バチコンアジングで「尺アジ」を狙いに川崎遠征!

僕がいつもボートを出してもらっているのは根岸湾。

ですが、散々やっても“尺超え”のアジが出ません。

知人や船長も、毎日のように頻繁に出船していても、最高で28cmと、そこまでのサイズが釣れない。

これは釣り方と言うよりも、やはりポイントの問題が大きいと思います。

かと言って、根岸湾内のポイントはほとんど行き尽くしているはずなので、こうなってくると、そういう大型サイズのアジは根岸湾外にいるのではないか?

段々とそう考えるようになっていたんです。

スポンサーリンク

尺アジが釣れる横浜沖第一新堤

根岸湾以外でボートアジングに行くとしたら、隣接する横浜港〜川崎エリア。

その中でも、横浜の沖堤防の一つ、第一新堤には数年前に渡船したことがありますが、夜通しで尺アジ級を始め、良型を連発させたことがあります。

船長の話だと、昔から黒鯛狙いで通っていたけど、見ているとあそこでは尺アジがよく釣れていたそうです。

やっぱりあの、堤防によって狭まった湾口が強い流れを生み出すから、大型のアジを始めとした色々な魚を呼び込むのでしょうね。

そんな第一新堤の近くでやったらどうなんだろう?

尺アジ出ちゃうんじゃないの?

と、思いましたが、色々と問題があるようで、、、。

しかも今回は「超ベタ凪」。

風波があると外海に出れないのですが、こんなベタ凪はそうそうないってことで、せっかくなので、普段行けない川崎まで足を伸ばすことになりました。

川崎遠征バチコンアジング

川崎エリアには有名なアジングポイントがあります。

知人はアジングでは行ったことがないみたいですが、昔、黒鯛釣りで行ったことがあるとのこと。

黒鯛は魚影が濃いみたい。

でも実際、アジはどうなんでしょうね?

噂通りの爆釣があるのか?

そして尺アジは出るのか???

楽しみで仕方なかったです。

先行者あり

かなり時間を掛けて川崎のポイントへ到着。

と、まあなんとも、、、、実際行ってみるとものすごい雰囲気のあるポイントでした。

要塞みたいな、秘密基地みたいな感じもして、全体に明かりが灯り、無数の明暗ができています。

これはアジングをするには絶好のポイントと言った感じだ。

一旦、全体をぐるぐると回ってみると、一箇所中央付近に別のボートが入っている。

先行者だ。

遠目だけど、釣り方を察するにアジングと思われるので、どうやらここで間違いはないようです。

常夜灯周り

中でも一際目立って1点を照らしている常夜灯に注目して、その周辺の魚探を見てみると、、、。

全体に広がる魚の反応!

…ですが、おそらくこれはイワシ。

もっと固まったような赤い反応が欲しいんだけど…。

と、あまり良い反応は出ないものの、その常夜灯周辺でゆっくり流していると、若干赤くなる濃い群れを捉えたので、釣り開始。

しかし…。

1度だけブルッとバイトがあったものの、それ以降は反応なし。

魚探もそれっぽい反応は出るものの、一瞬で通り過ぎるといった感じみたい。

なので引き続き周辺を回りながら、たまに落として様子を見るといった状態が続きました。

ボートメバル?

そんな感じで釣りをしていると、時々新たな船が現れ、しばらく釣りをしては帰っていく。

トータルして自分たち含めて5隻ほど見かけました。

それだけのポイントなんだろうと思いましたが、爆っているような雰囲気はどの船も出していないし、それほど粘らずに帰っていくところを見ると、釣れていないのではないか。。。

何隻かはキャスト位置や回収時間などを見て、ボートメバルかな?と思わせる船もありました。

メバルなら良さそうでしたけどね。

撃沈

でも僕らの狙いはアジ。

ボトムにいるであろう良型のアジ、尺アジを狙いにわざわざ遠征してきているんだから。

と、僕らの意気込みはあるんですが、、、、如何せん魚探にアジの反応はほぼなし。

ボトムにチラチラは反応出る時はありますよ。

でもこれはホームの根岸湾と一緒です。

あまり期待できません。

というか、ホームならこの状態でもカサゴとかメバルとか、外道が釣れてきてくれるんですが、ここ川崎は外道すら来ない。

雰囲気は抜群なのに、、、、、全然だめや!

結局、この場所で1時間半ほど粘ってみましたが、1バイトのみで終了。

諦めてホームで少しやることにしました。

ホームの根岸湾へ帰還!

再び時間を掛けてホームの根岸湾へ。

途中、どこか寄れないかと思いましたが、寄り道をしていると根岸湾でやることはできないということでしたので、ポイントがわからない場所で探るよりも、ホームへ直行しようということになりました。

そして40分ほど掛けてホームの根岸湾へ帰還。

もうすでに出船してから3時間ぐらい経過してしまっていましたが、ラスト1時間だけやってみることに。

カサゴ連発!

いつもの定番ポイントへ入ってみる。

魚探の反応は相変わらずだ。

でもやっぱりここは少し違います。

ボトムを狙っていればコイツが顔を出してくれるんです。

ボートアジング川崎遠征撃沈
可愛いサイズのカサゴちゃん

やっぱりホームだな(笑)。

これはサイズが小さいのでリリースだけど、やっぱりアタリがある、魚が釣れるって嬉しいですね(笑)。

しかし、あれだけ粘って釣れない川崎って何だったんだろう。。。

なんて考えつつ、リグを落としていくと…。

ゆっくりリフトしようとした時、ボトムのワームが咥えられているような感触にスイープに合わせ!

はい、掛かりました~!

重量感があって走らない。

となると、やっぱりこれはアイツ。

ボートアジング川崎遠征撃沈
良型カサゴ君

はい、またしてもカサゴ君~!

サイズはなかなか良かったですが、なんか今回はもう「川崎ショック」を引きずっていて、お持ち帰りする気力がなかったのでリリース。

でもいますねー。

うん。

やっぱり根岸湾、カサゴ君はいっぱいいます。

メバルボイル!

それが感じられて、なんとなく安心したのはなぜだろう(笑)。

で、アジが釣れないので移動。

今度は以前、まあまあ釣れたアジの巣の近くに来てみたのですが、こちらも反応薄っ…。

アジ、厳しいなー。

ということで、ちょっと壁際のメバルを狙ってみる。

僕はジグ単しかなかったので軽いジグ単に変更して、表層気味をゆっくりリトリーブ。

すると一発!

ボートアジング川崎遠征撃沈
可愛いメバルたん

可愛いメバルが釣れてくれました。

やっぱりいますね。

メバル、カサゴは本当に狙えば簡単に釣れます。

元気なうちにリリース。

ちょっと見渡すとボイルも起きているので、知人にプラグを勧めてみると、これまた一撃!

この1発で知人はプラグでのメバリングに目覚めてしまいました(笑)。

そこでしばらくメバリングを楽しみ、今回の釣行は終了。

そしてどこからともなく、、、。

「もう川崎は二度と行かない」

なんて声が聞こえてきたのは気のせいだろうか(笑)。

釣果

カサゴ×5匹、メバル×2匹。

まとめ

今回は有名な川崎のポイントまで遠征して、バチコンでの尺アジを狙ってみたのですが、まさかの撃沈!

尺アジどころか、アタリが1回あったのみに終わるなんて、まさかのまさかでした…。

まータイミングとかもあるんでしょうけど、やっぱりアジングって奥が深いですね。

難しいなぁ~。。。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

ボートアジング川崎遠征撃沈
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!