カサゴのルアー釣りに最高!根掛かりしにくいジグヘッド!

ルアー釣りを始めたい。

シーバス釣りをやり始めたけど、全然釣れない。

そもそもルアーで釣れる気がしない。

そんな方にもおすすめなライトソルトルアーゲームですが、中でもおすすめなのは“カサゴ釣り”。

引きも強いので釣って楽しいし、もちろん食べても美味しい!

TAROU
太郎
カサゴはから揚げにすると最高だワンね!
味噌汁もたまらんワン!

今回は僕も大好きなカサゴのルアー釣りにおける、おすすめのジグヘッドをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カサゴのルアー釣り

カサゴのルアー釣りにおいては色々と攻め方があり、一番有名で代表的なのは『テキサスリグ』ではないかと思います。

これは根周りに着くカサゴを狙っていく上で、『根掛かりしにくい』というメリットがある仕掛けなので、覚えておくととても便利なのですが、、、。

初心者の方からすると、”ちょっと難しい”“面倒くさい”というデメリットがあります。

なので、結ぶだけで完成の、初心者でも簡単にできる『ジグヘッドリグ』にフューチャーしてご紹介します。

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
ジグヘッドをバックリなカサゴ君!

ジグヘッドリグとは?

誰でも簡単に使える『ジグヘッドリグ』。

メバリングやアジングでも使われているライトソルトゲーム定番の仕掛けですね。

オモリと針が一体になっている“針”。

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
色々な形状のジグヘッドがあります

その針部分にワームを付けるだけで、すぐに簡単にルアー釣りができる便利なアイテムです。

TAK
TAK
ハードルアーを買うよりコスパも良いし、ワームのナチュラルな動きがハードルアーより良い時もあるし、ルアー入門におすすめです。

重さが大きめのものを使用すれば、シーバスやタチウオ、ヒラメ、マゴチなどにも使われるので、ライトソルトのみならず、ルアー釣り全般で使用できるリグと言えるでしょう。

ただ、このジグヘッドをカサゴのルアー釣りに使用していくと、少々問題が出てくることがあります。

きっと皆さんも経験があるでしょう。

そうです。

“根掛かり”です。

ジグヘッドリグは根掛かり多発?

ジグヘッドリグは“オモリと針が一体になっている”シンプルな仕掛けなので、とても簡単で使いやすいです。

しかし、その反面、根掛かりしやすいというデメリットがあります。

TAROU
太郎
そうなんだワン。
ジグヘッドはすぐ根掛かりするワン!

原因は“針がむき出し”になっているから。

そのシンプルな構造がメリットでもあり、デメリットにもなっているのです。

なので、スタンダードな形状のジグヘッドはボトムを叩くというより、どちらかと言えばリトリーブ向き。

ボトムのボトムではなく、ボトムより少し上を巻いてくるイメージで使うと良いです。

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
通常形状のジグヘッドはリトリーブ向き

でもリトリーブは嫌だ。

巻いてくるとあまり釣れない。

というシチュエーションもあるし、やっぱりジグヘッドでボトムを叩きたいという方もいるでしょう。

そんな方に朗報です。

おすすめのジグヘッド、あります!!!

根掛かりしにくい最高のジグヘッド!

ジグヘッドには様々な形状のものが販売されています。

スイミングが得意な物、ダートが得意な物etc。

その中で根掛かりしにくいおすすめのジグヘッドがあります。

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
ささめ針のスリーパーホールド

ささめ針のスリーパーホールド。

実際、カサゴ釣りでたくさんの色々なジグへッドを試してきましたが、中でも僕が一番信頼しているジグヘッドです。

これはボトムに着けた際に、針が上を向いたままステイしてくれるため、根掛かりしにくい形状になっています。

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
この形状が最高!

ボトムステイ、ボトムバンピング、ずる引きもOK!

さらにリトリーブして来れば普通にスイミングさせることも可能。

TAK
TAK
根掛かりしにくい上に、色々な使い方ができるところが、このジグヘッドの魅力です!

僕はやりませんが、シンカー部の穴にラバー等を入れてアピールを高めることもできるので、チニングではやってみるといいかもしれませんね。

本当に散々色々なジグヘッドを使用してきましたが、やっぱりこのスリーパーホールドが一番根掛かりしにくいジグヘッドです。

ジグヘッドでカサゴを釣りたいという方には、もうコレしかないでしょう。

太鼓判を押しておすすめします!

重要なのは使い分け

そもそもですが、カサゴのルアー釣りにおける、様々なジグヘッド、そして色々なリグ(仕掛け)。

これは使うポイント、そして使い方・見せ方によって、それぞれ「使い分ける」ことが重要なんです。

要は適材適所。

通常形状のジグヘッドはリトリーブで使うと良いし、テキサスは起伏の激しい磯でのリフト&フォールに有効です。

今回のジグヘッドも、ゴリゴリの剛磯で使ってしまったら流石に厳しいものがあるでしょうが、そこまで激しくない場所でのボトムネチネチ狙いには非常に強いです。

おすすめは、『小磯的なイメージの場所』『ゴロタ場』『砂地ベースに根が点在している場所』

こんなところに良いイメージです。

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
スリーパーホールド最高!

まとめ

今回はカサゴのルアー釣りにおすすめするジグヘッドをご紹介させていただきました。

他のジグヘッドで根掛かりに苦しんでいた方。

まだ使ったことがないという方。

よろしければ、是非お試しください!

カサゴ君が待ってますよ(笑)!

メバルやカサゴなど、所謂『根魚』と言われる魚たちは、成長するのにすごく年月が掛かる魚で、魚が増えるスピードより早く獲り過ぎてしまうとどんどん個体が減っていってしまうのです。
これが続いてしまうと、そのエリアで根魚が釣れなくなってしまう恐れもあるので、釣り過ぎには十分注意。
今後もより長く釣りを楽しんでいくためにも、「小さい個体はリリース」「お腹が大きく膨れている産卵個体はリリース」するように心掛けていきましょう。

SPECIAL★TOOL

今回のオススメアイテムをご紹介します。

JIGHEAD ≪ささめ針≫ジャングルジム スリーパーホールド

ボトムで立ち、根掛かりしにくい低重心ジグヘッドデザイン。強烈な引きに耐える強靭フックをTCコート化。ワームのズレを抑えるワイヤーワームキーパー搭載。

JIGHEAD ≪ささめ針≫ジャングルジム スリーパーマッチョ

大型ロックフィッシュ、ヒラメ、マゴチetc…。スリーパーの血を受け継ぐ太軸バージョン。大型ロックフィッシュからフラットフィッシュまで、マッチョに対応します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

カサゴのルアー釣りで根掛かりしにくいジグヘッド!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!