ハゼは夜釣りでも釣れる!“釣り方”を知れば数釣りも可能!

ハゼは夜も釣れるのか?

これって僕もかなり気になってたんですよ。

僕の場合は、夜にハゼを釣って、そのまま朝から「ハゼを泳がせてマゴチを釣る」というスペシャルプランを成功させるために、知りたかったこと。

昔、何度かチャレンジしてほとんど釣れなかった経験から、ハゼの夜釣りは釣れないと思っていたんですが、、、。

今年、その考えは180度変わりました。

ハゼは夜釣りでも釣れる!

しかも釣り方を知れば数釣りも可能だということを言い切ります!

今回はそんなハゼの夜釣りについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

初心者におすすめの「ハゼ釣り」

マハゼ釣りで爆釣!横浜の岸壁からちょい投げで大漁GET!
お手軽すぎるハゼ釣り

そもそもハゼ釣りってどうなの?

楽しいの?

って話なんですが、これはもう何と言おうと『楽しい』の一言。

釣り自体楽しいし、数も釣れるし、食べても美味しいし、釣りを始める初心者の方にもおすすめ。

ファミリーフィッシングとして見ても、その中でも、特におおすめしたい釣りの一つですね。

ハゼ釣りのタックル

タックルもシンプルなのはGOOD。

ハゼ釣りちょい投げのタックル

ちょい投げタックル
ちょい投げタックル

僕的にはタックルは、アジングやメバリングといったライトソルトルアータックルがおすすめです。

ちなみに今年僕はアジングタックルで、アジ・カサゴ・タチウオ・ヒラスズキ・黒鯛・シーバス・カワハギ、その他外道等、もう色々と釣っちゃってます!

TAK
TAK
本当、アジングタックルって便利です(笑)

…が、絶対にこれじゃないとダメという訳ではないので、一般的なちょい投げタックルでもOKです。

そんな感じで、ハゼ釣りってとても簡単に楽しめるのがいいですよね!

ハゼの釣り方

そんなハゼですが、本当に簡単に釣れるの?

ってことで、釣り方をザッと見ていきましょう。

ハゼの釣り方は基本的に3種類。

「ミャク釣り」と「ちょい投げ」、そして「ウキ釣り」です。

ハゼを狙うポイントが、立ち位置から近いのか遠いのかで使い分けると良いでしょう。

ミャク釣り

ミャク釣りは、基本的にリールを使わない“のべ竿”でやることが多く、天秤やウキを使わないで、針と糸、あとは小さなガン玉ぐらいで楽しむ、とてもシンプルな釣り方です。

糸や竿先の変化、指先へのアタリを感じて釣っていきます。

竿が柔らかく大きく曲がるので、小さい魚でもやり取りはめちゃくちゃ楽しいです。

岸から近くて竿の長さ分ぐらいの近距離で、浅いポイントだったら、のべ竿が有利です。

ちょい投げ釣り

釣り初心者なら誰でもやったことがあるでしょう。

オモリ付きの天秤や中通しオモリを使って、ちょいっと投げて、底をズル引きして誘う釣り方ですね。

岸から離れたところを探りたい時はちょい投げで狙うと良いでしょう。

キスも良く釣れますよね!

ウキ釣り

小さいお子様なんかは、ウキ釣りで狙ってみるのも良いです。

アタリがウキの反応で目で見えるので、手元でアタリが取れなくても大丈夫です。

ミャク釣りの仕掛けに玉ウキをプラスするぐらいのシンプルな仕掛けでOK!

ハゼは真昼間でも釣れる

そんなハゼ釣りの何が良いって、やっぱりハゼは真昼間でも釣れるってのがいいですよね!

