向かい風が激アツ!?風が強い日のアジングも釣れる!

今回はアジングのポイント選びの参考にもなる、「風」と「アジング」のお話です。あまりにもやっている人が少ないので、意外と思われるかもしれません。

スポンサーリンク

風が強い日のアジングポイントはどこ選ぶ?

アジングをしに行く時、皆さんはどのようなポイントを選びますか?
リグがとても軽いライトゲームなので、当然、風を意識してポイントを選択すると思いますが、風が強い日はどうしていますか?

『風裏』『横風』『風表』。

釣り場によって風を受ける方向は違ってきたりしますので、その場所そのポイントでどのような風向きになるかを気にして選んでいるのではないでしょうか。
それでは、それぞれ強い風を受ける場所でアジングをしたらどうなるのか、考えてみましょう。

風裏のポイントでアジング

風が強い日に風裏に逃げる。多くの人がこれを選択するのではないでしょうか。背後に建物や山のような存在があれば無風に近い状態で釣りができるので、一番やり易い状況ですね。
遮るものがなかった場合、“追い風”の状況になって、飛距離が伸びたり投げやすいといった状況になりますが、ロッドを立てて操作することの多いアジングには、ティップが動かされたり、糸フケが舞ってしまったりするので、とてもやり辛いです。

横風のポイントでアジング

横から強風が吹くような状況下でのアジング。
はっきり言ってめちゃくちゃやり辛いです。
竿は振られるし、糸フケは大きく、風でラインもリグも流されまくりです。このようなポイントで頑張るぐらいなら、別の場所へ移動するほうが良いでしょう。

風表のポイントでアジング

強風が吹く風表=向かい風。当然ながら全然飛びませんね。
ルアーは飛ばしてナンボで、なるべく飛距離を稼いで広範囲に探るのが当たり前。やっているのはアジングで、使っているリグはルアーというより、1gにも満たないような超軽いジグヘッドを使っているんだから、強風向かい風なんて飛ぶわけないし釣りにならない。、、、ですよね。
しかしこれは“普通”の考え方。
今回のお話はここにフォーカスしていきます。

風が強い日のアジングで選んではいけないポイント

まず風が強い日に選んではいけないアジングポイント。

横風のポイントは選ばない

これはズバリ横風のポイントです。
先ほども伝えたとおり、爆風時の横風ポイントでのアジングは無謀です(笑)。風の強い日は避けたほうが良いでしょう。リグの位置も、アタリも何もわからない状況で、やり辛いったらありゃしないと思います。
しかし多少の風なら、この風を使ってドリフトさせたり、リグの重さを調整して攻めることも可能です。上手な方はなんのそので釣ってしまうかもしれませんが、初心者の方にはかなり難しいです。どうしてもその場所でと言うなら頑張ってください(笑)。

風が強い日のアジングで選ぶポイント

それでは、風が強い日のアジングポイントで選ぶべきポイントはどこなのでしょうか?

向かい風の強い日のアジングでも釣れる!

風裏のポイントを選ぼう

まずは風裏のポイント。
これは普通に皆さんが選択するポイントだと思います。風予報を見て、風裏で釣りがしやすいポイントを選ぶと思います。
これは間違ってはいません。ただひとつ、覚えておいたほうが良い重要なキーワードがあります。

『釣りがしやすい場所に魚がいるとは限らない』ということです。

つまり、これは人間都合であり、釣り人の都合で“風裏に逃げている”だけで、必ずしも魚が風裏にいるとは限らないんです。魚釣りにおいて考えなければならないのは“魚の都合”。これに尽きます。
この考えはアジングに限らず通用しますので、頭に入れておくと良いと思います。

風表のポイントを選ぼう

そしてもう一つ。
今回の本題に繋がる『風表=向かい風』にフォーカスしていきます。
実は強風向かい風でもアジングはできるんです。いや、“できる”どころか、意外にも多くの魚がストックされている場合があります。
だから外せない場所。それが『風表』。

風表=向かい風が激アツ!?な理由

アジングにおいての強風『風表=向かい風』なんて、普通に考えれば狙わない場所ですが、敢えての風表、敢えての向かい風がアツい理由があるんです。

ベイトが寄る

強風時はその風によってベイトが寄せられている可能性が高いです。アジングにおいては、アミなどのプランクトンや小魚が手前に寄せられていることが多いので、沖にいるアジがそのエサを追って近場に寄っている可能性も高いです。

