超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れちゃう秘密♡

一度は釣ってみたい魚、『真鯛』。

チャリコと呼ばれる真鯛の子供サイズは岸壁で釣ったことはあるけど、ちゃんと「真鯛」と呼べるサイズのものは今まで釣ったことがありませんでした…。

そんな中での東京湾タイラバ釣行、人生2度目の挑戦です。

一度目はあまりのアタリのなさに飽きてしまい、ボトム狙いに執着して別の魚を狙ってしまう始末…(笑)。

だけど、今回はやる気が違います。

なんてったって、超釣れるという噂の“必殺のタイラバ”を持っての挑戦なんですから。

だから浮気もしない、ずっと真鯛狙いに徹してみます。

これで釣れなかったらもうタイラバやらないかもしれないけど、、、(笑)

そんな気持ちで挑んだ結果は…?

スポンサーリンク

タイラバとは?

タイラバとは、真鯛を釣る専用ルアーの一つ。

鉛やタングステンでできたヘッドにラバーやネクタイ、そしてフックを繋ぎ合わせたもので、その見た目は何となくイカのような姿をしています。

真鯛は雑食で、エビや甲殻類の他、イワシ類の魚や、貝やイカなんかも食べるというので、もしかしたらイカだと思って追っかけているのかもしれませんね。

そんなタイラバは大きく分けて、ヘッドが固定されているタイプの「固定式」と、ヘッドが自由に動く「誘導式」の2つに分けられます。

そのうち誘導式は所謂フリーリグと同じイメージで、ヘッドが先に着底して、その後ネクタイ部分がふわふわと追って落ちてくる動きになるため、フォール中のバイトも期待できます。

さらにヘッドが着底した後、ネクタイ部分が追いついて着底する前に、リフトに移行することが可能になるので、真鯛に見切られることが少ないのが特徴です。

逆に固定式は、着底した瞬間にネクタイ部分の動きも止まってしまうので、着底に気付くのが遅れると、真鯛が違和感を感じて離れてしまう可能性が高いのです。

なので、現状のタイラバは「誘導式」が主流になっています。

タイラバが人気の理由

そんなタイラバが人気の理由。

それは初心者でも手軽に“簡単”に真鯛が釣れるというところ。

タイラバを落として巻くだけという超シンプルな釣り方で、高級魚の真鯛が釣れてしまうんです。

コマセ真鯛より手軽で汚れもしないから、女性にも人気ですよね。

また、初挑戦でヒラメをヒットさせた僕のように、高級な外道が釣れてくるのも良いところ。

ヒラメや青物、根が多いところはハタ類もよく釣れるといいます。

なので、最近では手漕ぎボートやSUP、カヤックでもタイラバをやる方が増えています。

超釣れると噂のタイラバとは!?

そんなタイラバに“超釣れる”という噂のタイラバがある。

それがコチラ。

タイラバ発祥の地とも言われる瀬戸内から誕生したメーカー、START(スタート)の「2step TG」というタイラバです。

スタートというメーカーは聞いたことがなかったのですが、どうやら向こうでは名の通っているメーカーのようです。

もともと一個人で制作していたタイラバだったらしいですが、あまりにも釣れるということで固定ファンが付いてきたため、同志が集まって会社まで立ち上げてしまったというのです。

タングステン素材のヘッドを使用した誘導式タイラバヘッド仕様。

ヘッド形状、ネクタイ、ユニットの安定、カラーリングと、“釣れること”だけに拘りを持った製品となっています。

タイラバ釣行のポイントは東京湾金沢八景沖のシャローエリア

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
金沢八景沖へ

そんな必殺タイラバを引っ提げて向かった人生2度目の東京湾タイラバ。

ポイントは東京湾の金沢八景沖でした。

始めてのタイラバ挑戦の時はもっと横須賀寄りで水深も深めだったのですが、時期により結構変わるようで、今回の水深はまさかの15~20mラインというシャローエリア。

こんな浅いところで真鯛が釣れんの?という気持ちと、こんなトコ、真鯛よりマゴチポイントじゃね?という気持ちが入り乱れていました(笑)。

いやいや、ダメだ。

今回は“真鯛を釣る”という強い気持ちで来ているから浮気はなし(笑)。

ということでいよいよ釣りスタートです。

タイラバで本命の真鯛が!?

