。

そしてまだまだ魚探には反応あるけど、少しペースが遅くなってきたところで、キリがないので終了。

釣果

春のジグ単ボートアジング
ボートアジング大漁!

最終的にはアジ×24匹、カサゴ×2、メバル×3でした。

アジの最大は体高のある26cm!

まとめ

久しぶりにアジの連発を味わうことができました。

やっぱり水温が上がってくるとアジも入ってくるんですね。

しっかり“春爆”を味わうことができました!

春のジグ単ボートアジング
お刺身食うぞー!

やっぱりアジングはジグ単が最高ですね!

コツッ!

に手首でカッ!と合わせる感触。

これですよ、アジングは!

SPECIAL★TACKLE

今回使用したオススメのタックルをご紹介します。

ROD ≪34≫アドバンスメント55 FPR-55 F-tuned

このロッドの魅力は何と言っても、F-tunedソリッドティップ(穂先)。豆アジの微細なアタリも、食い上げによるテンション抜けのアタリも、僅かな潮の変化もティップに違和感として現れます。掛かればとんでもない急角度で曲がるティップですが、バットは強い。アジングはロッドを上位機種にすると確実に釣果が上がります。

REEL ≪ダイワ≫16イプリミ1003

こちらは管理釣り場トラウト向けのリールですが、もともとそのようなドラグを出しながらやり取りする釣り向けに作られているリールなので、アジングに対してもすんなり使えてしまうリールです。ATD搭載でのドラグ性能、上位機種にも使用しているIシェイプZAIONノブでのスムーズなリトリーブ、そして自重210gという軽さに惹かれて使用しています。求めればもっと上位機種を使用したいですが、リーズナブルで良いものを求める方にはおすすめです。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪YGKよつあみ≫チェルム アンバーコード SG D-PET/0.3号

アジングには絶対のエステルライン。その極細のラインだからこそアジの小さなアタリを捉えられます。ですが、弱いラインだとブチブチ切れてしまいます。その点、このアンバーコードは強度も兼ね備えているため、アジンガーの中でも評価が非常に高いです。
※ちなみに色付きより透明の方が同じ細さでも強度が高いです。

LINE ≪TICT≫ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド/3.5lb

新しく採用したフロロカーボンショックリーダー。メーカー独自の染色技術により光の乱反射を極力抑え、魚に警戒心を与えにくく、メインラインと色が違うのでラインの結束がしやすいです。これはイイ!

JIGHEAD ≪土肥冨≫レンジクロスヘッド/1.5g~2g

豆アジのかすかなバイトも高確率でフッキングする、超シャープな針先。その細く鋭く強いフックで、横浜アジンガーの間では断トツの支持率です。“掛けていく”アジングにおいて、針は『命』。信頼できるフックをメインに置きましょう。

JIGHEAD ≪34≫ストリームヘッド/1.5g~1.8g

テンションを張るだけで勝手にフッキングしてしまう、禁断のジグヘッド。
それが、ストリームヘッド。
吸い込みやすく吐き出しにくい一口サイズで口が小さく吸い込みの弱い豆アジも、捕獲率UP。
一見そのフックが大きすぎて心配に見えるけど、使ってみると普通にフッキングしてきます。

JIGHEAD ≪バークレイ≫アジデント/1.5g~2g

引き抵抗バリバリ!デント(くぼみ)が生み出す革新の効果!横アイでダイレクトなフッキング性能!さらに、絶妙なアイの角度でデント(くぼみ)による引き抵抗を強化する事で、いつもより軽いヘッドを使っても抜群の操作性を実現!デント(くぼみ)の効果で軽いウエイトでも強い引き抵抗を感じることが可能!極小バイトの感知能力UP!ショートシャンクで吸い込みやすく、且つオープンゲイブで掛かりやすさと吐き出しにくさを実現!ワームがズレにくいワームキーパー付!

スナップ ≪アクティブ≫アジスナップ/SS

スナップは接続がかんたんな8の字形状のスナップを使用。クイック系のように開いたり閉じたりの必要はなく、瞬時に取外しができます。大容量でお得なのもGOODです。

SPECIAL★LURE

今回使用したオススメのルアーをご紹介します。

LURE ≪reins≫アジリンガー

陸っぱりアジンガーに人気のアジリンガー。一口サイズのワームで、リングボディと逆テーパー形状ピンテールの波動でアジを誘います。僕は陸っぱりではサイズ感と横の動きを意識する時に使っていますが、船でも小型シルエットを意識した時に使用してみて、安定したバイトを得ることができました。

LURE ≪Maria≫アジフラッター

特徴は「ディンプルフラットテール」。この大きく幅広のテールが、潮の変化をしっかり捉え、スローにフォールさせて吸込みバイトを誘発します。一見大きすぎ?と敬遠されがちですが、使ってみればその驚くほどの集魚力にビックリすることでしょう。本当に釣れるワームです。

タックルデータ

■ロッド:≪34≫アドバンスメント55 FPR-55 F-tuned
■リール:≪ダイワ≫16イプリミ1003
■ライン:≪YGKよつあみ≫チェルム アンバーコード SG D-PET/0.3号
■リーダー:≪TICT≫ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド/3.5lb
■ジグヘッド:≪土肥冨≫レンジクロスヘッド/1.5g~2g
■ジグヘッド≪34≫ストリームヘッド/1.5g~1.8g
■スナップ:≪アクティブ≫アジスナップ/SS
■ルアー:≪reins≫アジリンガー
■ルアー:≪Maria≫アジフラッター

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

春のジグ単ボートアジング
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!