1投目に奇跡の大物がHIT!三浦半島の青物バトルは新ポイントの磯で本命キャッチ!/三浦半島南東部

前回、三浦半島の磯で青物狙いで釣行した際は、ランディングミスによりワラサをバラすという失態をしてしまい、本当にショックで残念でなりませんでした。

▼関連記事:三浦半島の磯でワラサが大暴れ!

関連記事

三浦半島の城ヶ島で久しぶりのエギングをした後、そのまま磯へ青物狙いでショアジギングに行ってきました。というか、こっちの時間があったので、エギングはそんなにやる時間がなかったんですよね。ちょうど潮が効き始めた時間で移動することになったので、[…]

三浦半島の磯でワラサをバラした!

あの悔しさを晴らすべく、今度は入念な準備のもと磯入りをすることを決意!次こそはワラサを獲る!その一心で、今回は寄り道もせず、青物一本勝負で直接磯へと向かいました。

スポンサーリンク

三浦半島南東部の新ポイントの磯

向かったエリアは三浦半島の南東部エリア。
しかし今回入る南東部の磯は、本気で釣りをするのは初めてのスポット。そこは前回チラッと見えていたところ。そうです。あの3連発でイナダを釣ったアングラーがいたスポットなんです。。。
すいません、、、お邪魔します(笑)!

夜中の電気ウキでアジ釣り

ポイントに到着すると先行者1名。
一番良い立ち位置には2~3名程度しか立てない極狭スポットなので、先行者がいるとちょっとアレだな、、、なんて近寄ってみると、どうやら餌師。で、電気ウキでアジを釣っていました。少しお話を聞いてみると、結構ポンポンと釣れるようで、見ている間でも10匹近く釣っていました。
これは夜中からアジ狙って、そのまま朝青物なんていうコースも楽しそうです!

人気の南東部磯に集まるアングラー

まだ薄暗いから周囲の磯にも、後から続々とアングラーがやってきます。こちらにも1名ライトが近づいてきましたが、僕と餌師の二つのヘッドライトを見て、場所がないのを察したのか引き返して行きました。もしかしたら先日の人かも、、、すいません。。。
そしてふと前回ワラサをバラした方向の磯を見てみると、向こうにもアングラーが入っているのがわかります。朝マズメに向けて、磯には全体で7~8人ぐらいになったでしょうか。
今日はどこで釣れるのか?狙いは当たるのか?不安で仕方がなかったです。。

三浦半島平日の磯で青物バトル!

そのうちやっぱりこちらにも1名来られ、挨拶を済ませると隣の出っ張りでやるとのことでした。
そして辺りがまだ薄暗い中、釣り開始。事前調査では斜め沖に投げると深く落ち込んでいるのがわかっているので本命はそっち。だけど、その前に少し岸側も気になるので手前側を攻めてみます。もしかしたらシーバスとかが入ってきていてもおかしくないですから…。

一投目に奇跡の大物がHIT!

一投目に投げていたのは表層系シンペン。少しゆっくり巻いていたとは言え、そこまで沈めてなかったのですが、イキナリ根掛かり!?なんか海藻に引っ掛かったラインに絡まった感じ。全然取れないので意を決して引っ張ると少し動いた。そしてそのままぶっち切るような感触の後、海藻の塊が寄せて来れるようになった。

「一投目からこれか〜」と、“海藻”を寄せてくると…。

何か変だ!?
ん!?アレは…!?

