冬のシーバス釣りは夜磯からの砂浜サーフで意外な場所でエラ洗い!/三浦半島東部≪前編≫

冬のシーバス釣り。
前回の釣行では夜磯からスタートして、朝マズメは新規開拓のために初めてのポイントに行ったものの、強烈なウネリに翻弄されて撃沈してしまいました。

▼関連記事:超爆風の夜磯から朝マズメの初磯で撃沈!

関連記事

季節は荒喰いシーバスのハイシーズン。でもあまりにも爆風過ぎるし、天気予報も良くない。釣れる釣れないと言うより何となく面倒臭くなるような状況ですよね。行こうか行かまいかとても悩みました。 でも、『Let's ACTION!』。やっぱり[…]

三浦半島夜磯撃沈

そこで今回のプランは、同様に夜磯からスタートして、後半はサーフへ行って朝マズメにシーバスとヒラメを狙っていくという作戦です。

スポンサーリンク

冬のシーバス釣りは夜磯から開始

まずは夜磯から開始。

期待のポイントに到着すると、意外にも先行者の姿がありませんでした。

釣れていないのか?

と釣況が気になるも、人が少なければ撃ちたい放題なので、お決まりの立ち位置から開始して、少しずつズレながら探っていくことにしました。

大体ちょうど良い時間を狙って来ていたので、釣りを開始してしばらくした頃に時合いの時間に突入。

多少の横風が吹いていてやり辛い感はあったのですが、、、。

ノーバイト。。。。

夜磯では3時間。

そこそこ粘ったのですが、やっぱり横風によるやり辛さがあってモチベーションが保てない部分もあり、早々に切り上げることにしました。

朝マズメに向けて砂浜サーフへ移動

夜がダメでも朝がある。

朝のマズメ時はいつでもチャンスがあります。

もちろんただ単純に「マズメ時」と言うだけより、“潮の動き”とマッチする時の方が確率が高く、今回もそんな潮回り。

風も避けれそうだし、朝マズメに向けて今度は砂浜サーフに移動することにしました。

冬のシーバス釣り後半は砂浜サーフで狙う

冬のシーバス釣り後半は、砂浜サーフに移動し、朝マズメのゴールデンタイムに狙いを定めて釣りを開始しました。

砂浜サーフの狙い目は「流れ」「根周り」など変化のある所

だだっ広い砂浜サーフの狙い目は、手元で感じる「流れ」の変化や、「潮目」や「根周り」など、“変化のあるところ”を狙ってランガンしていきます。

でも僕は何度も来ているサーフ。

どこらへんに根があるというは大体把握していたので、最初は「流れ」を強く意識して魚の着き場を探していました。

砂浜サーフの意外な場所でエラ洗い!

頭の中にある地形と合わせてイメージを膨らませ、流れを感じるところは特に集中力を高めてリトリーブ。

しかし、、、。

全然アタリが来ません。。。

一番可能性を感じていたスポットで反応がなく、「また朝マズメになったら戻って来てみよう」と、そのまま続けてランガンしていきました。

やっぱり期待していたスポットを外せば流れはなく、「スカスカだなー」なんて独り言まで出てしまうほど。

こういうところはチャッチャと行こうと、あまり考えもしないでリトリーブしていたその時でした。

ズドンッ!

と引っ手繰るような強烈なバイト。

意外や意外。

まさかの「ノー感じスカスカスポット」でHITしてしまいました(笑)。

まさかの場所でのHITに戸惑いながらも、イイ感じに引いてくれる魚を冷静に寄せてくる。

暴れて飛沫を上げる魚。

最後は波に乗せて一気にズリ上げる…!?

上がってきたのは…。

三浦半島のサーフでシーバス引っ手繰りバイト!
無事にランディング成功!
三浦半島のサーフでシーバス引っ手繰りバイト!
綺麗なサーフシーバス!

本命のシーバスでした。

HITルアーは知る人ぞ知る、NL-1!

三浦半島のサーフでシーバス引っ手繰りバイト!
入手困難!幻のルアーNL-1でHIT!

まだ朝マズメの時間まではそこそこ時間があるタイミング。

しかもこんな流れのない場所で…。

意外すぎる場所でのHITに少し変な笑いすら出てしまいましたが、とにかく釣れてくれて良かったです!

釣果

とりあえずシーバス×1匹GETしました!

夜磯は釣れなかったけど、サーフに移動して意外とそんなに時間も経たない間に釣れてくれました。

まとめ

基本的にどこのシーバス釣りでも、僕が強く意識しているのは“流れ”

「流れ」を感じるところ、「流れの変化」があるところを意識して攻めて結果を残していますが、今回はそんな常識を覆す結果にビックリしました。

でも、釣りに”絶対”はないし、そういったところにも魚はいるんだということが知れて良かったし、ランガンしながら適当に投げてみるのも大事だな(笑)と感じた瞬間でした。

そしてこの後、さらに驚きの出来事があったのですが、、、!?

↓↓↓ 続きは下へ ↓↓↓

SPECIAL★TACKLE

今回使用したオススメのタックルをご紹介します。

ROD ≪パームス≫ショアガン SFGS-103M

サーフはもちろん磯マルゲームでも重宝するレングス。色々なルアーを投げれるMクラスだけど食い込みは良く、シーバスだけでなくヒラメゲームでも十分使えるオールラウンダーロッド。

REEL ≪ダイワ≫19セルテートLT3000XH

かつてのセルテートと比べ、モノコックボディを採用することによりさらに強靭かつ軽量なボディになり、回転性能はこれまでのDAIWAリールのイメージを変えるほどのスムーズさを実現しています。個人的には今一番欲しいリール。セルテートのファンはやっぱりセルテートを選ぶでしょう。※僕が使っている10セルテート3012Hはすでに廃盤

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪シマノ≫ピットブル4/1.5号

大手メーカーの信頼感。それでいてリーズナブルさが人気のラインです。特にこだわりがなければこれで十分!

LINE ≪DUEL≫ハードコアパワーリーダー/20lb

フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン®」を採用 したハイブリッドショックリーダー。フロロだけどしなやかみたいか感じがとてもGOODです。

SPECIAL★LURE

今回使用したオススメのルアーをご紹介します。

LURE ≪Maria≫フェイクベイツNL-1

廃盤ルアーのNL-1

知る人ぞ知るMariaの廃盤シーバスルアー。三浦半島では驚異的に釣れることで有名だけど、世間受けせずに悲しくも廃盤になってしまいました。もはや中古店で見つけるかオークションで買うしかないですね。

タックルデータ

■ロッド:≪パームス≫ショアガン SFGS-103M
■リール:≪ダイワ≫10セルテート3000
     (19セルテートLT3000XH)
■ライン:≪シマノ≫ピットブル4/1.5号
■リーダー:≪DUEL≫ハードコアパワーリーダー/20lb
■ルアー:≪Maria≫フェイクベイツNL-1

↓↓↓ 続きはコチラ ↓↓↓

>>>まさかの超表層デカヒラメ!冬のサーフでヒラメ釣りは夜が熱い!?/三浦半島東部≪後編≫へ続く

三浦半島のサーフでシーバス引っ手繰りバイト!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!