本牧海釣り施設が全面復旧!台風15号被害から約2年半を経て再開へ!

2019年9月の大型台風被害から約2年半。

ついに本牧海釣り施設が全面復旧!

そしていよいよ、あの釣り場が、、、。

本牧海釣り施設の釣り桟橋(沖桟橋)が開放されます!!!

この日を待ちわびていた方は本当に多かったことでしょう。

本牧と言ったら、やっぱり「沖桟橋」ですから!

あそこがあるからこその本牧ですからね。

そんな本牧海釣り施設の「沖桟橋」。

再開はいつ、そして再開後は果たして釣れるんでしょうか?

結果は始まってみないとわかりませんが、期待はかなり大きいです!!!

スポンサーリンク

本牧海釣り施設とは?

本牧海釣り施設は、神奈川県にある海釣り施設のうちの一つで、関東で海釣りを始めた人なら一度は行ったことがあるのではないでしょうか?

神奈川県には、海上釣り堀を含めれば5つほど管理された海釣り施設がありますが、その内の3大海釣り施設とも言えるのが、「大黒海釣り施設」「本牧海釣り施設」「磯子海釣り施設」の3つ。

そしてこの3大海釣り施設の中でも、かつては一番釣れる施設として名を轟かせていたのが『本牧海釣り施設』なんです。

TAK
TAK
本当に本牧のアジはひときわ目立っていたからね!

本牧海釣り施設が釣れる理由

3大海釣り施設の中で、本牧が一番釣れる理由は何だったのでしょうか?

それはやっぱり“潮通し”でしょう。

釣りにとって最重要項目の一つでもある“潮通し”が、本牧海釣り施設は抜群に効いてる場所だったんです。

特に今回開放される沖桟橋が…。

Googleマップで見れば一目瞭然。

磯子海釣り施設のように根岸湾内にあるのではなく、大黒海釣り施設とともに、より広い東京湾向きの外洋に面しています。

さらに本牧海釣り施設には、岸壁から突き出した「沖桟橋」があります。

沖桟橋の周り全ては壁がない海。

海の上に釣り場があるのです。

TAROU
太郎
そう言われたら釣れる気しかしなくなってきたワン!

つまり、沖桟橋の周り、真下を潮が抜けるため、潮通しはこれ以上ないぐらい抜群のポイントです。

本牧海釣り施設が釣れる理由としては、この立地、そして潮通しの良さが抜群だったからでしょう。

再開はもうすぐ。

あのポテンシャルは今でも健在なのか?

非常に気になるところですね!!!

本牧海釣り施設が台風15号で壊滅的被害!

そんな本牧海釣り施設ですが、皆さんの記憶にも新しい2019年9月の記録的暴風で関東を襲った巨大台風15号によって、壊滅的な被害を受けてしまいました。

カナロコ by 神奈川新聞

台風15号の影響で、横浜港の一部の市民利用施設が高波を受けて損壊し、営業を中止している。横浜市のまとめでは、海づり施設な…

この台風は、少し離れた場所にある、関東の釣り人なら知らない人はいないと言うほど有名な釣り場、「福浦岸壁」も破壊したあの巨大台風ですね。

当時の本牧海釣り施設の被害状況はこちらで見ることができます。

あの頃は新型コロナウイルスが公になる少し前の時期でしたが、、、。

あの台風の影響で釣り場がなくなり、わずかに残っていたポイントに釣り場難民が押し寄せてしまうということで、結構騒ぎになりましたよね。

本牧海釣り施設の一部「渡桟橋」は開放中

そんな深刻な被害を受けた本牧海釣り施設ですが、地道な復旧活動のおかげで、現在は沖桟橋へ渡る途中の「渡桟橋」の一部を開放してくれています。

本牧海釣り施設が全面復旧!台風15号被害から約2年半を経て再開へ!

渡桟橋の利用に関しては、以下のようにアナウンスされています。

【渡桟橋のご利用について】

期間:1/15(土)~3月下旬まで(予定)
利用可能日:毎週日曜日のみ ※月~土曜日(祝日含む)は全面閉鎖
定員数:渡桟橋解放時/250名(180名で釣り方制限)
    渡桟橋閉鎖時/200名(140名で釣り方制限)

※先端20mは工事区画のため立入禁止
※渡桟橋連絡通路は釣り禁止
※釣り方制限についてはこちらでご確認ください

その他、ルールとマナーを守って釣りを楽しみましょう。

本牧海釣り施設の全面復旧は2022年3月末予定

そんな本牧海釣り施設ですが、いよいよ全面復旧のお知らせが届きました!

渡桟橋の一部利用だけでなく、、、。

ついに、ついに、、、。

釣り桟橋(沖桟橋)の利用も可能となります!

TAROU
太郎
これは楽しみだワン!

今回の速報は、横浜市会議員の竹野内議員のツイートからでした。
(以下、市議と書かせていただきます)

市議には以前も福浦岸壁の復旧について、また、福浦岸壁の海釣り施設化についても告知していただきましたよね。

このへんの情報をいち早く知りたい方は、是非、アカウントをフォローしておきましょう。

TAK
TAK
関東の釣り人は要チェックです!

今回の市議の告知によると、全面復旧までの道のりはこのような予定となっています。

2月5日 管理棟(トイレ・売店等)再開
3月下旬 釣り桟橋(沖桟橋)全面開放!

また、今回の本牧海釣り施設全面開放についての正式な発表は横浜市のページでも確認できます。

更なる詳細は本牧海釣り施設ホームページでも告知されると思いますので、楽しみにしていましょう!