早起きが苦手な人なんて最高です。

TAROU
太郎
朝マズメに行かなくてもいいのは楽だワンね。

僕みたいに本来は他の釣りへ行く予定だったのに、寝坊してふてくされた時の代替釣行としてもおすすめです(笑)。

ファミリーフィッシングなんかの場合も、そんなに釣りに興味がないお母さんなんて、早朝に起きてとか言ったら付いてきてくれないですよね。。。

でもハゼ釣りは大丈夫。

家で朝ごはん食べてからでも全然余裕だし、なんだったらお昼ご飯食べた後でも大丈夫。

なぜなら、ハゼは“条件次第で”真昼間でも釣れるからです。

条件次第、、、?

はい。

この条件が大事です。

ハゼは“上げ潮”の潮位が高い時が釣れる!

ハゼを釣るために知っておきたい大切な条件。

それは「上げ潮」と「潮位」です。

上げ潮とは?

上げ潮とは、読んで字のごとく、潮が上げている状況のことです。

潮の満ち引きと言えばわかりやすいと思いますが、それで言う、潮が満ちていく方向へ向かっている潮の動きのことを“上げ潮”と呼んでいます。

つまり、干潮から満潮へ向かっていく時間帯のことですね。

ちなみに満潮から干潮へ向かう潮の動きは“下げ潮”と呼びます。

潮位とは?

潮位とは、潮の干満によって変化する海面の高さのことです。

ハゼ釣りに限らず、釣り全般において潮位はかなり重要な要素なので、常に潮位を意識しながら釣りをしていくと、“釣れる潮位”があるということを知ることができるでしょう。

また、釣りにおいて、潮位を気にしていると安全面でも役に立ちます。

何も考えずに海で遊んでいると、潮が引いている時間帯に行けた磯の先っちょが、いつの間にか潮が満ちてきて帰れないなんてことにもなりかねません。

この場所は潮位〇cmならこの高さなんだなと知っておくと、色々な意味で役に立つでしょう。

タイドグラフをチェックすべし!

ハゼは夜釣りでも釣れる!“餌”と“釣り方”を知れば数釣りも可能!
タイドグラフ

タイドグラフには、エリアによって異なる「潮回り」や「満潮時間」「干潮時間」が記載されています。

ズバリ言いますが、ハゼが釣れやすいのは“上げ潮の潮位が高い時”です。

上図のグラフで言うと7:00~10:00ぐらいがチャンスタイムでしょう。

潮位を知るには潮時表といった小冊子が販売されていることもありますが、今や無料のアプリもあるのでそれを活用すればいいでしょう。

ハゼは夜に寝ている説

ハゼは夜釣りでも釣れる!“餌”と“釣り方”を知れば数釣りも可能!
夜釣りで釣れたハゼくん

そんな愛しいハゼ君たち。

ハゼって夜はどうしているのか?

夜でもハゼは釣れるのか?

これね、僕、昔に一度調査しに行ったんです。

調査と言うか、所謂“ハゼマゴチ”と言って、ハゼを泳がせの餌にしてマゴチを狙うと言う釣りをやるために、まずは夜、ハゼを釣りに行ったんです。

計画では、そこでハゼをたくさん釣って、朝移動してマゴチを釣っちゃうって予定だったんですが、この時の夜のハゼの行動が驚きだったんです。

夜、ハゼを探しに行った2箇所目でハゼを見つけました。

でね。

その目の前にエサを落としたんですよ。

そうしたら、、、。

全く見向きもしないんです。

完全に、そして完璧に、アイツの目の前に、アイツの口の前にエサを落としてるんですよ。

なんなら頭の上からエサが滑り落ちてるんですよ(笑)。

それなのに全くエサを食おうとしない。

TAK
TAK
これにはビックリでした!

あれにはビックリと言うか、もう衝撃でしたよ。

もうこれ、完全に寝てるでしょってね(笑)。

あれから僕はハゼは夜は釣れないと思い込みました。

だから狙いに行ってなかったんですよ。

でも、今年またハゼマゴチ釣りに行きたくて、もう一度チャレンジしてみたんです。

ハゼの夜釣り。

そうしたらまたしても、、、。

驚きの結果になっちゃったんです!!!

ハゼは夜釣りでもバリバリ釣れる!

