【初心者必読】激変!釣った魚を美味しく持ち帰る方法

皆さんは釣った魚をお持ち帰りしますか?

バスフィッシングや管釣り、ライトソルトゲーム等をやられる方は、キャッチ&リリースをする方も多いかと思いますが、海釣りをする方は僕みたいに食べるのも好き!というキャッチ&イート派の方も多いでしょう。

しかし、釣りに行くと“残念なお持ち帰り”をされている方々を非常に多く見かけます。

初心者っぽい人をはじめ、意外とベテランのご高齢の方も、適当なお持ち帰りをしている人って多いんです。

釣った魚を食べるなら、どうせならできるだけ美味しく食べたい!

しかもそれが“ほんのちょっとのひと手間”で激変するなら、絶対にやりたいですよね。

今回は釣った魚を美味しく持ち帰る方法のお話です。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

血抜きと保冷

魚を美味しく持ち帰るための“ほんのちょっとのひと手間”。

それは『血抜きと保冷』です。

魚を美味しく食べるためには、現場で“血抜きと保冷”をしっかり行い、鮮度を保って持ち帰ることが重要なのです。

順番的には、魚が釣れたら最初に『血抜き』を行い、そして血抜きが完了したらすぐにクーラーへ移して『保冷』をします。

注意したいのは、血抜きをしたまま忘れて放っておいたら意味がありません。

クーラーも事前に冷やしておき、血抜きが完了した魚をすぐに冷やせる状況にしておきましょう。

血抜きをする理由

「血抜きをすると美味しくなる」という話は初心者の方も聞いたことはあると思います。

でもそれを実践している方は意外と少ないのです。

なぜでしょうか?

きっと面倒臭いのだと思います。

もしそうだとしたらこの機会に意識を変えましょう!

超簡単なひと手間で、絶対に美味しくなります!

なぜ血抜きをしたほうが良いのかというと、魚を放っておいて死なせると“身に血が回ってしまい鮮度が落ちる”からです。

見た目は白身がピンク色に変色し、味は生臭くなってしまいます。

そうです。

魚が生臭い原因はここにあるんです。

魚を捌いた時「きれいなピンク色だわ!」と思っていたのは、もしかしたらただ単に“血抜きができていない鮮度の悪い魚”だったかもしれません。

血抜きのやり方

血抜き作業はとっても簡単です。

大きい魚だと尾っぽに切り込みを入れたり、尾っぽをカットして抜けをよくする方法もありますが、小~中型サイズの魚の場合は、エラ部分をカットするだけでも十分な効果があります。

エラ部分に膜があるのでそこをカットします。

アジの場合はエラの下付近をパッチンするだけでもOKです。

水汲みバケツに入れて置いておけば、これだけでかなり血が出てきます。

陸っぱりで中~大型魚が釣れた場合は、この状態でタイドプールに入れておくとか、ストリンガーにつないでおいても良いですし、魚の頭や口を持って水中でフリフリしてあげると抜けが早いです。

たったこれだけ。

これだけで劇的に美味しくなると考えると、やらない理由はないかと思います。

ちなみに、サビキ釣りで釣れるイワシ類なんかは血抜きよりも保冷が優先です。

保冷する理由

釣った魚を“冷やして”持ち帰る理由はなぜでしょうか。

それは『鮮度を保つため』です。

「鮮度くらい少し落ちたっていい」と思う方、要注意です。

鮮度が落ちるとどうなるのか?

魚本体の身が痛んで身割れを起こしたり、血や内臓からはすぐに腐敗が始まり、「ヒスタミン中毒」や「腸炎ビブリオ」といった『食中毒』になる可能性もあるんです。

釣った魚を食べようと持ち帰って、お腹が痛くなったり、嘔吐をしたりといった経験がある方、ちゃんと冷やして持ち帰りましたか?

「あの魚はヤバかった」と思ってた方、もしかしたら魚が原因ではなくて、持ち帰り方が問題だったのかもしれませんね。

保冷のやり方

これはいくつか所説もあり色々と方法があるのですが、一番基本的な方法でご紹介します。

やはり海水と氷を混ぜた『海水氷=(海水+氷)』に漬ける。

これが一番オススメです。

真水の場合、浸透圧の関係で魚が水を吸ってしまい、水っぽい身になってしまうので海水を使うことが重要です。

氷は100円ローソン等で1kg100円で買えます。

「氷を買うのがもったいない」と思う方は、保冷剤やペットボトル氷を使うと良いでしょう。
※ただし保冷力を求めるなら保冷材はダメです

釣り場に到着したら、タックル準備より何より先に、クーラーの準備から取り掛かります。

まず氷が入ったクーラーに海水を汲んで入れていきますが、ここでポイントがあります。

クーラーの中の氷ですが、コンビニや100円ショップで買うようなビニール入りの板氷やバラ氷の扱いには、それぞれメリットデメリットがあります。

メリットデメリット
袋入りのまま氷が溶けても真水が外に出にくい冷えに偏りが生じる
袋から出すバラ氷は全体が冷えやすい氷が溶けて真水の割合が多くなる

真水の割合が多すぎるとあまり良くないというのは上記でも説明したとおり、浸透圧の関係で魚が水を吸ってしまい、水っぽい身になってしまうからです。
(まぁ多少は全然大丈夫です)

基本的な考えとして上表のことは意識しつつ、その時に応じた方法を取ってみたらいいと思います。

では、氷が入ったクーラーに海水を汲んで入れましょう。

ここでのコツは『海水を入れすぎない』ことです。

初心者の方はここが結構間違えやすく、最初からクーラーの半分くらい海水を入れてしまっている方もいますよね。

海水を入れすぎるとその分なかなか冷えなくなってしまうので、海水は魚が浸るぐらいの擦れ擦れで全然OK。

というかそれがベストなんです。

もし途中で水が少ないと感じたら後から少し足せばいいでしょう。

なので、釣り場に着いたらまず最初にこれを行い、クーラーを冷やしておきましょう。

そして魚が釣れたら血抜き、その後、手が入れられないぐらいにキンキンに冷えた海水氷のクーラーに入れれば完璧です。

キンキンになってなければダメ、氷が足りてません。

あともう一つのポイントは、なるべく開けている時間を少なくすることです。

このクーラーの状態としては、言わば「家の冷蔵庫」と同じ状態です。

冷蔵庫を開けっ放しにしていたら、急激に室温は上がっていきますよね。

クーラーを開けている時間が長いとこれと同じことが起こるんです。

釣れた魚をもう一度眺めたいという気持ちもあるかもしれませんが、なるべく我慢して、開閉は速やかに行うことも重要です(笑)。

船釣りの場合はポイントに到着した際、すぐ釣りを始めるのではなくて、最初に海水を入れてしまうのが一番いいですね。

ただ、一投目を無駄にしたくないというのであれば、途中タイミングを見てできるだけ早めに冷えたクーラーを作ったほうが良いでしょう。

夏の相模湾のライトジギング船でサバを釣りに行く時なんかは、釣りする前にちょい沖で船長から「海水を入れてください」と指示が出ることもありますね。

サバなんかは特に『鮮度最重要』な魚ですからね。

釣り場で釣れても、すぐに冷やせない環境だったらお持ち帰りは博打です(笑)。

まとめ

釣った魚を美味しく持ち帰る方法とは『鮮度を保って持ち帰る』ということです。

そして『鮮度を保つ』ということがどれだけ大事なことか、お分かりいただけたと思います。

今まで適当にお持ち帰りしていた方、初心者の方、今度釣りに行く機会がありましたら是非実践してみてください。

劇的に美味しくなったお魚を食べれることと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!