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
タイラバ革命?

まずはおすすめされていたエコギアの「熟成タイラバアクア」というのを使用。

これはタイラバのフックに味と匂いのワームを付けるという、まー、ガルプみたいなもんですよね。

これが釣れると聞いてずっと投げ続けてました。

しかし、2時間ぐらい頑張ってみたんですが、アタリすらありません。

同船者も誰もアタリがないので魚がいなかったのかもしれませんが、ふとワームの匂いを嗅いでみると、全然匂いがしなくなってたので、タイラバを交換。

ここでいよいよ必殺の2step TGにチェンジしました。

タイラバでやってはいけない失敗!

オイニー系ワームが付いたタイラバでも釣れないのに、オイニーなしで釣れんのか?って不安もあったんだけど、逆にシンプルなほうが良い場合もあるし。

と、2step TGで粘っていると、、、。

突然、ティップにハッキリとしたバイトが!?

ビビビッ!

とティップが曲がった瞬間でした。

「あっ!」

…やってしまいました。

ついつい、、、ダメだとわかってたんですが、ちょっとだけだったんですけど、瞬時に合わせを入れてしまいました。

タイラバでは絶対にやってはダメって言いますよね。

真鯛はハムハムしながら追いかけてくるので、すぐに合わせると空振りすることが非常に多いそうです。

わかってはいたんですが、突然来たので思わずクセで合わせちゃいました(笑)。

ついに本命の真鯛が!!!

千載一遇のチャンスだったかもしれない貴重なバイトを逃してしまった僕。

こればっかりはさすがの必殺のタイラバと言えども掛けることはできなかったみたいです(笑)。

ということで気を取り直して再開。

したのですが、群れが一瞬で抜けてしまったのか、なかなかバイトが出ず。

再びチャンスが来たのはまた2時間後ぐらいでした。

次にアタリが来たら絶対合わせない。

と、毎投そのことを意識して集中していました。

すると…。

ゴゴッ!ゴゴッ!

と今度も良いアタリ!

そして今度は冷静にそのまま巻き続ける。

バレるなよ、バレるなよ・・・と祈りながら上がってきたのは…。

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
ついに真鯛!

本命の真鯛でした!

やったー--!!!

ついに俺にも真鯛が釣れたー--!!!

バレなくて良かった、てゆーか、フッキングばっちりでバレる様子はありませんでしたけど(笑)。

マジで嬉しい瞬間でした。

まさかの魚が!?

ようやく本命の真鯛をキャッチできた。

マゴチが釣れそうだからと浮気しないで良かったです(笑)。

さ、切り替えて2匹目を狙っていこう!

と、思うとなかなか続かないのはどの釣りでも一緒ですね(笑)。

その後は真鯛と思われるようなバイトはなし。

だけどボトム付近でなんか真鯛よりも細かいアタリが出てたんですよ。

ビビビッ!

という小さくて細かい感じのアタリで、なんか違うよなー?

と思っていたんですが、頑張っているとようやく掛けることに成功。

重量感がないから大した魚じゃないなとは思っていたんですが、正体はまさかの、、、。

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
まさかのシロギスも!

シロギスでした(笑)。

タイラバでシロギスかよ!

ってツッコミ入れたくなりましたが、まずは驚きでした。

だってフックなんて投げ釣りで見るフックとはサイズが全然違うし、この形の針にシロギスが掛かるとは思ってないから!

