ボートアジングは好調気配から一転!?激シブ。。。

前回のボートアジングはまさに春を感じさせる絶好調な釣果。

暗黒の冬を抜け出して、ジグ単でバリバリ釣れるシーズンの到来を感じさせてくれました。

▶関連記事:春が来た!ジグ単ボートアジングで大漁!

関連記事

季節はすっかり暖かい春となり、陸っぱりのアジングでも多少数が上がるようになってきた横浜。 沖の状況はどうかと聞いてみると、前日の調査で好調の兆しが見られたということで、楽しみなボートアジングに行ってきました。 強風の中出船 […]

春のジグ単ボートアジング

これはまた行くしかない!

ってことで再び海に出たんですが…。

やっぱりアジングって奥が深いなと感じる釣行となってしまいました。。。

スポンサーリンク

ポイントは根岸湾

今回も釣り場はいつもの東京湾、横浜根岸湾です。

ボートアジング幸先良いスタート!本命のアジ登場!

激渋の横浜ボートアジング
本命のアジGET!

前回の絶好調っぷりからは、まさかあんな展開になるとは思ってもいませんでした。

本日最初のポイント。

これが早々に本命のアジが来てくれたんですよね。

やっぱり春のアジングシーズンはやってきている!

そう実感したファーストヒットでした。

でもね…。

これ、わかります???

明らかに細くないですか?

コレ、絶対に“アレ”だな、と直感でわかりましたので、食べるのが好きな僕でもリリースしました。。。
※詳しくは〘魚の病気?釣れた魚の身が異常に真っ白でブヨブヨな原因を専門家に直撃!〙をご覧ください

魚探の反応は薄い

幸先良いスタートで今回も爆釣かと思われたのですが、これが最初だけで、その後はたまにくるアタリがあっても、なぜか掛からないショートバイトが頻発。

魚探を見れは前回とは違って反応もかなり薄い。。。

これは何か違う…。

段々とその気配を感じ取っていました。

もはやボートアジング定番のゲスト

前回好調だったポイントへ行ってみても良い反応が得られないので、どんどん移動して、とにかく良いポイントを探していくことにしました。

すると表層で何かがボイルしているポイントを発見。

「あー、アレですね」

と言いながら、わかっちゃいるけど投げ込んで、リフト&フォールじゃなくて、リトリーブをしてみると…。

ズドンッ!

激渋の横浜ボートアジング
ボートアジングの定番ゲストのシーバス

はい、やっぱり~。

本当、シーバスは超かんたんに釣れる(笑)。

ルアーもほとんど何でも良いし、投げ込んで巻けば釣れるから、シーバスってかんたん(笑)。

という流行りの言い回しをさせてもらったところで、、、アジの望みは薄そうなので早々に移動。

湾奥アジングは陸っぱりと同じサイズ?

激渋の横浜ボートアジング
シャローエリアでも釣れるアジ

どんどん移動して、湾奥に進んで行くと、陸っぱりアジング勢の顔が見えそうなポイントに。

たぶん陸っぱりからだと「んだよ!アイツら!こんなトコまで入ってくんじゃねーよ!沖でやってろよ!」と、思っているんだろうなー。

なんて自分もよくそう思っていたので、気持ちがわかります(笑)。

で、一応小アジはポツポツ。

タイミングもあるとは思いますが、特別良い感じではないので再び沖へ。。。

良型混じるも終日厳しい展開なボートアジング

その後も転々として、アジの溜まり場を探すボートアジング。

本当、前回の絶好調っぷりはどこへ行ってしまったのか、、、。

また深場へ行ってしまったのか、エリアとして湾の外へ行ってしまったのか。

これだけ探し回っても大きな群れを捕えらえないんだもんな。

アジングって奥が深い。。。

どこへ行ってもショートバイトなアタリがあるだけだったり、釣れたり釣れなかったり、終日厳しい展開。

たまーに良型のアジが顔を出してくれはしましたが。。。

激渋の横浜ボートアジング
良型アジも混じる

こんなのが連発してくれればいいんだけど、もはや今宵は期待できそうにない。

激シブアジングの最後はメバル

激渋の横浜ボートアジング
定番ゲストのメバルちゃん

そんなこんなで最後の桟橋はメバルだらけ。

メバルボイルもしてるし、こりゃープラグも楽しそうだね。

ってことでメバルを入れ食ったところで、今回は終了としました。

釣果

アジ×8匹、メバル×8匹。

しょぼーんな釣果です。。。

まとめ

激渋の横浜ボートアジング
横浜沖の夜景

釣りってそういうもんです。

毎回釣れるわけでもないし、沖へ出れば確実にフィーバーするわけでもありません。

だからこそ、釣りたくてまた行っちゃうんですよね!

