オールドだけじゃない!新品ルアーがプレミア化する時代が到来!

“レア物”と呼ばれ、『プレミア価格』が付く釣具がある。

昭和の香りがプンプンする『オールド』な古い釣具たちです。

TAROU
太郎
オールドルアーって本当に独特の匂いがするワンね!

と言っても、プレミア価格が付くのはエサ釣り系の釣具ではなく、その多くはバス系で、ロッドやリールの他、ルアーも非常に人気があります。

しかし、昨今、オールドだけでなく、新品のルアーにも『プレミア価格』が付くようになってきました。

しかもバス系に関わらず、ソルトルアーでも…。

スポンサーリンク

希少価値の高いオールドルアー

一昔前までは新品のルアーにプレミア価格が付くという現象はそんなに見られず、プレミア価格が付くのは主に「オールド品」でした。

オールドのタックルで言えば、アブのリール『アンバサダーシリーズ』がとても有名です。

ルアーで言えば、ズイール社やザウルス社などもありますが、圧倒的に人気なのは「へドン社」のルアー。

画像はスミス扱いの現行品ですが、同じシリーズでも、目玉が吹き目だったり、縦割れ接着だったり、アイがヒートンだったりと、その時代の特徴があって、それがオールド品を見分けるポイントになっています。

そんなオールドルアーは、何十年と年月が経つにつれ、段々と中古ショップなどからも姿を見かけなくなってきているようなので、今後ますますその価値は上がっていくのではないでしょうか。

新品ルアーがプレミア化する時代

そして最近は、オールドルアーだけでなく、新品ルアーまでもがプレミア化している現象が起きています。

オールド品がなぜ希少価値が高いかと言うと、もう何十年前のもので生産されていないから、手に入れることが難しいからですよね。

対して現行の新品は、“生産数が原因”で、需要が供給を上回ることで、これもまた品薄になってしまうからです。

新品ルアーがプレミア化する時代

特に近年はSNSの普及により、「どこに入荷した」「残り〇個しかない」という情報も回りやすく、煽り効果も加わって一気に売り切れてしまう傾向があります。

僕もカゲロウ124Fはたまたま発見して個数制限がなかったのでまとめて買うことができました。
※全て使うための予備含めての購入です

TAK
TAK
あれはラッキーでした。
売りませんよ(笑)!

あの時、記事を上げた後も、数日は正規の値段で買えたんですが、、、。

▼関連記事:売り切れ続出!『MEGABASSカゲロウ』流通の兆し

関連記事

今回は僕も注目するシーバスルアー、『MEGABASSカゲロウ』シリーズのお話です。 近いうちにブログで紹介しますが、このルアーの威力をまざまざと見せつけられた事件がありました。 あれから僕もずっと追っていたんです。 売り[…]

MEGABASSのカゲロウ

これをきっかけに無事に買えたという方がいたら嬉しいです。

それではそもそも、なぜ生産数が少ないのか?

大まかな理由を3つ挙げてみました。

在庫が少ない理由

  1. 生産が追いつかない
  2. 新型コロナウイルスの影響
  3. 在庫リスク

①生産が追いつかない

まずは単純に生産が追いつかないケース。

メーカー自体が小さく、そこまで一気に大量生産できる能力がないという場合。

その他、人気メーカースタッフが発売前のプロモーションでバリバリ釣っていれば、発売時から瞬殺的に売れてしまうことがあります。

また、発売当時のプロモーションの影響だけでなく、その後も『釣れる』という実力によって売れ続けるパターンもあります。

②新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの影響で、主に中国での生産、中国からの輸入に問題が発生して、なかなか仕入れが追いついていないというケースもあるかもしれません。

一時は釣りエサのジャリメの輸入がストップして、釣具屋さんから姿を消したこともありましたよね。

もしかしたらルアーでも同じような影響が出ているかもしれません。

③在庫リスク

そして最後に、、、。

物を売る商売には必ず『在庫リスク』というものがつきまといます。

在庫を持ち過ぎてもしも売れ残った場合は、利益を得るどころか、仕入れ原価を回収できず、最後に叩き売りしても赤字になってしまうケースがあります。

なので売れ残らないように最初から限定数をうたっての「受注生産」があったりしますよね。

基本的には“全て売り切る”計算で生産するので、足りなくなることはある意味正解なんでしょう。

逆に、在庫が豊富でいつでも買えてしまうような状況では、商品の希少価値は下がります。

そう考えると、むしろ足りないぐらいにしておいた方が、より長く売り続けることができる、とも考えられるのです。

ということは…。

小売店やユーザーから「足りない」「入ってこない」「もっと作って」と散々に言われても、メーカーが敢えて意図的に大量生産しない、というケースも、もしかしたらあるのかもしれませんね。。。

TAROU
太郎
まさかの敢えての少量生産が、あるのかワン!?
興味あるワンね!

入手困難!人気の新品ルアー

そんなこんなで、欲しいのになかなか買えない入手困難なルアーたち。

今、人気の新品ルアーをピックアップしてみました。

見つけたら即買いです!!!

TAK
TAK
ジャイアントベイトブームも来てるので、なかなか手に入らないルアーがありますよね!