でもこれ、たまたま掛かったんじゃないんです。

この後、船中で+2匹。

同じようにスタートのタイラバを使っていた方に釣れてきました。

いやー、すごい。

他のタイラバでもシロギスが釣れることってあるのかな?って気になるけど、そうだとしても、このタイラバのフッキング性能がすごいってことは確実。

驚きました。

ちなみにこの頃、周囲ではコノシロの群れがわんさか!

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
コノシロパターン?

もしかしてコノシロパターンで、でっかいシーバスやら青物が着いてたりするんじゃないの!?

と期待してタイラバをぶち込んでみたのですが、、、。

全く反応ありませんでした。。。

あれだけコノシロいるのに、、、。

はて?

あ、浮気…しちゃいましたね(笑)。

まー、時間的にタイムアップ間近だったから良しとしましょう。

僕の初の真鯛GETのタイラバ釣行はこれでおしまい。

一度釣ってみたかった真鯛を釣ることができて嬉しかったです!

タイラバで釣れた真鯛はお寿司に!

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
寿司ざんまい

ちなみに釣れた真鯛はお寿司にしていただきました。

同船者にもらったマゴチとシーバスも一緒に。

どれも美味しかったんだけど、比べるとやっぱりマゴチが一番美味しかったかな!

家族もそうくるだろうと思っていたんだけど、、、。

なんと結果はシーバスだって(笑)。

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
寿司まいうー

そう。

シーバスなんか食べないって人も多いと思うけど、釣った時に変な臭いがしなければ食べてもきっと美味しいし、中でもお寿司が本当に合う魚なんですよ。
刺身は美味しくないけどね(笑)。

是非釣れたらやってみてちょ♡

シロギスも釣れちゃうタイラバの秘密!?

なぜスタートのタイラバが釣れるのか?

これ、はじめは単純に「フック」なんじゃないかと思ったんです。

通常よくあるタイラバは2本針だけど、スタートのフックは3本針なんです。

だから掛かりが良いんじゃないかと。

でも、タイラバって実はもっと奥が深いらしくて、タイラバのバイト数や掛かりの良さに起因する重要な要素は「ユニットの安定」らしい。

スタートのタイラバは、ヘッド部分の遊動穴の後方にホールを設けることで、ネクタイの根元がヘッド部に入り込み、安定した動きとなる設計にしてあります。

さらにヘッド形状は引き抵抗を軽くして1日釣りをしても疲れにくく、かつ複雑な潮の変化を感じ取れる形状。

また、ヘッドにもアタックしてくる真鯛の性格を知った上での拘りのカラーリング。

それらがあっての、最後に「3本針」なんだと…。

そうやって聞くと、単純に針数が多いからということではなく、全体的に拘りが強い製品なんだということがわかりました。

タングステン製だからシルエットが小さい分、潮の影響も受けにくいし、落ちるのも早い。

どうせ買うなら釣れるタイラバだね。

まとめ

ということで今回は、超釣れると噂のタイラバ、スタートの「2setp TG」を使った釣行のお話でした。

とりあえず僕は本命の真鯛を釣ることができて嬉しかったです!

そして、スタートの2step TGの威力も感じることができました。

でも最後にちょっと一言だけ言うと…。

タイラバってそんなに面白くない(笑)。
爆弾発言

僕はですよ、僕は!

あの“巻くだけ”っていう簡単な釣りが、その反面、単調すぎて僕にはちょっと合わないかな。

釣れた時はもちろん楽しいんだけど、ただひたすらゆっくり巻いているだけの何もない時間がつまらない(笑)。

だからついつい、ボトムをズル引きに近い状態で狙い続けて違う獲物を狙っちゃったりして…。

ということで、まー人それぞれですから、とにかくスタートのタイラバは初心者の僕にも真鯛を釣らせてくれましたからね。

今度、タイラバやるならスタート使おうと思います(笑)。

皆さんももし良かったら使ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

超釣れると噂のタイラバとは?真鯛もシロギスも釣れる秘密が判明!
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!