最後、メバルボイルが熱かったので、次回たまにはボートメバリングでもいいねと船長と話しながら帰路につきました。

SPECIAL★TACKLE

今回使用したオススメのタックルをご紹介します。

ROD ≪34≫アドバンスメント55 FPR-55 F-tuned

このロッドの魅力は何と言っても、F-tunedソリッドティップ(穂先)。豆アジの微細なアタリも、食い上げによるテンション抜けのアタリも、僅かな潮の変化もティップに違和感として現れます。掛かればとんでもない急角度で曲がるティップですが、バットは強い。アジングはロッドを上位機種にすると確実に釣果が上がります。

REEL ≪ダイワ≫16イプリミ1003

こちらは管理釣り場トラウト向けのリールですが、もともとそのようなドラグを出しながらやり取りする釣り向けに作られているリールなので、アジングに対してもすんなり使えてしまうリールです。ATD搭載でのドラグ性能、上位機種にも使用しているIシェイプZAIONノブでのスムーズなリトリーブ、そして自重210gという軽さに惹かれて使用しています。求めればもっと上位機種を使用したいですが、リーズナブルで良いものを求める方にはおすすめです。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪YGKよつあみ≫チェルム アンバーコード SG D-PET/0.3号

アジングには絶対のエステルライン。その極細のラインだからこそアジの小さなアタリを捉えられます。ですが、弱いラインだとブチブチ切れてしまいます。その点、このアンバーコードは強度も兼ね備えているため、アジンガーの中でも評価が非常に高いです。
※ちなみに色付きより透明の方が同じ細さでも強度が高いです。

LINE ≪TICT≫ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド/3.5lb

新しく採用したフロロカーボンショックリーダー。メーカー独自の染色技術により光の乱反射を極力抑え、魚に警戒心を与えにくく、メインラインと色が違うのでラインの結束がしやすいです。これはイイ!

JIGHEAD ≪土肥冨≫レンジクロスヘッド/1.5g~2g

豆アジのかすかなバイトも高確率でフッキングする、超シャープな針先。その細く鋭く強いフックで、横浜アジンガーの間では断トツの支持率です。“掛けていく”アジングにおいて、針は『命』。信頼できるフックをメインに置きましょう。

JIGHEAD ≪TICT≫アジスタ/1.5g~1.8g

細くても強い!鋭い刺さりと針先が鈍りにくく長持ちするハイカーボン素材フックを使用。ラウンドベースのヘッドで飛距離が出せ、斜め上に引くことを考慮した水受け断面で軽量でも操作感が高い!S・Mは速掛け対応のオープンゲイプ、SSは小さなアタリに対し刺さりをフォローする針先ネムリ仕様。すっぽり口に入りやすいショートシャンク。

JIGHEAD ≪バークレイ≫アジデント/1.5g~2g

引き抵抗バリバリ!デント(くぼみ)が生み出す革新の効果!横アイでダイレクトなフッキング性能!さらに、絶妙なアイの角度でデント(くぼみ)による引き抵抗を強化する事で、いつもより軽いヘッドを使っても抜群の操作性を実現!デント(くぼみ)の効果で軽いウエイトでも強い引き抵抗を感じることが可能!極小バイトの感知能力UP!ショートシャンクで吸い込みやすく、且つオープンゲイブで掛かりやすさと吐き出しにくさを実現!ワームがズレにくいワームキーパー付!

スナップ ≪アクティブ≫アジスナップ/SS

スナップは接続がかんたんな8の字形状のスナップを使用。クイック系のように開いたり閉じたりの必要はなく、瞬時に取外しができます。大容量でお得なのもGOODです。

SPECIAL★LURE

今回使用したオススメのルアーをご紹介します。

LURE ≪reins≫アジリンガー

陸っぱりアジンガーに人気のアジリンガー。一口サイズのワームで、リングボディと逆テーパー形状ピンテールの波動でアジを誘います。僕は陸っぱりではサイズ感と横の動きを意識する時に使っていますが、船でも小型シルエットを意識した時に使用してみて、安定したバイトを得ることができました。

LURE ≪一誠≫スパテラ/2inch

水を噛むリブを持つ生命感あふれるボディ。中心部は細く、細かいロッドワークにも対応し、ナチュラルにアクションをテールまで伝えます。超小型パドルテールが水に絡み、プロップアクションやイレギュラーアクションで魚を誘います。

タックルデータ

■ロッド:≪34≫アドバンスメント55 FPR-55 F-tuned
■リール:≪ダイワ≫16イプリミ1003
■ライン:≪YGKよつあみ≫チェルム アンバーコード SG D-PET/0.3号
■リーダー:≪TICT≫ライトゲームコンパクトショックリーダー ボルドーレッド/3.5lb
■ジグヘッド:≪土肥冨≫レンジクロスヘッド/1.5g~2g
■ジグヘッド≪TICT≫アジスタ/1.5g~1.8g
■スナップ:≪アクティブ≫アジスナップ/SS
■ルアー:≪reins≫アジリンガー
■ルアー:≪一誠≫海太郎スパテラ/2inch

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

▶関連記事:春が来た!ジグ単ボートアジングで大漁!

関連記事

季節はすっかり暖かい春となり、陸っぱりのアジングでも多少数が上がるようになってきた横浜。 沖の状況はどうかと聞いてみると、前日の調査で好調の兆しが見られたということで、楽しみなボートアジングに行ってきました。 強風の中出船 […]

春のジグ単ボートアジング

▶関連記事:魚の病気?釣れた魚の身が真っ白ブヨブヨ

関連記事

釣り人の皆さんなら見かけたことはあるのではないでしょうか? いや、もしかしたら気づかないで、気にしないでそのまま食べてしまっている方も多いかもしれません。 捌いてみたら、なんか“身が異常に真っ白でブヨブヨ”な個体が…。 […]

魚の病気?身が異常に真っ白でブヨブヨな魚

激渋の横浜ボートアジング
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!