【新製品】テロテロ君75Fは酔っ払い!?ジャンプライズ史上最小ミノー登場!

2022年の注目ルアーがまたしても登場する。

その名も…「テロテロ君75F」。

こんなネーミングを付けるルアーメーカーは容易に想像できる(笑)。

名前だけでなく、見た目も可愛い。

これで釣ってみたいと思わせるルアーが新登場します。

スポンサーリンク

ジャンプライズ新製品「テロテロ君75F」

「テロテロ君75F」は、2022年ジャンプライズから発売されるソルトルアー新製品。

ジャンプライズ社らしい、‟酔っ払い変則蛇行ロール”というネーミングのアクションがとても気になる、新世代のシャローランナーです。

【新製品】テロテロ君75Fは酔っ払い!?ジャンプライズ史上最少ミノー登場!

テロテロ君75Fの詳しいスペックは下記のとおりです。

テロテロ君75Fのスペック

タイプフローティング
全長約75mm
重量約12g
アクション酔っ払い変則蛇行ロール
レンジ20~60cm
フック#6×2pcs
リング#3

「テロテロ君75F」の特徴

テロテロ君75Fの特徴は二つ。

「酔っ払い変則蛇行ロール」と「サイズ感」にある。

酔っ払いロールアクションについては、後述するとして、何よりも気になるのがこのサイズ感…。

ジャンプライズ史上最小サイズのミノーが登場したんです。

このサイズ感と酔っ払いロールアクションで、完全に喰わせにかかっているルアーであることは紛れもないでしょう。

TAK
TAK
ヒラの目の前通したらきっと瞬殺だな!

そしてこの75mmという小型フローティングミノーで心配されるのは、飛距離じゃないでしょうか。

あんまり飛ばないんじゃ使う場所も限られるし、、、と思ったら、そんな必要はありませんでした。

なんと、テロテロ君75Fの飛距離は50~60mラインを安定して飛ばせるというんです!!!

それはいい!

50~60m飛ぶならそこそこ色々なポイントで楽しめそうですね。

「テロテロ君75F」のアクション

それでは、テロテロ君75Fのアクションを確認していきましょう。

ジャンプライズ社らしいネーミングの‟酔っ払い変則蛇行ロール”アクションとは一体どんなアクションなのか?

酔っ払い変則蛇行ロール

これはオフィシャルサイトから動画が配信されていますので、それを見てもらうとわかりやすいです。

中速域でもアクションは破綻せず、少し早めに巻くと蛇行幅が広がるので、リトリーブ速度の変化でスイッチを入れることが可能です。

ヒラスズキ狙いでサラシの中を泳がせる際、このアクション変化でバイトを誘発しそうです!

TAROU
太郎
これは釣れそうだワンね!

「テロテロ君75F」のカラーラインナップ

【新製品】テロテロ君75Fは酔っ払い!?ジャンプライズ史上最少ミノー登場!
出典:ジャンプライズ

それでは気になる新製品「テロテロ君75F」のカラーラインナップを見ていきましょう。

初回販売のカラーは全部で14色。

いつものジャンプライズカラーが揃っていますね。

転売ヤーが大好きなマットチャート系はないみたいです(笑)。

「テロテロ君75F」の対象魚と使いどころは?

それではテロテロ君75Fの対象魚は?

そしてどんなポイントで使えるのか?

これはサイズ感、アクションを見る限り、おすすめのポイントは「河川」「港湾」「磯」なんかが良さそうです。

TAK
TAK
サイズが小さいからピン狙いが◎

50m~60mの安定した飛距離に期待すれば、磯でヒラスズキを狙いうのも可能でしょう。

広がるサラシの中に速度調整しながら泳がせて来ればパクッ!といっちゃいそう(笑)。

対象魚はシーバス・ヒラスズキをはじめ、青物やヒラメ、真鯛なんかにも対応しているそうです。

中でも狙い目はやっぱりシーバス・ヒラスズキですけどね。

「テロテロ君75F」の気になるお値段は?

そんなテロテロ君75Fの販売価格。

メーカー小売価格は税込で1,980円です。

釣具店の場合は、強気の定価売りのところもあれば、10%引きで販売するお店もあります。

10%引きの場合は税込1,782円。

少しでも安く買いたい人は売値をチェックして、定価売りのお店じゃなくて、新品でも安く売っているお店で買いましょう。

「テロテロ君75F」の発売日は?

【新製品】テロテロ君75Fは酔っ払い!?ジャンプライズ史上最少ミノー登場!
出典:ジャンプライズ

そんなこんなのテロテロ君75Fですが、発売日はいつなのでしょうか?

気になる発売日は2022年7月を予定しているそうです。

まだ少し先ですが、楽しみに待っていましょう!

TAROU
太郎
これはとりあえず2個買いだワン!

まとめ

ということで、今回はジャンプライズ社の新製品『テロテロ君75F』について見ていきました。

パッと見のサイズ感だと、一瞬手が出ない人もいるかもしれませんが、「安定の50m~60m」と聞けば、使ってみたいと思う方も多いと思います。

そしてなんせ、ソルトアングラーなら知らない人がいないというほど超有名な井上友樹氏のメーカーですから、人気が出ないはずがないでしょう。

僕はやっぱり磯で使ってみたいなー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

【新製品】テロテロ君75Fは酔っ払い!?ジャンプライズ史上最少ミノー登場!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!