三浦磯でショアジギングして大物の竿が釣れた
竿とリールが釣れた(笑)

「リバティークラブ」と「エアノス」の磯竿セットが釣れました(笑)

いやいやいや、ビックリです。
何とまさかの大物は釣り竿とリールでした。
しかも1投目でコレとは…。

これは知らんぷりしてもらっちゃったら良いのか?それとも正直に交番に届けたら良いのか?なんて思ってたらよく見たら竿は真っ二つに折れていて、ナイロンラインで補修して無理矢理使っていたような竿でした。
とりあえず放置して釣りを再開。

そしてしばらくしたら、餌師のおじいさんが話しかけてきて、「夜中に釣れたアジに何かデカイのが掛かって竿を持ってかれちまったんだよ」と言ってきました。「もしかしてコレですか?」と言ったら「あーこれだー!」と言っていたのでお渡ししました。なんかよくわかりませんが、とりあえず良かったです(笑)。

頼れるのは

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
三浦半島の磯で夜が明ける

さて、本命はと言うと…。

朝マズメを過ぎても誰もHITしない。。。
そして離れた場所にある前回の磯を見てみると、なんか二人組で一人が動画撮影してます。ずっとトップ系で誘ってるのがわかりますが、向こうも釣れてないようです。こりゃアカン。今日はヤバイんちゃう?

鳥山もボイルもナブラも、なーんにも起こらない。唯一頼れるのは『風」。風は時として敵になるけど味方にもなる。今回は向かい風真っ向勝負。いや、本当は少しナナメ気味だけど(笑)。
でも風波があったほうがベイトが寄せられたり、魚の警戒心が弱まるため、ベタ凪よりずっと良い。きっとこの風が味方になると信じていました。

本命の青物キャッチ!

ちょっとナナメの強い風が厄介で、糸フケの処理がかなり大変ですが、兎にも角にも投げる。ただひたすらに投げ続けるしかありません。そしてこの風の強さには、やはりぶっ飛び系のルアーを投げたくなってしまいますよね。

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
飛距離が出るルアーを取り出す

何度もローテーションしてきたけど、再び取り出したぶっ飛び系ルアー。
逆風もなんのそので沖へと飛ばします。

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
沖の流れの向こうへ
三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
高速スキッピング

着水して糸フケを取り、そのまま表層を高速スキッピング。
すると…。

スキッピングで巻いてきたルアーに一瞬ガツッ!と来た後に、そのまま今度はドスンッ!とHIT!

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
元気なファイトから青物を確信

元気に暴れてくるので青物と確信しましたが、前回とは重さが違う。その重量感からは大したことないサイズだなと、余裕で寄せて最後は軽く引っこ抜きできました。

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
着地でフックアウト
三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
本命の青物無事キャッチ!

イナダです。
本当はワラサクラスを狙っていたのですが、、、まぁ青物なので本命ということにしておきましょう(笑)。
長かった沈黙状態がやっと終わり、周りのルアーマンの皆も「やっと来たか」といった雰囲気に変わりました。

最後の最後で2匹目の青物の顔

いよいよ群れが回ってきたのか?
僕が魚をキープしに行っている間に、後行者の方に釣れた所に入ってもらって「コッチでやってください!」と言って投げてもらったのですが、その1投では釣れなかったようで。。。
その後も、もう1名後から来た後行者と3人で投げ続けましたが、なかなか釣れない。そしてついに最初の後行者の方は仕事があると言って帰ってしまいました。
そして潮が動いていい感じな時間まで粘りましたが、状況が変わらないところを見て、僕も撤収を決め、帰り支度。

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
もうすっかり気配はなくなった…

すると、僕が魚の血抜きをしている間に何か叫び声が聞こえる。と思ったら、後行者の方が竿を曲げている!

「俺がやめた瞬間なんだけど、、、(笑)。」

そしてそのまま彼は無事にイナダをキャッチ。

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
僕がやめた瞬間に後行者の方が釣ったイナダ

おめでとうございます。まさかこんなタイミングで本命が釣れるとは思ってもいませんでした。こうなっちゃうと今からまた竿を出すしかないですよね(笑)。
でもですね。そんなことをしてもダメなものはダメなんですね。再開した後、しばらく投げてみてもやっぱり沈黙。