入手困難!人気ルアー

  • メガバス/カゲロウシリーズ
  • メガバス/メガドッグ
  • コアマン/VJシリーズ
  • ブルーブルー/ブローウィン140S
  • ピックアップ/ノガレ120F
  • エレメンツ/ダヴィンチ190
  • DRT/タイニークラッシュ、クラッシュ9
  • ジャッカル/ダウズスイマー
  • シマノ/セフィアクリンチフラッシュブースト3.5号

メガバス/カゲロウシリーズ

ランカーハンター久保田剛之プロデュースによるシーバス用シャローランナー。

大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かしつつ、リトリーブスピード低~中速域では微細なナチュラルロールアクションが警戒心の高まったシーバスをバイトへと誘い、中~高速にスピードアップさせるとアピール力のあるスライドを伴ったロールアクションへと移行する可変アクションを採用しました。シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0~20cmに設定。また、ウエイトシステムには新開発のLBOⅡ(PAT.)を採用。 LBOをシャフトレス化し、更なる重心移動効率の向上と低重心化を実現したシステムにより、驚異的な飛距離と圧倒的な泳ぎ出しの良さを誇ります。

メガバス/メガドッグ

MEGADOGはメガバスが誇る稀代の名作、DOG-Xのポテンシャルを異次元のレベルまで高めた対モンスターシーバス用のスペシャルウェポンです。コノシロやボラといった大型の魚を水面に追い込んで捕食する巨大シーバスを想定し、常識的範疇を超越した強烈なインパクトとアピール力を装備。また、ビッグサイズでありながら引き抵抗は極めて軽く、リーリングだけでベイトが逃げ惑うスライドアクションを演出できるセッティングは、アングラーの負担を軽減。ビッグベイト・トップウォーターゲームの醍醐味を存分に味わって頂けるメガサイズペンシルベイトです。

コアマン/VJシリーズ

経験によって導き出されたジグヘッドデザインと、装着するコアマンワームとのマッチングで、ボディ全体が絶妙に揺れるバイブレーションを発生します。圧倒的な食わせ能力をもつワームが、より細かく振動してシーバスを強烈に誘う。しかもそれがまたぶっ飛びの飛距離なので、完全に反則レベルです。

ブルーブルー/ブローウィン140S

ブローウィンはあらゆるフィールドで活躍するかっ飛びミノーです。重心移動設計はタングステンウェイト球3個が状況に応じて安定移動するように精密設計。逆風や横風の強い状況でも力強い飛行姿勢を維持すると同時に、ウェイト球の揺れによる失速を防ぎ(特許技術)、安定した飛距離を稼ぎ出します。アクションは、大きなS字を書きながら力強いウォブンロールアクションを出すダブルアクション。強い波動のコンビネーションで大場所でも魚のリアクションバイトを誘います。

ピックアップ/ノガレ120F

史上最強に弱い波動を出すスリムフローティングペンシルです。シーバスが水面を意識しているがフローティングミノーやシンキングペンシルなどに反応が悪い時や季節問わず「バチ、マイクロベイト、シラスウナギ、サヨリ、アミ、ハク」などの小さいベイトや細長いベイトの時に有効です。

エレメンツ/ダヴィンチ190

ダヴィンチは、特許出願の「斜めジョイント」構造の新しいスイムベイトです。斜めジョイントにする事で、本来の魚の尾ビレの艶めかしい動きを再現しました。ダヴィンチの特徴は2つのアイを装備し、「ツイストロールアクション」でサーフェイスをスローに攻め、「ダイビング・アイ」で、深いレンジを攻める事ができるルアーです。

DRT/タイニークラッシュ・クラッシュ9

強波動ジョイントアクション〜I字系サイレントアクション、またある時は予測不能パニックアクションへ…独自の可変テール※”VARIABLE TAIL SYSTEM”によって様々なアクションを可能にしました。体高のあるフラットサイドボディは8面の平面セクションを持ち、ロールアクションで見せる強烈なフラッシングと水押しがフィッシュイーターの本能を刺激します。超高速リトリーブ時の安定性能はテールのダウンフォース効果が働き水面を割らずに水に絡み付くように駆け抜けます。

ジャッカル/ダウズスイマー180SF

オリジナルの220mmではアピールが強すぎる状況で威力を発揮する180mmサイズ。大きすぎず小さすぎないサイズ感は、ビッグベイトのアピール力を損なうことなく様々なフィールドにマッチします。

シマノ/セフィアクリンチフラッシュブースト3.5号

クリンチシリーズが持つ高い動力性能はそのままに、ボディ内部にフラッシュブースト機構を搭載。ダートアクション中はもちろん、フリーフォールやテンションフォール中にも反射板が揺れて、アオリイカを誘います。通常のローテーションに組み込むことで、幅広い展開が可能となります。

転売ヤー問題

このように、物にプレミア価値が付いてしまうと、増えてくるのが転売ヤー。

新型コロナウイルスによるマスクの転売は社会問題にもなりましたが、釣具業界でも、新品ルアーの転売がかなり横行しています。

買う側にとっては、人気のルアーは手に入れたくなるし、今のシーズンに合ったルアーであればすぐにでも欲しいですよね。

そういった気持ちを利用して、正規の値段よりつり上げて高額で販売する転売ですが、それを防止するために個数制限で「おひとり様1個限り」としているのにも関わらず、うまくすり抜けて大量購入する転売ヤーもいるようです。

これはいけませんね。

TAROU
太郎
見つけたらケツに噛みついてやるワンね!
ワンワン!!!

まとめ

レア物、入手困難品。。。

オールド品に関しては、このまま価値は継続していくと思いますが、現行の新品に関しては生産が安定してしまえば普通に買えるようになります。

無理に転売ヤーから買わなくても済むように、メーカーさんにはなるべく需要に見合った生産をしていただけると嬉しいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

新品ルアーがプレミア化する時代
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!