足元で釣れる

ベイトが岸際に寄せられていると、魚もそれにつられて手前にいることが多いので、心配されている飛距離は実はそこまで重要ではないんです。できるだけ飛ばして長く誘えればそれだけチャンスは増えますが、実際5mぐらいしか飛ばなくても釣れることはあるし、足元で釣れてしまうことも往々にしてあるので、そのような場合はむしろそこまで飛ばさないほうが手返しが良くなるという考えもあります。

活性が高い

強風で波立った海面により魚の警戒心が弱まり、さらにエサが集まっていることによって、フィッシュイーターの活性も高まっていることが多いです。ベタ凪より多少荒れていたほうが釣れるってやつですね。

人がいない

そしてやっぱり人がいないのもメリット。
やっぱり強風向かい風は多くの人が避けてしまうので、空いていて狙えるスポットが多くあると思います。どんどん探ってオイシイ思いをしちゃいましょう。

向かい風が強い日のアジングの釣り方

そして重要なことを一つ。
いくら強風向かい風が激アツと言っても、釣り方が重要なんです。
強風向かい風でのアジングでも、できるだけ軽いジグヘッドを使うのがコツです。風が強いので飛ばしたくなる気持ちはわかりますが、そこで重めのリグを選択してしまうのは“普通”なんです。
そうではありません。
そんな状況でさえ、敢えての軽いリグで攻めるからこそ、アツいんです。
想像できると思いますが、横風だとリグが横に流されてしまって岸から全然離れません。正面からの向かい風のほうがまだ飛んでいくので、強気に軽くしていきましょう。

実釣で証明!向かい風アジング

今年は例年に比べて全体的に不調な横浜アジング。
なので爆風向かい風の釣行でも豆アジ+ゲストしか釣れていないのが、少し映えなくて残念ですが、、、。実際にそんな状況で釣れた記事がコチラです。

▼関連記事:強風続きの秋!横浜アジングは豆アジに定番ゲスト

関連記事

次の休日までの間の夜散歩、『横浜アジング』。しかし最近の夜は強風が吹き荒れることも多く、その予報を見た時点で行くことを諦めることは本当に多い。それに加えてイイ話も全然ない、、、なんて状況だけど、調査のためにひとっ走り行ってきました。 […]

爆風の中横浜アジング

こちらの釣果は全て爆風向かい風での釣果です。

近年では3年前が横浜アジングの爆当たり年でしたね。
なのであの時はちゃんと写真映えするような23cmアベレージのアジが、爆風向かい風でもポンポンと釣れていたんですけどね。。。

向かい風アジングでゲストを狙う方法

ちなみにこの記事で触れていますが、このような強風向かい風の状況下ではアジだけでなく、ゲストのメバル、シーバスやキビレなど、他の魚も良く釣れます。しかも狙うと高確率で釣れるんですが、どうやって狙うかというと…。

『壁際』をタイトに狙うんです。
できればそこに明暗が伴えばさらに良いですが、そうでなくても良いです。先ほども説明しましたが、やはりそこにベイトが寄るんです。そして、壁際にタイトにルアーを通すことにより、壁にピタッと着いてエサを待ち構えているメバルなどのフィッシュイーターが釣れやすくなります。

まとめ

今回はアジングのポイント選びの一つとして、参考にしていただきたく、実体験をもとに記事にしました。このような強風向かい風の中でアジングをしていると、ほとんど他のアングラーは来ません。背後に車が通るようなところで一人ポツーンとアジングしていると、何台も通り過ぎていきますし、たまに速度を緩めて様子をうかがうような車もいますが、降りるまでもなく過ぎ去っていきます。
「あいつこんな爆風の中何やってんだ」「釣りになってねーよ」と、鼻で笑っているのが想像できますが、実はこっそり釣っているのです(笑)。

向かい風の強い日のアジングでも釣れる!

所謂“思い込み”
もし、「強風でやるところないや…」と、釣りをしないで諦めて帰ろうと思うぐらいなら、一回試しに竿を振ってみたほうが良いと思います。絶対ではないですが、意外にも魚の反応を得られることにビックリするかもしれません。

向かい風の強い日のアジングでも釣れる!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!