三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
もう本当に気配がなくなった海

いい加減、見切りをつけて終了としました。

釣果

ということで今回はイナダ×1で終了。
何とか釣れたけど、かなり厳しい1日でしたね。結局周りの撮影隊も釣れなかったみたいだし、周辺ではこの2匹だけだったと思います。

まとめ

今回も前回も、これまであまり来たことのなかった磯でしたが、少しエントリーは大変だけど、来る価値のあるポイントだなという感じはしました。やっぱり色々行ってみるもんです。改めてそう感じました。
またチャンスがあったら勝負してみようと思います。

三浦磯でショアジギングした帰り
帰り道

余談

磯からの帰り道。
何とびっくり、、、お財布を拾いました。

三浦磯でショアジギングした帰りに財布拾った
何とこんなところにお財布が!?

一応ね。
確認でチラ見してみると、、、、何と現金3千円、そしてさらに大事な物がたくさん。。。もう一瞬で持ち主の気持ちが大いに伝わってきたので、帰りに交番に届けることにしました。

三浦磯でショアジギングした帰りに財布拾った
3千円あればルアーが買える…なんて思ってない(笑)
三浦磯でショアジギングした帰りに財布拾った
ちゃんと届けました

というか、今回の釣行。

  • 1投目で「竿とリール」が釣れる → 持ち主に返す
  • 帰りに「お金や大事な物」が入った財布を拾う → 交番に届ける

1日にこんな奇跡ある???
考えてみたらなかなかの1日。もしかしたらここで良いことしたから、、、あんなことが起きてしまったのかな…???
なんてね!(意味深)

釣魚料理

イナダはお刺身にしましたが、まぁイナダなんで脂はそんなにのってませんが、プリプリで美味しかったです!

三浦磯でショアジギングして釣れたイナダのお刺身
イナダのお刺身

SPECIAL★TACKLE

今回使用したオススメのタックルをご紹介します。

ROD ≪ダイワ≫ジグキャスターMX106MH

青物狙いのショアジギングで大物を狙いに行く時に持っていくロッドです。イナダクラス想定ならサブロッドを持っていくのですが、今回はワラサを狙っていたので、メインのショアジグロッドを持っていきました。実際釣れたのはイナダだったので、やはりオーバースペックでしたね。

REEL ≪ダイワ≫15フリームス3500

こちらは値段で購入した青物用スピニングリール。
発売当初、ショアジギングやオフショア青物用に剛性感のあるリールが欲しくて購入したのですが、少し重たいのでもっと軽いのがあるといいですね。。。ま、値段重視だったので多少はしょうがないです。

SPECIAL★TOOL

今回使用したオススメアイテムをご紹介します。

LINE ≪クレハ≫シーガーPEX8

ラインメーカーとして一流ブランドのクレハシーガー。
8本組なのにリーズナブルな最高にコストパフォーマンスが良いラインです。

LINE ≪DUEL≫パワーリーダー

フロロカーボンとナイロンをブレンドした超強力複合素材「カーボナイロン®」を採用 したハイブリッドショックリーダー。フロロだけどしなやかみたいか感じがとてもGOODです。

SPECIAL★LURE

今回使用したオススメのルアーをご紹介します。

LURE ≪DUEL≫モンスターショット95S

青物には欠かせないヘビーシンキングペンシル。
逆風でもメタルジグ並にぶっ飛んでくれるし、それでいてプラグのような動きで、沖の魚にアピールしてくれる。本当に良く釣れる、DUEL社最高傑作のルアーだと思います。

タックルデータ

■ロッド:≪ダイワ≫ジグキャスターMX106MH
■リール:≪ダイワ≫15フリームス3500MAXDLC
■ライン:≪クレハ≫シーガーPEX8/2号
■リーダー:≪DUEL≫パワーリーダー/40lb
■ルアー:≪DUEL≫モンスターショット95S
三浦磯でショアジギングしてイナダが釣れた
釣果情報!釣り情報!釣りに関する最新情報を配信!