Youtube動画も配信予定!

〔続〕狂敵新型コロナウイルスが釣り業界を蝕んでいる

2019年12月12日にはじめて中国武漢市で症例が確認されてから4か月。
新型コロナウイルスは未だワクチンが発表されず、感染者を増やし続けています。
その数は全世界で50万人、日本国内においても1,500人(2020年3月28日時点)を超えていて、事態は深刻な状況です。

そんな中、私達釣り人にとっても無視できないほど、釣り業界への影響がさらに深刻化してきてしまいました。

スポンサーリンク

外出自粛

東京都内で新型コロナウイルスの感染者急増 、『オーバーシュート(感染爆発重大局面)』 を受けて、 東京都・神奈川県は、 今週末の2020年3月28日(土)と29日(日)の2日間不要不急の外出自粛要請を呼びかけました。(その他の県も発表あり)

小池都知事は都民に対し、この『 不要不急の外出自粛 』を来週以降も要請するとのことです。

時事ドットコム

東京都の小池百合子知事は27日、新型コロナウイルス対策本部を開き、ここ数日で感染者が急増していることを踏まえ、「感染爆発…

釣り船宿が出船自粛

そんな中、横浜港湾局から釣り船宿にこの2日間の出船自粛の要請が出たとのニュースが入ってきました。
実際に船宿さんからもメッセージが届いています。

今週末、船釣りを検討していた方には残念な話ですが、関東の天気予報は悪かったので、 もともと行く予定がなかった方も多いでしょう。
来週以降は通常営業に戻ると良いのですが…。

釣り自粛?

船宿だけではありません。
千葉の市長が“今しなくてはいけないのかを考えて”と、自粛すべきことに『釣り』をあげ、TVで放送されました。
これには驚きましたが、皆さんも「釣りはアウトドア」「換気最高だし」と思った方もいたのではないでしょうか。
もしかしたら管理釣り場のような人が集まる場所をイメージしての発言だったのかもしれませんね。

いずれにせよこのような状況において、釣具業界そして私たち釣り人としても、各SNSでの発言には注意をしておいたほうが良さそうです。

この『釣り自粛ムード』な2日間、釣具業界は売り文句の『釣りに行こう』というメッセージは標的になる可能性があります。
そして釣り人は、SNSに釣行模様をアップすればバッシングの的になってしまうかもしれません。
多くの方が気にしないかもしれませんが、世の中には面倒な方がいるので注意しましょう。

釣り業界への影響

これらの影響は、私達釣り人にとっては趣味を奪われる、楽しみやストレス発散の場がなくなる程度のことかもしれませんが、業界への影響は深刻です。

これまでは人が多く集まる屋内施設や飲食業界への影響が目立っており、アウトドアの釣具メーカー・釣具店では、製品・商品の仕入れに多少の問題か生じている程度で済んでいましたが、いよいよそれだけでは済まなくなってきました。

釣具メーカー・釣具店への影響

釣具メーカーや釣具店への影響は以前の記事でも触れましたが、自社製品が自社の工場生産ではなく、海外工場からの輸入に頼っているものは、輸入自体が困難になっているので、既存在庫がなくなれば売るものがなくなってしまいます。

関連記事

中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染が、日本国内でも収まることなく日々拡大しています。それにともない、国内でのイベント中止が相次いでいますが、釣具業界にもその影響が押し寄せてきています。 予想以上の感染力 […]

新型コロナウイルス
釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

そしてこの影響はそのまま釣具店に直結しており、現在も物にってはメーカーから商品が入荷しない等の影響が出始めているようです。
釣具メーカーも釣具店も、製品・商品を売って利益を得ている商売。
売るものがなくては商売になりません。
それ以前に、外出自粛、釣り自粛ともなれば、釣具店への客の来店自体すら少なくなることが予想されるので、事態は想像より深刻かもしれません。

船宿・釣り施設への影響

先述のとおり、横浜市内の船宿は港湾局から出船自粛要請が入っており、メインとなる週末の収入が得られないという極めて深刻な事態となってしまいました。
大丈夫だとは思いますが、来週以降も続くとなると、各船宿からの反発は避けられないのではないでしょうか。

また同様に、釣り人の来場を収入源としている釣り施設への影響も大きいでしょう。
来場者の激減が続き、万が一、貴重な釣り場である釣り施設がなくなってしまったら、ただでさえ釣り場が少ない神奈川県は、最悪釣りをやめる人すら出てくるかもしれませんね。

まとめ

狂敵『新型コロナウイルス』は人類史上最凶のウイルスになるかもしれません。

若い人は比較的症状が軽く済むように言われていますが、海外ではそうでない最悪のケースも報告されていますし、症状の軽い若い方が感染源となって年配の方や基礎疾患のある方にうつして重症化してしまうことが一番怖いです。

なので『感染しない』『うつさない』ことが重要です。

「健康第一」。
何をやるにも健康でなければやりたいことも満足にやることができません。
早くこの事態が収束してくれることを願っています。

釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!