ひとまず、現段階でわかっている最新情報は、市議からのツイートのとおり、釣り桟橋(沖桟橋)の開放は、2022年3月下旬予定です!!!

OPEN当日は大爆釣!?釣り桟橋(沖桟橋)全面再開後の狙い目の魚種ベスト3!

そんなこんなの本牧海釣り施設。

あの沖桟橋はこれまでの2年半、ずーっと釣りをされてなくて、魚が抜かれてなかったパラダイス。

そうとなれば、OPEN当日の大爆釣を期待しちゃうのは釣り人として当然ですよね(笑)。

そこで、TAK的狙い目魚種のベスト3をご紹介したいと思います!

解放直後が大チャンス!

狙い目はコレだ!!!

沖桟橋解放後の狙い目魚種BEST3

 アジ   

アジは期待を込めての1位選出です。

本牧海釣り施設の沖桟橋と言えば、アジでしょ!

今時期は大黒海釣り施設でも激渋な釣果が続いていますが、、、、。

それでも“本牧”の意地とプライドを持って、かつてのポテンシャルを再び見せてくれることに期待します。

 黒鯛   

沖桟橋の足場って実は生き残っていたんですよね。

補修はあったかもしれませんが、台風で大きくやられたのは渡桟橋なので。

ということは、支柱に着いた貝や甲殻類などのエサも以前のまま、いや、いじられてない分、以前よりも多くの生物が生息しているかもしれません。

となると、そのエサを求める魚も周辺にたくさんいる可能性が高いってことで、ポイントに居着く習性がある黒鯛を選出。

初心者でもヘチ釣りで釣れちゃう可能性も高いかもしれないですね!

 マダコ   

最後はやっぱりマダコさん。

この時期は出ればデカイ!

kgアップも当たり前のように出る時期ですが、やっぱり釣られてない分、周辺に居着いている可能性も高いのではないかと思います。

その年と季節的なものもありますが、台風で5ヵ月間閉鎖された後に「新護岸」と「旧護岸」が再開された時、本牧では大マダコが大爆釣していましたからね。

またあの時みたいに、大マダコが連発する可能性はないとは言えません。

ということで、当たるか当たらないかはわかりませんが、そんな予想をしながらターゲットを決めてみてはいかがでしょうか?

TAK
TAK
アジがたくさん釣れるといいなー!

本牧海釣り施設の紹介

本牧海釣り施設の紹介です。

▼詳細

本牧海づり施設は神奈川県の横浜市にある海釣り公園フィッシングピアーズの一施設です。この他にも、フィッシングピアーズには大…

本牧海釣り施設
住所〒231-0811 神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1
TEL045-623-6030
定休日定休日:年末年始(12/31~1/1)、施設点検日(奇数月第2火曜日)
HPhttp://honmoku.yokohama-fishingpiers.jp/index.php
アクセス【車の場合】
・首都高速湾岸線・本牧ふ頭ICから左折してD突堤方面に進んだ突き当り(約5分)
・首都高速狩場線・新山下ICから直進して本牧ふ頭D突堤方面に進んだ突き当り(約8分)
※駐車料金(230台収容)
3時間以内…250円 / 5時間以内…350円 / 5時間以上…500円
※障害者手帳のご提示で駐車料を無料
【バスの場合】
横浜駅東口または桜木町駅から26系統『海づり桟橋行き』または『横浜港シンボルタワー行き』で「海づり桟橋」下車。(所要時間…横浜-約40分、桜木町-約30分)

本牧海釣り施設の利用料金

  大人 中学生 小学生
個人   1回券 900円 450円 300円
つり料金 回数券※ 5枚 3,150円 1,570円 1,050円
10枚 5,400円 2,700円 1,800円
20枚 9,000円 4,500円 3,000円
見学料金 1回券 100円 50円 50円
団体(20人以上) つり料金 1回券 450円 220円 150円
見学料金 1回券 50円 20円 20円

※回数券の有効期間は発行日から1年間

本牧海釣り施設で釣れる季節ごとの魚

季節 魚種
カレイ、アイナメ、シロギス、カサゴ、海タナゴ、メバル
サバ、アジ、シロギス、黒鯛、イワシ、メバル
カレイ、アジ、サヨリ、カサゴ、黒鯛、スズキ、イワシ
カサゴ、スズキ、アイナメ、カレイ、海タナゴ、メバル

まとめ

ということで、今回は本牧海釣り施設の釣り場全面再開のニュースをお届けしました。

まだ1ヵ月以上先にはなりますが、昨今の釣り場事情を考えても、釣り場が少しでも増えることは釣り人にとってとても嬉しいお話です。

関係者の皆さんには心から感謝申し上げます。

皆さんの中にも、きっと同じ思いを持ってる方も多いと思いますが、沖桟橋が再開されたら、僕も久しぶりに釣行しに行く予定です。

狙いはやっぱりアジかな!

満クー大漁目指して釣りまくるぞ!!!

▶関連記事:福浦岸壁が『金沢海釣り施設』となって復活へ!

関連記事

皆さんは横浜市金沢区の「福浦岸壁」をご存知でしょうか? 神奈川県のみならず、首都圏にお住まいの釣り人ならほとんどの方が知っているのではないかという、関東最大級の釣り場です。 しかし、2019年の大型台風15号により、岸壁は無惨[…]

福浦岸壁が金沢海釣り施設として復活!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ご質問はお気軽に『お問い合わせ or Twitter』までお寄せください。

TAK
TAK
どうぞお気軽に!
Twitterフォローからご質問コメントお待ちしてます!

本牧海釣り施設
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!