東扇島西公園でハゼマゴチ釣りリベンジ!
入れ食いも可能!

結果から先に言っちゃうと、今年のハゼの夜釣りは爆釣!

入れ食いでした(笑)。

昔のアレは何だったんだって感じですが、、、。

でも当時はあまり潮位や潮の満ち引きを意識していなかったのは事実。

となると、単純に“夜だから”とかいうわけではなく、夜でもやっぱり潮位によって食いに差がでるのかもしれません。

現にこの爆釣した日の潮は最高。

満潮へ向かっていく潮位が高いのタイミングでした。

釣り方はちょい投げでもミャク釣りでも釣れましたが、上げでかなり手前に寄ってきていたのでミャク釣りで爆釣でした!

ハゼを夜釣りで釣るなら餌が重要!

ハゼは夜釣りでも釣れる!“餌”と“釣り方”を知れば数釣りも可能!
アオイソメバクバク!のハゼ釣り

そして夜釣りでハゼを釣るにはエサも重要です。

おすすめできないのは疑似餌です。

ガルプやパワーイソメはあまり釣れません。
釣れないことはないと思いますが…

夜は視界が悪いこともあるので、特に匂いが強いエサが有効になってきます。

おすすめはアオイソメ。

TAROU
太郎
アオイソメは太目でエサ付けがしやすいからおすすめだワン!

やっぱりアオイソメはエサ持ちも良いし、釣れますよ。

1cmぐらいの大きさにカットして針付けしていきましょう。

夜釣りのハゼの釣り方のコツ!

夜のハゼは日中に比べて動きが弱いと言います。

なので、誘いはゆっくりに誘うと良いでしょう。

それと、合わせも即合わせはしません。

ゆっくり乗せるようなイメージで合わせていくと針掛かり率が高いです。

コツを掴んでからは、簡単に釣ることができるようになりました。

それともう一つ。

基本的にはハゼは結構まとめて溜まってるので、同じ箇所を何度も狙っていくのは良し。

でも、少し反応がなくなったと思ったら迷わずランガンしましょう。

ちょっと離れただけですぐ入れ食いになることがあります。

きっと浅瀬に入ってきたばかりのフレッシュな魚が反応してるんでしょうね。

まとめ

ということで今回は、ハゼの夜釣りについてまとめてみました。

仕事が遅くて夜からしか行けないという人もいるでしょう。

後は僕みたいに夜ハゼを釣って、朝からそれを泳がせて大物を狙いたいといった場合もあるでしょう。

そんな時はタイドグラフを気にして“潮”を見て作戦を練ってみてください!

▶関連記事:マハゼ釣り爆釣!岸壁でちょい投げで大漁

関連記事

前回の記事の続きです。 前回は、横浜の岸壁でジャンボギスが釣れる模様をレポートしました。 ハゼ狙いだったんですけどハゼがイマイチで、その代わりにジャンボギスを始め、キスが連発してくれたんですね。 それはそれで楽しかったし[…]

マハゼ釣りで爆釣!横浜の岸壁からちょい投げで大漁GET!

▶関連記事:ハゼ釣りの特エサ「冷凍生ホタテ」で連発!

関連記事

海の公園でSUPフィッシングをして、マゴチを狙って撃沈、、、。 本命らしきバイトがあったものの、まさかの合わせ切れでPEラインが途中からぶっち切れたので、意気消沈して納竿しました。 しかし、この時間で釣りを終了すること[…]

ハゼ釣り好調!ホタテ餌で釣れる!

▶関連記事:お昼の釣りは「ちょい投げ」ハゼ釣り

関連記事

寝坊した。 本当は青物がハイシーズンの磯へ行きたかったんですが、普通に寝坊しました…。 うわ! っと飛び起きたのがまさに朝マズメ(笑)。 時計をみてもう行く気がなくなりました。。。 やっぱり青物と言っ[…]

昼からちょい投げハゼ釣り!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

ハゼは夜釣りでも釣れる!“餌”と“釣り方”を知れば数釣りも可能!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!