【新製品】アピアのバレーヌ125Fは水面直下型フローティングペンシル!

2022年の注目のソルトルアーがアピアから登場する。

その名は…「バレーヌ125F」。

これから秋冬のハイシーズンにドンピシャなタイミングでデビューする新製品。

一体どんなルアーなのか?

テストにテストを重ねて作り上げられたアピアルアーだけに、期待せずにはいられない!

スポンサーリンク

アピア新製品「バレーヌ125F」

「バレーヌ125F」は、2022年アピアから発売されるソルトルアーの新製品です。

バレーヌ125Fの詳しいスペックは下記のとおりです。

バレーヌ125Fのスペック

タイプフローティング
全長約125mm
重量約22g
アクションi 字~ローリング~スラローム
レンジ10~50cm
フック#3×2pcs
リング#4

サイズ的にはシーバスルアーの標準的サイズの120mmクラスで、全長約125mm。

大型サイズが掛かってもバレ難い2フック仕様となっています。

TAROU
太郎
待望のAPIA新ルアーだワンね!

「バレーヌ125F」の特徴

バレーヌ125Fの特徴は、一般的なリップレスミノーとは違う、長いヘッド部分で水を受けてアクションするルアーだということ。

本体を見ればわかると思いますが、ヘッド部分は平らになっていて、かつ面積が大きい。

ということは、ペンシルルアーにありがちな“何をやっているかわからない”といったようなこともなく、手元にまでルアーの動き、存在が伝わってくるはずです。

そしてレンジは表層と言っても、リトリーブスピードやロッドポジションの調整により10~50cmまでを幅広くカバーすることが可能。

基本的には上から下へと順々に探っていきたいですね!

TAK
TAK
表層系ルアーは絶対買います!

「バレーヌ125F」のアクション

それでは、バレーヌ125Fのアクションを確認していきましょう。

バレーヌ125Fは、フィッシュイーターが一番食い気を出すレンジ『水面直下』を得意とするフローティングペンシルです。

アクションは『i 字~ローリング~スラローム』。

スローリトリーブでは、ほぼi字系の動きから若干体をくねらせる程度の動き。

ミディアムリトリーブ以上になると、時折イレギュラーな動きを混ぜながら、ヌメヌメとしたナチュラルなアクションで泳ぐルアー。

つまり、リトリーブ速度によって変化を与えることができるルアーであることがわかります。

デイゲームであれば、ロッド操作を加えた左右へのダート系アクションも可能です。

TAROU
太郎
色々できて楽しそうだワン!

「バレーヌ125F」のカラーラインナップ

アクションがわかると釣れそうなイメージが湧いてきちゃいますね(笑)。

ではいよいよ、気になる新製品「バレーヌ125F」のカラーラインナップを見ていきましょう。

初回販売のカラーは全部で12色。

新色はハマークリア、ボラGLX、ヨイノクチ、トリプルブルーゴールドの4色登場。

転売ヤーが大好きなマットチャート系も健在です(笑)。

ちなみに『08 ビタミンカットホロ』は、我らの三浦半島代表APIAアンバサダー兼営業マンの永島さん考案カラーとなっています。

三浦で釣りする方は必ず買いましょう(笑)。

TAK
TAK
秋冬ナイトシャローはクリア系は絶対だよ!

「バレーヌ125F」の対象魚と使いどころは?

それではバレーヌ125Fの対象魚は何なのか?

そしてどんなポイントで使えるのでしょうか?

まずはじめに、バレーヌ125Fの対象魚。

これはシーバスです。

デイゲームのダートアクションで青物系なんかも狙えるかもしれませんが、ほぼほぼシーバスをメインターゲットとして考えて良いでしょう。

そして、バレーヌ125Fを使うおすすめのポイントは「河川」「干潟」「小磯」なんかが良さそうです。

バレーヌ125Fのコンセプトは「水面直下型フローティングペンシル」。

その文言どおり、レンジは10~50cmといった激アツレンジの表層が主戦場となっています。

つまり、水深が浅いポイントも得意ということ。

なので小河川、小磯、干潟といった場所でも、根掛かりを恐れることなく投げることが可能です。

アクションは基本的には弱々しい演出をするルアーなので、流れのある河川も非常に得意。

流れに身を任せるようなドリフトをはじめ、流れの弱いエリアでのリトリーブでも活躍が期待できるでしょう。

TAROU
太郎
色々できて楽しそうだワン!

こっそりウッカリ釣れてた「バレーヌ125F」で!

【新製品】アピアのバレーヌ125Fは水面直下型フローティングペンシル!
バレーヌ125Fでシーバス!

そんな感じで期待しかないアピアの新製品『バレーヌ125F』。

本当に釣れるの?

ってのは使ってる人に聞くのが一番。

ってことで、APIA永島さんから写真もいただきましたよ。

って、こっそりウッカリ釣ってるじゃんね(笑)!

【新製品】アピアのバレーヌ125Fは水面直下型フローティングペンシル!
バレーヌ125Fバックリなシーバス

当時、新ルアーを使ってるなんて一言も言ってなかったけど。

2021年秋冬のナイトゲームでの釣果だそうですよ!

くぅ~!!!

こんなの見せられちゃうと、秋冬ハイシーズンが早く来ないか、待ちきれない~!!!

TAK
TAK
こっそりウッカリやられた~(笑)

「バレーヌ125F」の気になるお値段は?

そんなバレーヌ125Fの販売価格。

メーカー小売価格は税込で2,365円です。

釣具店の場合は、強気の定価売りのところもあれば、10%引きで販売するお店もあります。

10%引きの場合は税込2,129円。

最近は釣具も値上げ値上げで高くなっていっているので、少しでも安く買いたい人は売値をチェックして、定価売りのお店じゃなくて、新品でも安く売っているお店で買いましょう。

TAROU
太郎
安いところで買うワンね

「バレーヌ125F」の発売日は?

そんなこんなのバレーヌ125Fですが、発売日はいつなのでしょうか?

はい。

気になる発売日は2022年9月末~10月を予定しているそうです。

僕としては待ちきれませんが、、、。

まだ少し先なので、それまで妄想しながら楽しみに待っていましょう!

TAK
TAK
早く欲しい~

「バレーヌ125F」はバレない?

そんなこんなのバレーヌ125Fですが、その名前を聞いた時、ピンと来た方も多いと思いますが、そのネーミング。

“バレーヌ”と聞くと、やっぱり「バレない」ということからきたのではないかと!

本体を見れば2フック仕様だし、そう言われれば納得してしまいそうですが、、、。

実はそういうわけではないそうです(笑)。

バレーヌ(Baleine)とは、フランス語で言うクジラのことだったんです。

鯨のごとく優雅に、水面直下で戯れるように泳ぐ様がなんとも艶めかしく、シーバスのスイッチを入れてくれる…。

ということで名づけられたそうですよ!

とは言え、“バレないバレーヌ”にも少しだけ期待しながら、、、発売を楽しみにしていましょう!!!

TAROU
太郎
名付けた方は絶対意識してたワンよ

まとめ

ということで、今回はアピア社の新製品『バレーヌ125F』について見ていきました。

秋冬のシーバスハイシーズンにドンピシャ発売予定となっていますが、最近の釣具は発売が遅れることもしばしば。

さらには、注文が殺到すれば割り振りになってしまう可能性もある、、、。

無事に手に入ればいいな~…。

僕はおそらく10個近くまとめて購入する予定です(笑)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

【新製品】アピアのバレーヌ125Fは水面直下型フローティングペンシル!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!