Youtube動画も配信予定!

春の三浦半島は油壷手漕ぎボートでエギング&ルアー&泳がせ釣りで大物HIT!/油壺釣船組合(横堀海岸)

三浦半島の手漕ぎボートなんて数年ぶりです。
何年か前に金田のボートに行った以来で、そしてこれまた十数年ぶりに油壺からのボート出船。
何が釣れるか情報がほとんどない中、“ベイトフィッシュ接岸情報”だけを頼りに乗り込んでみました!

スポンサーリンク

春の三浦半島に接岸!「小鯖」「カタクチイワシ」情報

三浦半島では春のシーズンに入ると、小鯖やカタクチイワシが接岸しますが、そろそろかな?と思っていたら、おおよそ例年通り、群れが回ってきているという情報が入ってきました。

そうとなれば岸壁でサビキ釣りをして大漁に釣りたい!

、、、ところですが、皆さんご存知のとおり、三崎周辺の岸壁はほとんど『立入禁止(釣り禁止)』状態なので、岸壁サビキ釣りは泣く泣く諦めることにしました…。

エギング&ルアー&泳がせ釣りで狙う大物フィッシュイーター

そうなるとその小魚を食べるために、追って入ってくる“フィッシュイーター”を狙うしかありません。
“春”の三浦半島のフィッシュイーターと言えば、代表的なのはコチラ。

  • シーバス
  • 青物(イナダ・ワラサ)
  • アオリイカ
  • ヒラメ

この中でもアオリイカは、ベストシーズンを『新型コロナウイルス第一全盛期』に阻まれてしまったため、これからだと若干期待度は下がる。
となると、『シーバス 、青物、ヒラメ』といったあたりが狙い目という気がしていました。

大物はどのポイントで狙う?

そうと決まれば後は場所ですが、久しぶりの三浦半島となればじっくり色々とやりたい。

そこでまず考えたのは三浦半島の磯です。
でも磯だと基本的にはマヅメ勝負になるので、マヅメを過ぎたら終わってしまいます。

そうなると…?

ボートがあるじゃん!

ボートからだったらマズメを過ぎても色々できるし、ベイトフィッシュが入ってれば高確率で釣れてしまうのでは???

ということで、今回はボート釣りでフィッシュイーターを狙うことに決定しました。

まさかの料金違い!『油壺釣船組合/横堀海岸』

駐車場から歩いて5分ぐらいで横堀海岸にある、油壷釣船組合のボート屋さんに到着。
挨拶を済ませ、とりあえずお金を払おうとしたところ、、、まさかまさか!?

何と料金が変わったと、、、。

ネット情報にあった料金は3,500円ですが、実際は500円高くなっており、1日4,000円になっていました。。。

たった500円だけどこの500円はデカい…。
駐車場と合わせれば約4,500円ですよ?
4,500円払ったら、横浜の黒川本家のライトアジ船乗れちゃいますよ(笑)。

高速代合わせたら6,000円ですよ???
う〜ん、コレは一人で乗るには高いなぁ〜。
ちょっと想定外でしたが、今更やめることもできないので支払いを済ませて出艇しました。

三浦半島油壷ボート

油壷手漕ぎボートのエギングでアオリイカを狙う

これは何としても元を取らなければ(笑)。
ということで、まず朝一番はエギングで春のアオリイカ狙いです。

三浦半島油壷ボートでエギング

トップシーズンを過ぎてしまっているので、あまり期待はできませんでしたが、そこは手漕ぎボート。
陸っぱりからは届かないポイントを攻めれる利点を生かせば“可能性はある”
と信じて、沖目の海藻帯を攻めていきます。

三浦半島油壷ボートでエギング

そこでビシッ!
と合わせを決められれば良かったのですが、2時間ほど探って無反応。

他のボートエギングの人達の様子も見ていましたが、全く釣れていないようです…。

油壷手漕ぎボートのルアーで青物(イナダ・ワラサ)を狙う

そんなこんなしていると、エギング中に突然ボイル発生!
小規模だけど何かフィッシュイーターが入って来ていることは間違いない!

これはチャンスとばかりにメタルジグやらルアーを取り出そうとしたら…。

忘れた。

何と青物系ルアーを車に忘れて来てしまいました。
何か代わりになるものはないかと、バッカンの中を探すと、太ハリスの落とし込み用サビキが…。

コレしかない!

とナスオモリを付けてぶん投げてみたのですが…。

>>>次ページは:手漕ぎボートの泳がせ釣り中、思わぬ形で大物がHIT!

三浦半島油壷釣船組合ボートでシーバス!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!